FC2ブログ

記事一覧

土浦日大 - 鹿島学園 茨城大会2回戦【茨城高校野球2018秋関】


2018年9月20日(木)
J:COMスタジアム土浦
茨城大会2回戦
土浦日大 - 鹿島学園






にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



 UP完了
ざいこのブログツイッターをフォローすることで記事を閲覧できます。また、ツイッターではブログ以外にも様々な情報を提供しています!@limited_zaikoにて


 先制したのは土浦日大。今日先発のマウンドに立つ荒井くんが2番打者としてクリーンヒットで出ると、4番大和田くんの当たりが外野の正面へ。すると鹿島学園の野手が状況判断を誤ってダイビングキャッチを試みるが、捕球できずにボールは抜けていきこれがタイムリー2ベースに!幸先よく先制する。(1回裏 鹿0-1土)

 土浦日大のエース荒井くんは、左サイドからスライダーとチェンジアップを織り交ぜ緩急を自在に操り、コースも散らして徹底して的を絞らせない投球を展開。3回表も2死ランナーなしとここまでつけいる隙を与えない投球だった。しかし、鹿島学園の9番で投手の穂苅くんに不用意な四球を与えたのがいけなかった…。ここで1番の島田くんに対応されてしまって特大の右中間3ベースヒットを被弾。あっという間に同点に追いつかれてしまう。尚も続く2番で試合経験豊富な主将の岡崎くんにもレフト前に運ばれて逆転も許してしまった。鹿島学園の1・2番コンビは1打席経験してしっかり決め球を絞って積極的にバットを振った、そんなバッティングだった。(3回表 鹿2-1土)

 逆転され、鹿島学園の先発で左スリークォーター穂苅くんの少しトルネード気味の投球フォームとゆるい変化球に手こずって閉塞感の漂う土浦日大。しかし、4回裏に5番の本田くんがレフトへのソロホームラン!1発攻勢で同点に追いつき、なんとか相手に流れがいかないイーブンな状態に持ち込む。(4回裏 鹿2-2土)

 以後は土浦日大の荒井くん・鹿島学園の穂苅くん、両投手が持ち味を発揮して粘りの投球を展開。イニングはどんどん進んでいった。試合が動いたのは空模様が怪しく雨がポツリポツリと降り始めた8回裏。土浦日大がチャンスを迎えた。この回先頭の4番大和田くんがヒットで出ると送りバントで2塁へ。その後それほど深くないセンターフライだったが、勇気を持って3塁へタッチアップ。これが見事成功した!

 2死3塁という状況。するとなんとここで3塁ランナーの大和田くんがホームスティール!!!鹿島学園バッテリーは変化球の配給で投球はワンバウンド。慌てた捕手がそれを捕球できずにジャッジはセーフ!!なんと土浦日大、まさかまさかのホームスティールで決勝点を挙げた!9回表はエースの荒井くんが三者凡退できっちり締めてゲームセット!あとから聴いた話だが、ホームスティールはノーサインの単独スティールだったらしい。いやぁ~びっくりしたな、ほんと。こうやって選手個々が考えてアクションを起こす野球は何やってくるか分からない。嫌らしいチームだな土浦日大(褒め言葉)。(終了 鹿2-2土)



鹿島学園
002 000 000 = 2 H4 E1
100 100 01X = 3 H10 E1
土浦日大
【鹿】穂苅(8)-中野
【土】荒井(9)-丸山
▽本塁打 本田(土)
▽三塁打 島田(鹿)
▽二塁打 大和田 岡野由(土)



 鹿島学園の左腕穂苅くんの軟投に苦戦した土浦日大打線。ストレート系のボールには鋭いスイングをみせたが、甲子園で負けた興南の先発投手にスペックは全体的に落ちるがタイプが似てた。鹿島学園も速球派の藤代くんより穂苅くんのほうがハマるだろうと思い起用したのだろう。

 ただ打線は、1番の島田くんはキレッキレの活躍を見せたが、終わってみると土浦日大の荒井くんから4安打しか打てなかったという結末に。中軸が完璧に抑えられては、ランナーが出ても為す術もなかった。相性の悪い土浦日大に対して「今日こそは!」といいところまで追い詰めた鹿島学園だがあと1歩及ばず…。次こそリベンジを果たしたいものだ。



関連記事

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア