FC2ブログ

記事一覧

守谷 - 藤代 茨城大会3回戦【茨城高校野球2018秋関】


2018年9月22日(土)
ひたちなか市民球場
茨城大会3回戦
守谷 - 藤代






にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



 UP完了
ざいこのブログツイッターをフォローすることで記事を閲覧できます。また、ツイッターではブログ以外にも様々な情報を提供しています!@limited_zaikoにて


 先制したの1回裏の藤代。2番の田島くんが四球で出るとすかさず盗塁を決める!それが相手のミスを誘って一気に3塁へ進む!すると3番青木くんがきっちりと犠牲フライ!藤代は相手のミスをしっかり得点に繋げることができた。相手の守谷のエースで左腕の滝上くんは非常にコントロールが良く球の軌道も角度があって捉えにくい軟投派なので、この先制点は大きかった。(1回裏 守0-1藤)

 藤代の先発で長身右腕の小島くん。ストレート主体で球速は130km/h半ばといったところだが、非常にキレと角度がある。スライダーもキレていて守谷の1巡目をほぼ完璧に抑える序盤だった。(3回裏 守0-1藤) 

 しかしさすがの守谷も2巡目に入ってからそのストレートに狙いを定める。4回表はこの回先頭の2番入江くんがしっかりミートしてライト前ヒット!5番坂くんもストレートを狙い撃ちしてチャンスを広げるが、守谷は勿体無い牽制アウトなどもあって得点を奪えず…。ここで一気に逆転したかったが。(4回表 守0-1藤)

 なんとなく守谷の滝上くんを打ちあぐねている藤代打線だったが、次の得点シーンも相手のミス絡みだった。相手のエラーで1死2塁のチャンス。ここで迎えるは8番北沢くん。「しっかり振り切れ!」というベンチにの指示の応えて、初球を思い切り引っ張ってのレフト前のタイムリー!藤代、相手投手に苦戦しながらも、相手のミスをしっかり得点に結びつける試合巧者振りを発揮し前半を折り返した。(5回裏 守0-2藤) 

 しかし後半に入ってすぐ守谷が反撃を開始する。投手としても活躍している3番滝上くんがバッターとしても非凡なところをみせて逆方向に華麗なヒットで出塁する。頼りになる4番立木くんもそれに続く。そして相手の四球もあり1死満塁!大チャンスがやってきた!6番広澤くんの犠牲フライでまず1点。しかし後続は鋭いスライダーにバットが空を切り凡退…。ここもなんとか同点に追いつきたい場面だったが。(6回表 守1-2藤)

 その裏の藤代はここが勝負どころと2番田島くんがレフト線へヒット!送りバントもしっかり決まって1死2塁と突き放しにかかった。ここで迎えるは4番藤井くん。相手投手の大きな軌道のボールを追っかけてしまい凡打をしているチーム状態を見て、ベンチの菊地監督は「平らに思い切り振れ!」と守谷の滝上くんにも聞こえる声で指示。藤代ベンチの選手もすかさずそのセリフをキレイに連呼(この心理作戦は練習してるの?笑)。そしてそれが効いてか藤井くんがこの試合両チーム通じて初となる長打で追加点を挙げた!さすが4番、さすが藤代ベンチの口撃(こうげき)といったところだろうか。勝負どころでのギアの入れ方が凄まじかった。(6回裏 守1-3藤)

 やっとの思いで1点を返したところですぐさま加点された引き離された守谷。その後は2イニング連続三者凡退と打線に元気がなくなってしまった。そしてそんな流れでの迎えた8回裏、ここまで粘りの投球を展開していたエースの滝上くんにも限界が訪れた。藤代の絶好調な田島くんにセフティーバントを決められて動揺すると、その後暴投や四球などここまでの滝上くんとは明らかに様子がおかしかった。そこへ藤代の6番有村くんが右中間を真っ二つに突き破る大きな大きな2点タイムリーとなる3ベースヒット!…これで勝負あり!その後もバッテリーエラーで点を献上し、ここまで好投の滝上くん、力尽きた…。(8回裏 守1-6藤)

 最終回は次の相手となる霞ヶ浦が帰ったのを知ったのかどうかは知らないが、藤代は9回途中から次戦登板予定であろうエースの中山くんをマウンドに上げて調整登板。キレのいいスライダーなど圧巻のピッチングをみせてそのままゲームセット。「相手のミスにしっかり付け込んだ藤代」が守谷のエース滝上くんに苦しみながらもきっちり試合をモノにした。(終了 守1-6藤)


守谷
000 001 000 = 1 H6 E3
100 011 03X = 6 H7 E0
藤代
【守】滝上(8)-冨田、海老原悠
【藤】小島(8.1/3)、中山(2/3)-藤井
▽三塁打 有村(藤)
▽二塁打 藤井(藤)



関連記事

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア