記事一覧

【茨城高校野球2017夏】 茨城大会3回戦 つくば国際 - 水戸葵陵



 大会9日目である夏の高校野球茨城大会3回戦「つくば国際 - 水戸葵陵」のレポートです。

 1・2回戦快勝のつくば国際。今大会は投手陣の頑張りが目立ち打線にもいい影響を与えている。2試合とも投打が噛み合って磐石な態勢で3回戦にのぞむ。ここまで失策ゼロというのも好材料だ。投手陣が豊富なため誰が起用されるのかは予想が難しいが、いずれにしても機動力を遺憾なく発揮してくるだろう。打線は上位打線で得点シーンを作るパターンが多い。好調の4番村田くんの前にランナーを置きたい。
 水戸葵陵は、1回戦で実力差のある相手に対して、きっちりエース上林(かんばやし)くんを立て5回コールドで圧勝した。上林くんの左右に揺さぶるピッチングで相手の出塁率を減らし、強肩の捕手立原くんが相手の機動力を封じたい。打線は4番の和田くん中心に、今年のチームは非常にチャンスに強い。
 つくば国際の機動力と水戸葵陵バッテリーの勝負、また好調同士の4番対決に注目が集まりそうだ。



■関連記事
New! 【茨城高校野球2017夏】第99回全国高等学校野球選手権 茨城大会
【関東高校野球2017春】 第69回春季関東地区高校野球 関東大会 (メンバー表有)
【茨城高校野球2017春】 第69回春季関東地区高校野球 茨城大会
【茨城高校野球2016秋】 第69回秋季関東地区高校野球 茨城大会 (メンバー表・スコア有)
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



第99回全国高等学校野球選手権
茨城大会3回戦
つくば国際 - 水戸葵陵



2017年7月18日(火)
水戸市民球場


01_水戸葵陵


 水戸葵陵の先発はエースで右サイドスローの上林くん。つくば国際の先発は背番号3をつけた今大会の絶好調の2年生左腕福島くんが先発。特に福島くんは12イニング無失点中。キレのいい変化球と速球を武器に相手打者を翻弄している。この2人の先発ということで、試合は期待を裏切らない投手戦となった!

02_水戸葵陵のエース、右サイドスローの上林くん
水戸葵陵のエース、右サイドスローの上林くん

03_つくば国際はここまで12イニング無失点、2年生左腕の福島くん
つくば国際はここまで12イニング無失点、2年生左腕の福島くん


 序盤は水戸葵陵の守備がやや不安定。2回表のつくば国際の攻撃では、フィルダーススチョイスやエラーなどで傷口を広げる。そんな混乱の中、1死1・3塁でつくば国際の7番伊藤くんにいつの間にかスクイズを決められて先制を許す。通り雨で中断した後の満塁のピンチはエース上林くんがうまく打たせて注文通りのゲッツーに仕留めるが、先制点は「献上」という形になるだろう。(2回表 つ1-0葵)

04_先制のスクイズを決めたつくば国際7番伊藤くん
先制のスクイズを決めたつくば国際7番伊藤くん

05_雨天中断①

06_雨天中断②


 中断明けでつくば国際の福島くんも若干調子を崩す。この回は水戸葵陵の5番立原くんにヒットを許したあとの連続四球。けん制でランナーを1人殺すも2死1・3塁のピンチを迎える。しかし、要所を三振で締めて事なきを得る。(2回裏 つ1-0葵)

07_2回裏にヒットを放った捕手の立原くん(中央)
2回裏にヒットを放った捕手の立原くん(中央)


 その後は両投手がいつもの投球を取り戻して長い膠着状態となる。試合は雨天中断が30分程あったにも関わらず、通常の進行時間に回復するなど、非常に早いテンポで進んだ。(5回裏 つ1-0葵)

10_つくば国際応援

17_つくば国際校旗


 早く同点に追いつきたい水戸葵陵は、6回裏の先頭バッターである3番川崎くんがヒットで出る。ここで長打が期待できる4番和田くんの打席だが、「確実に1点」とまさかの送りバント。しかし、後続が打ち取られ同点に追いつくことはできなかった。(6回裏 つ1-0葵)

08_6回裏、ヒットで出た水戸葵陵3番川崎くんが同点のランナーとして得点圏に進むが…
6回裏、ヒットで出た水戸葵陵3番川崎くんが同点のランナーとして得点圏に進むが…

09_水戸葵陵4番和田くん
水戸葵陵4番和田くん


 回はあれよあれよと9回表。ここまで左右にボールを散らして相手打線を翻弄していた水戸葵陵の上林くんだが、つくば国際の5番で2年生の佐藤くんに、両チーム通じて初めての長打となる左中間への2ベースを打たれて無念の降板...。マウンドを背番号10の2年生右腕大畑くんに譲った。(9回裏 つ1-0葵)

11_9回表、つくば国際5番佐藤くんが左中間へ2ベースヒット
9回表、つくば国際5番佐藤くんが左中間へ2ベースヒット

12_つくば国際ベンチ

13_9回途中からマウンドに上がった水戸葵陵の大畑くん
9回途中からマウンドに上がった水戸葵陵の大畑くん


 9回裏の水戸葵陵は、2死ランナー無しから7番眞岡くんがヒットを意地を見せる。そして先ほどマウンドに上がった8番大畑くんの大飛球はセンターの頭を越えるか?という当たりだったが、つくば国際の村田くんが最短距離で落下点に入ってしっかり捕球…。終始水戸葵陵は決め手に欠いてベスト16を逃してしまった。つくば国際の福島くんは、この試合も完封してなんと21イニング無失点!つくば国際に、頼もしい2年生が台頭した!(試合終了 つ1-0葵)

14_9回裏、2死から水戸葵陵7番眞岡くんがヒットで出塁
9回裏、2死から水戸葵陵7番眞岡くんがヒットで出塁

15_9回裏、抜ければ確実に同点の大飛球だったが…
9回裏、抜ければ確実に同点の大飛球だったが…

16_チームの勝利への想いも確実にキャッチ!つくば国際のセンター村田くん
チームの勝利への想いも確実にキャッチ!つくば国際のセンター村田くん

18_試合後整列

20_P7183412.jpg


 水戸葵陵のエース上林くんは、つくば国際の俊足1番大木くん・2番金子くん、更には好調の4番村田くんと主要なバッターをしっかりマークして抑え込んだ。自責点はないだけにここで終わらせるのは酷なような気もする。打者は捕えた当たりもあったが、福島くん球威に幾分差し込まれ、外野に飛んでもあと一つ伸びなかった。落差のある変化球が常に頭にある状態でのバッターボックスだったので、バットをスムーズに出すことができなかった…。しかし、次もつくば国際の福島くんが起用されるのならば、水城の強力打線を相手にどのようなピッチングを展開するか?非常に楽しみだ!

19_つくば国際の俊足1番大木くん(前)・2番金子くん(後)
つくば国際の俊足1番大木くん(前)・2番金子くん(後)

21_P7183437.jpg


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア