記事一覧

【茨城高校野球2017夏】 茨城大会4回戦 藤代 - 取手二



 大会10日目である夏の高校野球茨城大会4回戦「藤代 - 取手二」のレポートです。

 藤代は2年生エースの稲荷田くん、取手二は3年生の絶対的エース香取くんの先発が濃厚。実現すれば右本格派同士の力のある投手戦を観戦することができそうだ。スピードガンにも注目したい。
 そのため、両チーム少ないチャンスをいかに活かすかということだろう。藤代の稲荷田くんはまだ荒削りな面があって、無駄な出塁を許す場面がある分、エースとしての成熟度を比較すると取手二の香取くんに軍配が上がるだろう。しかし、投手の層は藤代が上回る。いずれにせよロースコアの緊迫した試合が展開されるだろう。



■関連記事
New! 【茨城高校野球2017夏】第99回全国高等学校野球選手権 茨城大会
【関東高校野球2017春】 第69回春季関東地区高校野球 関東大会 (メンバー表有)
【茨城高校野球2017春】 第69回春季関東地区高校野球 茨城大会
【茨城高校野球2016秋】 第69回秋季関東地区高校野球 茨城大会 (メンバー表・スコア有)
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



第99回全国高等学校野球選手権
茨城大会4回戦
藤代 - 取手二



2017年7月21日(金)
J:comスタジアム土浦


02_取手二の先発はエースで4番の香取くん
取手二の先発はエースで4番の香取くん

03_取手二

04_藤代


 予想通り先攻の取手二の先発がエースの香取くん、後攻の藤代が2年生の稲荷田くんの先発となった。

05_両チームスタメン

06_整列


 藤代の稲荷田くんはスライダーのキレが良くて2三振を奪う立ち上がり。しかし、取手二の香取くんは、春の県大会1回戦を観たときと比べると球威がない。初回は、無死のランナーをダブルプレーに打ちとって事なきを得たかに思えたが、藤代の3番伊藤くん、4番小野村くんに2死から連打を喰らって、先制点を許してしまう。更には2回裏には、外野が完全にボールを見失っての失点…(1試合目も結構あったが)。流れも悪くなっていった。(2回裏 取0-2藤)

07_取手二主将渡部くん
取手二主将渡部くん

08_藤代応援

09_藤代応援

10_1回裏、先制打を放った藤代の4番小野村くん
1回裏、先制打を放った藤代の4番小野村くん

11_2回表、取手二は野口くんが3塁まで進んで反撃のチャンスを迎えるが…。
2回表、取手二は野口くんが3塁まで進んで反撃のチャンスを迎えるが…。

12_取手二


 4回裏にも1点を追加し、じわじわと主導権を握っていく藤代。先発の稲荷田くんも5回まで7奪三振と要所は三振で切り抜けていた。(5回裏 取0-3藤)

13_取手二

14_取手二応援


 6回表に、取手二は2死からだが4番香取くん・5番寺田くんの連打でチャンスを作る。しかし、最後はやっぱりスライダーを振らされて「三振」に終わる。明らかに球威が落ちた香取くんは、藤代打線から長打を喰らうようになる。6回裏は藤代の6番坂本くんにレフトへの2ベースを浴びると、2つの四球も重なって2死満塁。そこで2番河原井くんに走者一掃の右中間3ベースヒットを浴びての6点差…。試合はほぼ決まった。取手二は7回裏にランナーを溜めて、タイムリーエラーで失点…。ここで取手二の夏が終わってしまった。(試合終了 取0-7x藤 7回コールド)

15_6回裏、藤代の2番河原井くんが走者一掃のタイムリー3ベースヒット
6回裏、藤代の2番河原井くんが走者一掃のタイムリー3ベースヒット

17_試合後

18_スコア

19_藤代先発の稲荷田くん(奥)とリリーフした伊藤くん(手前)
藤代先発の稲荷田くん(奥)とリリーフした伊藤くん(手前)


 取手二のエース香取くんは、4回戦まで来たところで疲労がピークだったようだ。投げる方もしかり、打つほうも4番とチームの大黒柱だ。本人に自覚がなくても、球のキレに現れてくる。また、今日はいつも堅守でエースを支えているバックに、守備のミスが出てしまった。しかし、このライトブルーのユニフォームが、勝ち進む姿を見ると非常に懐かしい気持ちになります。現場で久しぶりに校歌を聴きましたが、やっぱ甲子園優勝の取手二の姿が蘇ってきました。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア