記事一覧

【夏の高校野球2011】茨城大会準々決勝 水城 - 土浦湖北

 

 

 昨日の4回戦水城は浅野くんなどが登板し、今日先発の佐藤賢太くんは1日休めたが、土浦湖北の先発野口くんは連投で波崎柳川の肥後くんと14回を投げあったばかりだった。

 しかしながら立ち上がりは昨日の好投を思い出させるようなテンポの速いキレのある投球を見せ水城打線を打ち取っていた。



ざいこのブログ
【↑昨日延長14回を投げたばかりの土浦湖北先発野口くん】



 一方水城佐藤くんは立ち上がりを攻められいきなり2アウト2,3塁とされ昨日サヨナラHRの小松崎くんを迎えた。

 形的には昨日の14回裏と同じ状況となったが、佐藤くんはカウントが悪くなってからは無理せず当たっている小松崎くんを歩かせ、後続を打ち取るなど、冷静な判断で初回のピンチをきりのけた。




ざいこのブログ
【↑水城のエース佐藤賢太くん】



 さすがに波崎柳川の肥後くんのボールに対応した土浦湖北打線は序盤佐藤くんの球を鋭くはじき返していたが、佐藤くんも尻上がりに調子を上げ、良く腕が振れるようになりボールが低めのストライクに行くようになってからは、手がつけられなくなっていった。



ざいこのブログ
【↑水城佐藤賢太くんを攻略できない土浦湖北】



 一方、野口くんは水城の下位打線に対しては全く仕事をさせなかったが、甲子園経験者もいる中軸には今日の球は通用しなかった。3回表にはその水城3番小野瀬くん、4番萩谷くんの連続タイムリーなど5本のヒットで3点を先制された。



ざいこのブログ
【↑3回表水城3番小野瀬くん先制打が左中間へ】



ざいこのブログ
【↑3回表水城4番萩谷くんの2点タイムリー】



 その後は水城は再三チャンスをつくるも、疲労こんばいの野口くんが要所を抑えエースの意地でなんとかゲームを作っていた。水城も守備が危ない場面を救いまさに鉄壁だった。

 しかし、とうとう限界が来たのか8回土浦湖北はピッチャーの交代を告げた。

 代わった3年生の谷田部くん、佐藤翔太くんは野口くんの努力を無駄にしないようにと後続を0点に抑え味方の反撃を待った。




ざいこのブログ
【↑土浦湖北8回表矢田部くんへ継投】



 しかしながら、水城の固い守りなどで点をとることができず、結局3-0で水城が勝利した。お互い守備で粘って残塁の多い試合となった。結果的には投手陣の層の厚さが勝敗を分けたかもしれない。



ざいこのブログ
【↑反撃の糸口がつかめず険しい表情の土浦湖北ベンチ】




ざいこのブログ
【↑最後の打球を捕り喜ぶ水城ナイン】



 水城の準決勝の相手は霞ヶ浦で、霞ヶ浦にとって水城は昨年の決勝で大敗し甲子園への切符を逃した因縁の相手だ。ものすごい試合になりそうだ。



ざいこのブログ
【↑試合後トレーナーにケアしてもらう完封勝利の佐藤賢太くん】



ざいこのブログ




【試合結果】

水城

003000000=3

000000000=0

土浦湖北


 



にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア