FC2ブログ

記事一覧

常磐大高 - 明秀日立 茨城大会4回戦【茨城高校野球2019夏選手権】

【高校野球2019夏茨城】第101回全国高等学校野球選手権茨城大会メインページ


2019年7月20日(土)
ノーブルホームスタジアム水戸
茨城大会4回戦
常磐大高 - 明秀日立



 昨夏の3回戦と同じカードが今年も実現した!この時はセンバツにも出場したタレント揃いの明秀日立の強打者に対して、常磐大高バッテリーが神経を擦り減らしてなんとか抑えていたが、終盤に捕まったという内容だった。

 そのときは投打に完敗した常磐大高だが、明秀日立も昨年のメンバーよりは総合力が落ちる。昨年の細川くんのように無双されることはないと思われる。打線は活発でここまで中心打者だった平山くんや鶴見くんが6番・7番に下がるほど上位打線が充実!初戦は苦しんだものの3回戦の下妻二戦では大和くんにホームランが出るなど、長打力にも期待がかかる。ただ、内野の守備のミスが頻発したので、このようなミスが致命的な結果を招きかねないことを肝に銘じたい。投手はエースの山田くんと抑えの鶴見くんが力を発揮。ただ、強打の明秀日立相手なのでストレートの使い方には十分気を付けたい。変化球の精度と制球力が求められることとなりそうだ。

 明秀日立だが秋は石岡一・春は藤代と県南の県立校に競り負けた。ただ大会を重ねるごとにチーム力が増し、この夏も試合を重ねるごとに良くなっている。打線は先日の科技日立戦で高橋くんがホームランを放ち乗っている。まあ、ここまで格下相手とはいえ2試合連続のコールド勝ちと破壊力は健在。守備力と機動力に関しては相手に勝っているので、そこから突破口を開いて一気に畳み掛けたい。先制し相手にプレッシャーをかけて相手のミスも誘いたい。盗塁もここまで12と夏の大会での機動力の重要性はしっかり認識している。甲子園経験者の北野くんや俊足の辻くん・2年生の石井くんあたりがかき回したい。投手陣は菅谷くんが復帰し、先日の科技日立戦で好投。他に川端くんや長身の藁谷くん・嘉本くんなど多彩だ。また相手チームにデータがない1年生の新戦力もベンチ入りを果たしていて不気味な存在だ。

 後攻の明秀日立は3回戦の科技日立戦で好投した左腕の菅谷くんがマウンドに立った。オーバーハンドからアンダーハンドまで上中下に投げ方を変えるというが、そんな奇抜な投球を本当にするのか?常磐大高打線の対応力が問われそうだ。また先攻の常磐大高の先発はなんと背番号2の鶴見くん。ここまでの2試合いわゆる「抑え」投手としてチームの危機を救ったが、なんというか海老澤監督のビビッとした感じなのか?まあ、完投能力もある鶴見くんなので強打の明秀日立に対してどの程度通用するのか?見ものである。

 しかし蓋を開けてみると常磐大高の打線の勢いと対応力のほうが勝っていた!1回表は1番大和のファースト強襲ヒットから始まり、2番服部くんのセフティーバントは見事成功!得点圏にランナーを置く。3番堀口くんの当たりは右中間の深いところへ!しかしこれは俊足のセンター辻くんに阻まれる(センター辻・ライト北野の右中間を破る事は困難だと痛感)。それでも常磐大高は今日5番に上がった平山くんがセンターへ強烈な当たり!流石の俊足辻くんも追いつけず2者が生還!なんという常磐大高のど派手な先制パンチだろう。元々この平山くんは昨年のチームでも常総学院の投手陣や明秀日立の細川くんからヒットを放っているバッティングセンスのある選手だ。(1回表 常2-0明)

 そしてその平山くん。3回表にもやってくれた!相手のエラーも絡んで1死1・2塁。ここでも初回と同じようなセンターオーバーのタイムリー!パワプロでいうとピンクが跳ね上がってる状態だろう。振れば長打だ!これにより明秀日立の菅谷くんをノックアウト。指揮官金澤監督の投手起用は失敗した。常磐大高は更に投手が代わったばかりのタイミングでスクイズも成功!序盤で4点のリードとなった。(3回表 常4-0明)

 常磐大高の右腕鶴見くんは、初回に甲子園経験者の明秀日立3番北野くんに特大の3ベースを浴びるも後続をピシャリ!なんと負けん気の強いマウンド捌きだろう。強打の明秀日立打線にも臆せず自分のピッチングを貫いっている。確かに球のキレはある。そして明秀日立といえども140出す投手に出くわすのは今大会初めて。捕らえられないのはそういうところなのか?(3回裏 常4-0明)

 だがしかし、常磐大高の爆弾が爆発した。懸念してた内野のエラーがまた出てしまったのだ…。4回裏に2つのエラーが発生!明秀日立の6番南村くんの長打も絡んで勿体ない2失点。これは本当に頂けないプレーだった。これによって、打線も明秀日立の2番手で右サイドスローの川端くんの術中にハマり凡打が増えて沈黙。いつ流れが明秀日立に行ってもおかしくない状況で前半を終了した。(5回裏 常4-2明)

 案の定、後半早々明秀日立のチャンスとなる。常磐大高の先発鶴見くんも体力的に厳しい状況。連続四球とワイルドピッチで無死2・3塁。ここで5番石井くんがレフト前にしぶとく落ちるヒット!いよいよ1点差にまで追い上げてきた。(6回裏 常4-3明)

 しかし常磐大高にはエースの山田くんが残っていた。ベンチから「死ぬ気で投げろ」と檄が飛ぶと、鬼の形相で7回裏のピンチのマウンドに上がる。そして明秀日立の大砲高橋くんを見事ショートゴロに仕留める!そしてその後も気持ちのこもった投球。1球ごとに精いっぱい腕を振り、被っている帽子が毎回ズレる力投!あの長身から全力で腕を振られたらなかなか打てるものではない。ダイナミックなマウンドだった。(8回裏 常4-3明)

 そんな山田くんの力投のご褒美かは知らないが、土壇場の9回表で相手バッテリーエラーで貴重な追加点が入る。逆に明秀日立はかなり追い詰められた。最後は1番辻くんのヒットで食い下がるが、その後の城間くんのいい当たりもショート正面…。明秀日立の夏が終わってしまった。やはりネームバリューで明秀日立打線というとビビるが、客観的に試合を見て、常磐大高の鶴見くん・山田くんのパワーと気迫が勝っていたという印象だった。【試合終了】常5-3明

 この試合明秀日立は機動力が重要な要素だと思っていたが、それが全く発揮できなかった。しかも相手の強肩捕手はマウンドに立つ右投手。もっと仕掛けるべきだった。ここ2戦で苦しんだ死に物狂いの常磐大高と順調にきすぎて構えてしまった明秀日立の差が出てしまったか??相撲で言うと立ち合いですべてが決まってしまったかのような試合だった。

 兎にも角にも、常磐大高は昨夏の3回戦のリベンジを果たした!次の相手は投手陣のほとんどが秋にボコられてしまった常総学院。そのときは山田くんも投げていた。鶴見くんは投げていないが、捕手として苦汁を舐めた。その常総学院にどの程度この夏は通用するのか?あのときの敗戦でしっかり敗因を個々としてチームとして検証できているかが問われる試合となる。


 ※7回表に常磐大高の増渕くんが足を攣って試合が中断。そんな時間を持て余して始まった両校のエールの交換。明秀日立から敵の増渕くんのコール、指笛の応戦など戦いの垣根を越えた両校の応援団のノリの良さ。暑い中観戦していたお客さんを楽しませてくれるなんて、ちょっとしたいいエンターテイメントでした!試合の勝敗も大事だが、純粋に楽しむってことも大事だね。人生を豊かにするには。純粋に楽しめる能力というのは本当素晴らしい能力なんだよ。大人になったら特に。「真面目は馬鹿をみる」という言葉があるが「真面目ほど馬鹿になりなさい」と僕はそう思う。









閲覧パスワードはざいこのブログツイッター@limited_zaikoの固定ツイートに表示されています。フォローすることで記事を閲覧できます!ツイッターは煩わしい絡みなどは一切なく(絡んでいただいてもノーリアクションです)、どなたでも事務的にフォローしていただければと思います。



常磐大高
202 000 001 = 5 H10 E3
000 201 000 = 3 H5 E2
明秀日立
【常】鶴見(6.2/3)、山田(2.1/3)-加倉井、鶴見
【明】菅谷(2.1/3)、川端(6.2/3)-高橋
▽三塁打 北野(明)
▽二塁打 平山2、大和(常) 南村(明)



関連記事

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

ざいこ
茨城の高校野球
試合の流れを独自の視点で分かりやすく解説。2011年5月より活動。

Twitterフォロワー限定記事がメインとなります。フォローしますと限定記事を閲覧することができます。
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

カテゴリ

フリーエリア