FC2ブログ

記事一覧

センバツ2019出場校予想と日程・神宮大会【春の選抜高校野球2019(第91回大会)】



 2019年春に阪神甲子園球場で行われる第91回選抜高校野球大会の出場校予想です。今大会は昨年の記念大会から通常通りの32校が出場します(日程や枠数は下記を参照)。各地区でセンバツへ向けて熱い戦いがまさに展開されようとしています!そこで各地区の勝ち上がりを見て、センバツに出場するところはどこか?というのを予想していきたいと思います。

◆全国21世紀枠推薦校

青森 :八戸工 (県立)県大会4位
岩手 :千厩(せんまや) (県立)県大会ベスト8
秋田 :秋田修英 (私立)県大会ベスト8
山形 :酒田東 (県立)県大会ベスト16
宮城 :古川 (県立)県大会準優勝・東北大会ベスト4
福島 :磐城 (県立)県大会ベスト8
茨城 :石岡一 (県立)県大会ベスト4
群馬 :伊勢崎清明 (県立)県大会ベスト8
埼玉 :松山 (県立)県大会ベスト16
千葉 :佐倉 (県立)県大会ベスト16
東京 :東亜学園 (私立)都大会ベスト4
山梨 :甲府城西 (県立)県大会4位
福井 :金津 (県立)県大会準優勝・東海大会1回戦敗退
静岡 :清水桜が丘 (市立)県大会準優勝・東海大会1回戦敗退
愛知 :西尾東 (県立) 県大会4位
岐阜 :岐阜 (県立)県大会ベスト8
三重 :木本 (県立)県大会ベスト8
滋賀 :高島 (県立) 県大会ベスト8
京都 :京都すばる (府立)府大会ベスト8
奈良 :橿原 (県立)県大会準優勝・近畿大会1回戦敗退
兵庫 :六甲アイランド (市立)県大会ベスト8
岡山 :勝山 (市立)県大会ベスト16
香川 :志度 (県立)県大会準優勝・四国大会1回戦敗退
徳島 :富岡西 (県立)県大会3位・四国大会ベスト4
愛媛 :新居浜西 (県立)県大会ベスト16
高知 :高知工 (県立)県大会ベスト8
佐賀 :鹿島 (県立)県大会ベスト8
長崎 :鎮西学院 (私立) 県大会ベスト8
熊本 :熊本西 (県立)県大会準優勝・九州大会1回戦敗退
大分 :津久見 (県立)県大会4位
宮崎 :都城西 (県立)県大会ベスト8
鹿児島:川内 (県立)県大会ベスト8


New!
2018年11月13日(火)


 神宮大会は札幌大谷が優勝候補筆頭の星稜を破って初優勝を成し遂げた!これにより北海道大会準優勝の札幌第一が神宮枠でセンバツ出場を当確としました!


※一般枠選考予想に関するコメントはページ下部にあります。
 



にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



95efb8b222cd9241fa44dfa25724926c_s.jpg



開催期間

2019年3月23日(土) から12日間 阪神甲子園球場



出場校選考

32校 (一般選考28校、特別枠4校=21世紀枠3・神宮大会枠1)
2019年1月25日(金) 毎日新聞大阪本社



組合せ抽選

2019年3月15日(金) 毎日新聞大阪本社



21世紀枠9地区推薦校発表

2018年12月14日(金)




出場校予想

※◎は当確、○は優勢、△は微妙、✕神宮枠のみに期待といった感じです。これはあくまでも個人的な意見なのでご参考までにお願い致します。


北海道(1枠)神宮大会枠+1

北海道大会 2018年9月30日(日)~2018年10月8日(月)
札幌大谷 (南北海道) 道大会優勝
札幌第一 (南北海道) 道大会準優勝



東北(2枠)

東北大会 2018年10月13日(土)~2018年10月18日(木)
八戸学院光星 (青森) 東北大会優勝
盛岡大附 (岩手) 東北大会準優勝
× 花巻東 (岩手) 東北大会ベスト4



関東・東京(6枠)

関東大会 2018年10月20日(土)~2018年10月28日(日)
東京都大会 2018年10月6日(土)~2018年11月4日(日)
桐蔭学園 (神奈川) 関東大会優勝
春日部共栄 (埼玉) 関東大会準優勝
習志野 (千葉) 関東大会ベスト4
山梨学院 (山梨) 関東大会ベスト4
横浜 (神奈川) 関東大会ベスト8
国士舘 (東京) 都大会優勝
東海大菅生 (東京) 都大会準優勝



北信越(2枠)

北信越大会 2018年10月13日(土)~2018年10月21日(日)
星稜 (石川) 北信越大会優勝
啓新 (福井) 北信越大会準優勝
× 上田西 (長野) 北信越大会ベスト4



東海(2枠)

東海大会 2018年10月20日(土)~2018年10月28日(日)
東邦 (愛知) 東海大会優勝
津田学園 (三重) 東海大会準優勝
中京学院大中京 (岐阜) 東海大会ベスト4



近畿(6枠)

近畿大会 2018年10月20日(土)~2018年11月4日(日)
龍谷大平安 (京都) 近畿大会ベスト4進出
履正社 (大阪) 近畿大会ベスト4進出
明石商 (兵庫) 近畿大会ベスト4進出
智弁和歌山 (和歌山) 近畿大会ベスト4進出
市和歌山 (和歌山) 近畿大会ベスト8
大阪桐蔭 (大阪) 近畿大会ベスト8
福知山成美 (京都) 近畿大会ベスト8



中国・四国(5枠)

中国大会 2018年10月26日(金)~2018年11月4日(日)
四国大会 2018年10月27日(土)~2018年11月4日(日)
広陵 (広島) 中国大会優勝
米子東 (鳥取) 中国大会準優勝
市呉 (岡山) 中国大会ベスト4
創志学園 (岡山) 中国大会ベスト4
高松商 (香川) 四国大会優勝
松山聖陵 (愛媛) 四国大会準優勝
高知商 (高知) 四国大会ベスト4
富岡西 (徳島) 四国大会ベスト4




九州(4枠)

九州大会 2018年10月20日(土)~2018年10月25日(木)
筑陽学園 (福岡) 九州大会優勝
明豊 (大分) 九州大会準優勝
日章学園 (宮崎) 九州大会ベスト4
大分 (大分) 九州大会ベスト4
興南 (沖縄) 九州大会ベスト8



21世紀枠(3枠)





第49回明治神宮大会


2018年11月9日(金)~14日(水) ※雨天順延
明治神宮野球場にて開催

神宮


決勝
2018年11月13日(火)
10:00 星稜 1 - 2 札幌大谷




準決勝
2018年11月12日(月)
08:30 星稜(北信越) 7 - 4 高松商(四国)

11:00 筑陽学園(九州) 2 - 5 札幌大谷(北海道)




2回戦
2018年11月11日(日)
10:00 高松商(四国) 9 - 6 八戸学院光星(東北)

12:30 国士舘(東京) 3 - 7 札幌大谷(北海道)




2回戦
2018年11月10日(土)
08:30 星稜(北信越) 9 - 0 広陵(中国) (7回コールド)

11:00 桐蔭学園(関東) 1 - 10 筑陽学園(九州) (7回コールド)




1回戦
2018年11月9日(金)
08:30 八戸学院光星(東北) 7 - 3 東邦(東海)

11:00 札幌大谷(北海道) 6 - 5 龍谷大平安(近畿)




コメント

 
2018年10月14日(日)

 とりあえず他の地区に先立って北海道の札幌大谷がセンバツ当確ですね!昨年は記念大会だったので出場枠が特殊でしたが、今年から例年通りに戻りました。いつものことですが、21世紀枠と各地区の当落選上の予想は難しいです。また、夏を制覇した大阪桐蔭の新チームもあわや大阪大会の準々決勝でセンバツ絶望というところまで追いつめられたので、各地区ともゲバ評通りにいくとは限らないかもしれないですね。どんなチームそしてどんな注目選手が台頭するか?今後の戦いが楽しみです。

2018年10月17日(水)

 東北大会決勝に進んだのは盛岡大附(岩手)と八戸学院光星(青森)。この2校が当確となりました。準決勝で八戸学院光星に3-7で破れた花巻東(岩手)は、県大会でも盛岡大付に僅差ではあるが直接対決で負けていることから、決勝に残った2校を上回る要素はなくなった。準々決勝では仙台育英に0-5の劣勢から試合をひっくり返して勝利するなど甲子園に出てもおかしくない実力ではあったが、あとは神宮枠に期待するしかなくなった…。

2018年10月21日(日)

 本日北信越大会の準決勝が行われて星稜(石川)と啓新(福井)が勝ち上がりました。星稜に関してはセンバツでも優勝候補に挙げられるチームで文句なし。啓新はあまり名前を聞かないチームだが、東海大諏訪(長野)のボロ勝ちした上田西(長野)に接戦で勝ったため、仮に啓新が決勝でボロ負けしても東海大諏訪の浮上はないでしょう。仮に神宮枠を取れたとしても同じ県大会を優勝した上田西が第一補欠ということになるでしょう。

2018年10月22日(月)

 九州大会のベスト4が出揃いました。明豊(大分1位)、日章学園(宮崎)、筑陽学園(福岡)は当確でしょう!ただ大分(大分2位)に関しては、準決勝で対戦する筑陽学園の結果次第となるでしょう。そうというのも、本日筑陽学園は興南と延長13回タイブレークで1-0と薄氷の勝利。つまり実力として筑陽学園=興南と評価されます。よって大分が準決勝でコールド負けなどしてしまうと、当確とは言い切ることができなくなります。10/24準決勝で勝利、もしくは惜敗なら、大分も当確となるでしょう。
 ちなみに北信越大会決勝は延長15回引き分けで再試合。星稜は奥川くんが15イニング投げているので神宮行けるかどうか?決勝戦再試合は明日の10/23です。

2018年10月23日(火)

 関東大会のベスト4が出揃いました。この4校すべてが準々決勝で一方的な勝ち方をしているので当確でしょう。関東5枠目以降の序列は正直混沌を極めますね。よってその順位は残り4校の勝ち上がり方次第となります。準決勝は10/27(土)・決勝は10/28(日)となります。しかし昨年のセンバツで東京が1校だったので、東京大会で決勝に残った2チームの実力が甲子園で戦えると認められれば2校とも選考可能性は高いでしょう。関東・東京枠は東京都大会の決勝まで6枠目がどこになるのか分からないですね。

2018年10月24日(水)

 九州大会の準決勝が終わりました。注目の筑陽学園(福岡)と大分(大分)は筑陽学園が勝利しましたが、延長12回で5-3と接戦でした。これで大分がセンバツ当確に限りなく近づいたということになりますが、「地域性」というものが邪魔しますから、一応興南にも期待が残る形で予想しておきます。あとは筑陽学園のエースが万全なときに戦ったのは興南というのもあるし、甲子園での実績もある高校で注目の投手もいるということで。大分も今日の戦い方み見ると、試合の内容次第では落選するといった相当な危機感を持って必死に試合に挑んだようです。

2018年10月27日(土)

 今日は雨が心配でしたが、各地区予定通り試合ができたようです。
 東海地区は津田学園(三重)と東邦(愛知)がセンバツ当確を勝ち取りました。昨年の記念大会、三重(三重)と3枠目を争い惜しくも選出されなかった中京学院大中京(岐阜)。今年はその三重を準々決勝でボコって雪辱を果たし、今日の準決勝も9回表まで5点リードとセンバツは目前。しかししかし、東邦に3ランホームランを打たれるなどして逆転サヨナラ負け。また今年もセンバツ目前で涙を飲んだ…。あとは神宮枠に期待するしかない。中京大中京は同じ愛知の東邦が当確で、今日大差で破れてしまったため、センバツ枠が発生したら中京学院大中京(岐阜)に権利が与えられそうそです。ていうか、名前ややこし(笑)。
 関東は正直5枠目選定が難し過ぎて、下手すると1回戦負けのチームにも救済が来るのか?という意見もチラホラ。まあでもそこまでややこしいなら、単純に東京2枠でいいんじゃね?という流れになりそうな気も…。いずれにしても神宮枠の可能性もあるから5枠目は決めておかないといけないのだが、明日の決勝まで様子を見よう。
 近畿大会は準々決勝の1試合だけが終わって、龍谷大平安(京都)が当確1番乗りとなりました!


2018年10月28日(日)


 桐蔭学園(神奈川2位)が関東大会を制覇しました。よって5枠目は神奈川1位で関東で1勝しその桐蔭学園をボコった横浜を挙げておきましょう。ただやはり東京2枠というのが強いと思うので(早実あたりが準優勝なら尚更w)、関東か東京が神宮を制覇するれば、人気と実力を兼ね備えた横浜が救済される可能性が高いでしょう。最近は地域性もあまり重視されなくなってきてますし。
 東海地区決勝は東邦の圧勝でした。よって中京学院大中京(岐阜)は逆転の一般選考の可能性も捨てられなくなったので、×から△にしておきましょうか。
 近畿地区の準々決勝残り3試合が終了し、新たに履正社(大阪)・明石商(兵庫)・智弁和歌山(和歌山)が当確となりました。大阪桐蔭は智弁和歌山に2-5と敗退してしまいました。近畿は残り2枠で準々決勝で敗退した府県はベスト4の府県と被っているので、地域性の考慮はゼロとなります。なので今後の残り4校の勝ち上がりや内容を見ないと、残り2枠は決められそうもありません。大阪桐蔭も今までの実績的には文句なしと言ってもいいでしょうが、強豪が揃う近畿勢。どういう選考になるやら?準決勝11/3(土)・決勝11/4(日)です。


2018年11月4日(日)


 今日で全地区の秋の大会全日程が終了しました!
 まずは関東・東京から。都大会決勝は4-3と接戦で国士舘が勝利してセンバツ当確を勝ち取りました。関東5枠目と東京2枠目の比較ですが、今回は関東5枠目がコレだ!と明確に選定できなかったため、すんなり東京2枠目の東海大菅生に決まりそうですね。当サイトで関東5枠目に予想した横浜は、関東勢か東京勢が神宮大会で優勝すれば選ばれそう。ただ純粋に実力的に横浜と東海大菅生を比較した際にどう転ぶか分かりませんが、一般枠選考という望みも捨てきれない状況です。
 次に中国・四国。まずは各地区で決勝に進んだ4校は当確。問題は5枠目だが、当サイト的には広島2校目となってしまうが市呉が最有力と見る。まず前回の記念大会で四国は4校選ばれたにも関わらず内3校が初戦敗退と結果を残せなかった。よって5枠目は感情論から言っても四国から選ばれるには敷居が高い。しかもベスト4の2校のうち高知商は惨敗。富岡西は惨敗はしなかったものの徳島3位と決定打に欠ける。中国地区は地域性から言ったら創志学園(岡山)だろうが、残念ながら準決勝コールド負けと評価は低い。そうすると地域性を度外視しても中国大会優勝の広陵に広島大会で惜敗・準優勝の米子東と延長13回タイブレークで惜敗した市呉戦いぶりが光る!よって、今回は広島から一般枠で2校出るという可能性が高いと見る。
 最後に近畿大会。優勝したのは龍谷大平安(京都)ということで、準々決勝で接戦だった市和歌山は当確と言っていいでしょう。問題は6枠目。実力と春までの伸びしろを考えたらば当然大阪桐蔭が選出されるでしょう。実力的にも履正社や智弁和歌山と勝負になる試合を展開していたので、なんだかんだ言って選ばれるような気も…。しかし、京都3位の龍谷大平安が優勝したことで京都1位でベスト8まで残った福知山成美という流れもあって然るべきだと思う。ただその準々決勝で履正社に0-5というスコア以上にボロ負けした感じがあり、当サイトでは大阪桐蔭が滑り込みセーフという予想にします。


バックナンバー



info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア