FC2ブログ

記事一覧

水城 - 土浦日大 茨城大会4回戦【茨城高校野球2019夏選手権】

【高校野球2019夏茨城】第101回全国高等学校野球選手権茨城大会メインページ


2019年7月20日(土)
ノーブルホームスタジアム水戸
茨城大会4回戦
水城 - 土浦日大



 茨城大会は今日から4回戦!いよいよここから甲子園出場に向けての壮絶な戦いが展開される!水城はエース桜井くんの活躍によって秋はベスト4と躍進した!しかし春には鹿島学園戦でグラウンド状態も影響したこともありその桜井くんが思うような投球が出来ずに惜敗しBシードに甘んじてしまった。しかしこの夏は1つの心強い要素が追加された。それは1年生の樫村くん。名前を聞けばもしかして?と思う高校野球ファンは多いと思うが、甲子園を経験した常総学院OBとその世代の中心を担った水城OBの兄がいる。その樫村佳歩くんはこの夏すでに2試合に登板。球速も140km/hに迫っていて成長著しい。投手陣の層が厚くなった水城、もともとの堅守もありディフェンス力は高いだろう。あとは打線が土浦日大の多彩な投手陣を打ち崩せるか?特に2試合で7打数5安打6打点の捕手千田くんに期待がかかる!

 一方の土浦日大は秋に石岡一にかわされ、春は常総学院に力の差を見せつけられての敗退。この夏に懸けている。正直、絶対的エースの富田くんが率いた夏2連覇のチームよりは総合力は落ちる。しかし、甲子園で2年連続初戦敗退となったこともあり、3連覇して甲子園で勝利することを目指している。投手は左サイドの技巧派エース荒井くんが安定感抜群。先日の中央戦で13奪三振の完封勝利を果たした!ただ、日程がズレてそこから中1日。果たして今日の登板はあるのか?2年生の次期エース候補中川竜哉くんの右腕に懸かっているのか?打線は鶴見くんと大和田くんの1・2番コンビが今大会躍動!よってここまで21打数でわずか1安打の中軸がいかにチャンスで打てるかがポイントとなり、その奮起に期待したい!

 水城の先発は1年生右腕の樫村くん。3試合連続の先発ではあるが過去2試合はいずれも3イニングほど。どこまで投げられるか?土浦日大の好調な1・2番とあいまみえる初回の立ち上がりに注目。土浦日大の先発はエースの左サイド荒井くん。3回戦の中央戦の完封勝利から中1日とスタミナだけが問題かと思われる。制球力やマウンド捌きはお墨付きで肝の据わった投手だ。今日は休日ということもあり、沢山のお客さんで大盛況の中でいよいよプレイボール!先攻は水城、後攻は土浦日大!果たしてベスト8に進めるのはどちらのチームか??

 水城の1年生右腕樫村くんの立ち上がりだが、ストレートは140km/h近く出ていて非常に伸びがある。浮くこともあるが高めの球は結構威力がありそうだ。当然、土浦日大の打者としてはストレートに張っているのだが、変化球のキレが思いのほかある。「これで1年生か!?」と思うほどのスペック。警戒していた土浦日大の上位打線をなんと2奪三振を含む3者凡退!100点満点の立ち上がりを見せた!(1回裏 水0-0土)

 2回表は水城の好打者千田くんから始まったが、なんというか軽々とレフトの頭を越えての2ベースヒット!簡単にチームの期待に応える凄い打者だ。その後水城はしっかり送って1死3塁と先制のチャンス!ここで打席に立つのは7番小野瀬くん。大事な試合で活躍する水城のラッキーボーイ的な存在で、低めの非常に難しい球を見事にライトへと運んだ!水城に幸先良く先制点が入った!(2回表 水1-0土)

 その裏の水城・樫村くんはこの回も2奪三振で2死ランナーなしと快調に飛ばしていた!しかし、土浦日大の6番石渡くんに対して強烈なデッドボール。やはり1年生なのか?ここから明らかに動揺して、ピッチングが崩れた。ワイルドピッチに2四球と2死満塁のピンチ。完全な独り相撲状態となってしまった・・・。こういうのは確実に得点に絡めてくる土浦日大だけあって嫌な予感しかしなかった。しかし捕手の千田くんはじめ、主将のセカンド横田くんがしっかり声をかけて1年生投手をサポート。なんとか後続をセンターフライに打ち取り、無失点で切り抜けた。後にも先にもここで樫村くんが踏ん張れたことがその後の試合の流れに影響した。本当、ターニングポイントだったと思う。(2回裏 水1-0土)

 その後の樫村くんは、夏の高校野球という舞台でピンチで抑えたときの歓声を浴びる!これだからピッチャーをやっていて良かったという「旨味」を覚えてしまった。また「もっと抑えたい」というポジティブな投球に触発されて野手も軽快な鋭い動き!エラーでリズムがつかめない土浦日大を尻目に、鉄壁の守りでグイグイ流れを引き寄せた!

 土浦日大の荒井くんは持ち味を十分に発揮して要所を抑えているが、やはり中1日ということもあり球威が落ちている。その証拠に水城のバッターから空振りが一つも取れない…。追い込んでもファールで粘られて球数も増加。そして5回表も得点圏にランナーを置く苦しい展開で水城の2番高崎くんにヒットを打たれる。「(2塁ランナーの)ホームインは無理だろう」と思われた当たりだったが、ここで外野がエラー…。ヒットで出塁していた水城の小林くんが2点目となるホームベースを踏んだ。土浦日大は野手が踏ん張ってるエースの足を引っ張る最悪な状況だった。(5回裏 水2-0土)

 6回表、水城は土浦日大の荒井くんを本格的に捕らえ始めて、4番高野くんの豪快な当たりから、またもや7番小野瀬くんがタイムリー!その後犠牲フライもあって点差を5点として、夏2連覇中の土浦日大を引き離しにかかった。そして後半に入っても水城の樫村くんは躍動し、遂に目標としていた140越えを達成!6回裏に141km/hを記録した!(6回裏 水5-0土)

 水城は7回表にも土浦日大の番手投手を攻め立て桜井くんの長打で追加点。樫村くんは7回を投げて7奪三振の力投。確実にこの試合中に一皮剥けた!(7回裏 水6-0土)

 水城は残り2イニングをエースの桜井くんが担当。ストレートをはじき返される場面もあったが、すぐに変化球主体に修正。相手の反撃は許さなかった。土浦日大は最終回に途中出場の中川朋彦くんの3ベースで意地を見せるも反撃はここまで。土浦日大の夏3連覇を阻止したのは、県外の選手が一人もベンチに入ってない水戸の雄水城だった。【試合終了】水6-0土

 守備力の差が如実に出てしまった試合だった。実質のエラー5個は土浦日大の名将小菅監督でもなんとも出来なかった。懸念してた中軸にもこれといった当りは最後まで出なかった。やはりあの2回裏にしっかり得点できていれば試合展開は違っていただろう。しかしながら今日の水城の守備は、故橋本実監督時代を彷彿とさせる攻撃的な守備!それを生んだのも1年生の樫村くん。足りなかったピースが加わり水城復活のハグルマは回り始めた。まずは準々決勝で対戦する鹿島学園に春のリベンジを果たしたい!








閲覧パスワードはざいこのブログツイッター@limited_zaikoの固定ツイートに表示されています。フォローすることで記事を閲覧できます!ツイッターは煩わしい絡みなどは一切なく(絡んでいただいてもノーリアクションです)、どなたでも事務的にフォローしていただければと思います。



水城
010 012 200 = 6 H12 E0
000 000 000 = 0 H5 E4
土浦日大
【水】樫村(7)、桜井(2)-千田
【日】荒井(6)、中川竜哉(2/3)、村上(1/3)、山崎(1/3)、荒井(1.2/3)-丸山
▽三塁打 中川朋彦(土)
▽二塁打 千田、桜井(水)



関連記事

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

ざいこ
茨城の高校野球
試合の流れを独自の視点で分かりやすく解説。2011年5月より活動。

Twitterフォロワー限定記事がメインとなります。フォローしますと限定記事を閲覧することができます。
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

カテゴリ

フリーエリア