FC2ブログ

記事一覧

常総学院 - 藤代 茨城大会決勝【茨城高校野球2018秋関】


2018年9月28日(金)
ノーブルホームスタジアム水戸
茨城大会決勝
常総学院 - 藤代






にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



 UP完了
ざいこのブログツイッターをフォローすることで記事を閲覧できます。また、ツイッターではブログ以外にも様々な情報を提供しています!@limited_zaikoにて



 関東大会出場を決めた常総学院と藤代の決勝戦。センバツ出場に向けてより可能性を高めるには県1位になることが望ましいが、果たしてこの試合はどのような展開になるのか?過去数々の熱戦を繰り広げたこの両チームの対戦。特に常総学院にとっては因縁の相手と言ってもいいだろう。

 常総学院の先発はバッターで注目されている菊田くん。ピッチャーもこなす。やはりそのパワーから非常に球威がある。そのため器用な藤代の上位打線にバットには当てられるがドン詰まりさせ、立ち上がりを三者凡退に仕留める。

 藤代の先発はエースの中山航くん。中1日のマウンドだが、やはり疲労があるのか?ボールにキレはあるがいつもよりストライクとボールがはっきりしていて、熟練化した常総学院の打者にはボールを見極められてしまう。すると1番斉藤くんにいきなりレフト線への2ベースを打たれてしまいその後1死3塁としてしまう。そして今日は3番に入っている菊地壮くんに先制タイムリーを許してしまう。(1回裏 藤0-1常)

 更には3回裏にはやくも追加点のチャンスが常総学院に訪れる。まずはこの回先頭の9番鈴木琉くんが意表を突くセフティーバントを決める。藤代の中山くんもその後上位の2人をアウトに仕留めて2死とするがランナーは3塁に到達。すると初回にもタイムリーを放った菊地壮くんがまたしてもタイムリー!3番起用に応える。そして4番菊田くんもそれに触発されてのセンター前ヒット。常総学院がリードを3点と広げた。(3回裏 藤0-3常)
 
 しかしその直後の4回表、藤代も反撃に転じる。1巡目は常総学院の菊田くんの球威に苦戦したが2巡目で対応。この回先頭の3番青木くんがチーム初ヒットで出塁。そして4番藤井くんも続く。いずれも積極的な初球打ちだった。ただ、常総学院もここで継投策に出る。マウンドに立ったのは左腕の中妻くん。ちょうど藤代打線が左3人というところでのタイミングだった。藤代は試合展開を考えたらここで何が何でも得点したいところだったが、相手の継投策にハマってダブルプレーなどで無得点…。流れが常総学院に傾いていった。(4回表 藤0-3常)

 5回裏、常総学院はまたも3・4番が機能する。2死2塁から迎えるはまたもや3番菊地壮くん。準決勝で好調さを伺わせてはいたが今日は神がかっていた。なんと初球を軽々と打ち返しレフト線へのタイムリー2ベースヒット!そして4番菊田くんの左中間への2ベースでその菊地壮くんもホームへ帰還する。更には途中出場の北澤くんにもヒットが出てこれで6点差。藤代は先発の中山航くんを諦め、2番手の小島くんにスイッチした。(5回裏 藤0-6常)

 ただ後半に入るとすぐ常総学院の7番中山くんが3ベースヒットで出塁。それを機になんとこの回5本の長短打で大量得点。藤代の小島くんは関東大会を懸けた準決勝の疲労でいつのも球威と制球力はなく、四球を連発し押し出しで得点を献上するなど精彩を欠いた。結果常総学院はこの回一挙7得点!試合は決まった…。(5回裏 藤0-13常)

 その後は常総学院が細かい継投策とでかわして終わってみれば15-0と圧勝。決勝戦はコールドがないので実質13-0の7回コールドといったところだろうか。そして今日3番に起用された菊地壮くんは5打数5安打5打点の大活躍!いくら藤代の2枚看板が万全ではないと言え、この常総学院打線の破壊力は恐ろしく、かつ茨城県民としては非常に頼もしい限りだ。(終了 藤0-15常)



藤代
000 000 000 = 0 H5 E1
102 037 11X = 15 H18 E1
常総学院
【藤】中山(4.2/3)、小島(1)、一條(1.1/3)、石川(1)-藤井
【常】菊田(3.0/3)、中妻(4)、渡部(1)、和田(1)-菊地壮
▽三塁打 中山(常)
▽二塁打 斉藤、菊地壮2、菊田、鈴木、宮下、手塚(常)



関連記事

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

ざいこ
茨城の高校野球
試合の流れを独自の視点で分かりやすく解説。2011年5月より活動。

Twitterフォロワー限定記事がメインとなります。フォローしますと限定記事を閲覧することができます。
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

カテゴリ

フリーエリア