記事一覧

【茨城高校野球2017夏】 茨城大会3回戦 総和工 - 藤代



 大会8日目である夏の高校野球茨城大会3回戦「総和工 - 藤代」のレポートです。

 総和工は初戦となった2回戦の鹿島に守り勝っての勝利!注目のエース大竹くんも3回(2/3)を被安打2・無四球・無失点で始動した。打線はまんべんなく打っているが、2回戦は8安打で2点と得点効率が悪かった。この試合では取れるときにしっかり点を取ることが勝利への近道となるだろう。得意の機動力だが、藤代の投手陣からどのぐらい盗めるか?盗めないにしても、ガンガン揺さぶって、相手投手のリズムを崩したい。先発は安定感のある長谷川くんが濃厚か?藤代というチームは「相手のミスが三度の飯より好き」というチームだから、守りにリズムを与える投手のほうがいいだろう。ただ、相手の予想を裏切るという意味なら、大竹くんの先発も面白いと思う。
 藤代はすでに2回試合を行っていていずれも快勝!体がかなり温まっている状況だ。中でも2年生投手稲荷田投手が実戦を重ねるごとに著しく成長している。ちらほら評価の声もあがっている。藤代の菊地監督の信頼も厚いものになっている。2回戦を温存しているため先発は濃厚だと思う。ただ、完投できるかどうかに関しては厳しいかもしれなが、控える主将の伊藤くんや小林くん・清藤くんの存在が頼もしい。打線も夏に合わせて振りが良くなっている。特に甲子園出場経験の兄を持つ河原井くんの非凡な野球センス!この2試合で7打数5安打と当たっている渡邊くん。この1・2番コンビはこの日もダイヤモンドを走り回りそうだ。



■関連記事
New! 【茨城高校野球2017夏】第99回全国高等学校野球選手権 茨城大会
【関東高校野球2017春】 第69回春季関東地区高校野球 関東大会 (メンバー表有)
【茨城高校野球2017春】 第69回春季関東地区高校野球 茨城大会
【茨城高校野球2016秋】 第69回秋季関東地区高校野球 茨城大会 (メンバー表・スコア有)
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



第99回全国高等学校野球選手権
茨城大会3回戦
総和工 - 藤代



2017年7月17日(月)
笠間市民球場


01_総和工

02_藤代

03_ライトスタンド


 先攻の総和工は制球力のある長谷川くん、藤代は本格派右腕の2年生エース稲荷田くん。と予想通りの先発となった。藤代の稲荷田くんは圧巻の立ち上がりで無失点!総和工の左打者3番霜田くんにうまく流し打たれたが、2三振を奪うなどストレート・スライダーとも抜群のキレだった。一方の総和工長谷川くんは、コースをしっかり突いて打たせて取るピッチング。春の制球力そのままにテンポ良く三者凡退で切り抜けた。(1回裏 総0-0藤)

04_藤代の2年生エース稲荷田くん
藤代の2年生エース稲荷田くん

05_総和工の右腕長谷川くん
総和工の右腕長谷川くん

06_総和工


 先制したのは藤代だった。2回裏、1死から5番谷合くんがセンターオーバーとなる2ベースヒット!そして続く6番藤平くんの当たりはピッチャー強襲!!ボールはマウンドの長谷川くんの体に当たって、2塁ベース側に向かっていたセカンド霜田くんの逆方向に転がっていってライト前。打球の勢いも死んだことから、藤代の谷合くんが2塁から一気にホームイン!藤代が先制点奪取に成功した。(2回裏 総0-1藤)

07_2回裏、先制タイムリーを放った藤代の6番藤平くん
2回裏、先制タイムリーを放った藤代の6番藤平くん

08_2回裏、センターオーバーの2ベースヒットを放った藤代5番谷合くんが先制のホームイン!
2回裏、センターオーバーの2ベースヒットを放った藤代5番谷合くんが先制のホームイン!


 威力のあるピッチングを展開する藤代の稲荷田くんだが、制球はまばら。4回表は先頭打者を四球で出してしまう。その後総和工の4番櫻井くんに内野安打、そしてまた四球と1死満塁のピンチを迎える。すると7番功刀くんのセカンドゴロの間に3塁ランナーにホームを許して同点。藤代は1点を献上してしまい、流れ的にも互角。試合は振り出しに戻った。その後も「力の稲荷田、技の長谷川の投げ合いはガップリ四つ」。試合は膠着状態のまま前半を終えた。(5回裏 総1-1藤)

09_4回表、伝令の藤代長妻くん
4回表、伝令の藤代長妻くん

10_総和工

11_4回表、総和工は4番櫻井くんのヒットでチャンスを広げる
4回表、総和工は4番櫻井くんのヒットでチャンスを広げる

12_藤代のショート伊藤くんの動きがいい!
藤代のショート伊藤くんの動きがいい!


 6回表、藤代はこの回の先頭で総和工の3番霜田くんに死ぬほど粘られて、バッテリーはたまらず四球を出す。そして4番櫻井くんのヒットなどで1死満塁のピンチを迎える。この回2四球・1暴投(これは四球を出したときのもので記録にはならないが)と普通の投手なら確実に失点のフラグなのだが、藤代の稲荷田くんは後続の打者を連続三振!意気揚々とベンチに帰っていった。(6回表 総1-1藤)

13_藤代、6回表に1死満塁のピンチ
藤代、6回表に1死満塁のピンチ

14_勝ち越しのチャンスにベンチから指示を送る遠藤監督(右)
勝ち越しのチャンスにベンチから指示を送る遠藤監督(右)

15_ピンチを連続三振で切り抜ける藤代稲荷田くん
ピンチを連続三振で切り抜ける藤代稲荷田くん


 「ピンチのあとにチャンスあり!」甲子園を経験している菊地監督が指導している藤代は、試合のポイントとなる場面ではすさまじい集中力を見せる。1死から2番河原井くんがヒットで出ると、3番伊藤くんはきっちり送りバント。そして4番小野村くんがタイムリーと理想的な形で勝ち越し!流れを引き寄せる。(6回裏 総1-2藤)

16_6回裏、藤代の2番河原井くんが勝ち越しのホームイン!
6回裏、藤代の2番河原井くんが勝ち越しのホームイン!

17_6回裏、勝ち越しタイムリーの藤代4番小野村くん
6回裏、勝ち越しタイムリーの藤代4番小野村くん

18_藤代応援席


 早く反撃したい総和工。7回表にけん制アウトでチャンスをつぶすなどして気持ちが空回りしたが、8回表に絶好のチャンスが訪れる。この回先頭の3番霜田くんがいきなりの右中間2ベースヒット!その後5番荒川くんもライト前ヒット。更には6番功刀くんがデッドボールとまたもや1死満塁!いよいよ試合も華僑。笠間市民球場も大いに盛り上がった。

19_8回表、総和工3番霜田くん、右中間への2ベースヒット!
8回表、総和工3番霜田くん、右中間への2ベースヒット!


 6番の功刀くんが左打者ということで、菊地監督はワンポイントで左投手を送ったものの失敗。逆に傷口を広げてしまった。そして、マウンドに再度稲荷田くんを戻すという状況。今度こそ藤代は危険な状態だった。しかし、なんというか…。またしても稲荷田くんが三振で切り抜けて無失点!「三振を取れるピッチャー」の魅力を再認識された。(8回表 総1-2藤)

20_総和工の最終回、味方打線を信じて声を出す先発の長谷川くん
総和工の最終回、味方打線を信じて声を出す先発の長谷川くん


 9回表、総和工は1死1・2塁として、何かやってくれそうな3番霜田くんの打席を迎えるが、結果はショートフライで風前の灯。あと1人回せばバッターボックスに主将の大竹くんが控えていたが反撃もここまで。結局最後まで藤代の稲荷田くんを攻略できずに、早過ぎる夏の終わりを迎えてしまった…。(試合終了 総1-2藤)

21_総和工は、あと1人回せば主将の大竹くんに打席が来るが…
総和工は、あと1人回せば主将の大竹くんに打席が来るが…

22_試合後

24_スコア

 
 藤代の稲荷田くんはまだ荒削りなところがたくさんあるが、今日、再三に渡るピンチを三振で切り抜けたことなど、この夏の大会に入ってどんどん経験値を上げている。本当、「覚醒」という言葉がぴったりくるだろう。本日奪った三振は11だった。

23_藤代校歌

27_藤代


 総和工は2度の1死満塁のチャンスをものに出来なかったことが明らかな敗因だろう。「あそこでスクイズ」とか「代打」というタラレバもあるだろうが、やはり藤代の2年生稲荷田くんの投手が規格外だった。試合後、お客さんも続々と帰って、球場のコンクリートが剥き出しになる中、総和工の選手たちは、終わりゆく夏を受け入れられないまま、戦いの終わったグラウンドをいつまでも眺めていた…。

25_総和工

26_総和工

28_総和工


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア