記事一覧

高校野球2017春 関東大会2回戦 白鷗大足利 - 霞ヶ浦



 2017年(平成29年)春の高校野球(第69回春季関東地区高校野球)関東大会。水戸市民球場で行われた関東大会2回戦「白鷗大足利 - 霞ヶ浦」のレポートです。秋の関東大会王者の作新学院を県大会決勝で破り栃木1位として春の関東大会に出場してきた白鷗大足利 。今日先発のエース北浦くんは140km/hを超える速球にカーブ・スライダーなど緩急を使うのがうまい左投手。県大会では20イニング連続無失点もマークしている。更には低めに力強いストレートとキレのいい変化球を投げる右腕仁見くん。彼こそが作新学院を完封した人物だ。とまあ、投手陣は磐石な態勢の白鷗大足利。霞ヶ浦はなんとか出塁して少ないチャンスをものにしたいところだ。できれば先制点が欲しい。
 打線はエースの北浦くんが打の中心で4番も務める。また、秋くんや益子くんなどの長距離砲も揃っている。霞ヶ浦の先発は、ここ最近プロ注目と脚光を浴びてきたエースの遠藤くん。抜群の安定感に加えて長身から長い腕がしなってくるストレートに相手バッターは差し込まれる。また低目への変化球の制球も良く、関東大会出場のかかった県大会の総和工戦では圧巻のピッチングを披露!現在、県内ナンバーワン投手といっても過言ではないだろう。さて、お互いの投手を見るとロースコアのゲームは必至のように思えるが、果たしてどのような試合展開になったのか?幾分風が出てきて観戦しやすくなった水戸市民球場。先攻が白鷗大足利・後攻が霞ヶ浦で、星主審のプレイボールの声がかかった!!



■関連記事
【茨城高校野球2016秋】 第69回秋季関東地区高校野球 茨城大会 (メンバー表・スコア有)
【茨城高校野球2017春】 第69回春季関東地区高校野球 茨城大会
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



第69回春季関東地区高校野球関東大会2回戦
白鷗大足利 - 霞ヶ浦


※県大会のページはこちら


01_霞ヶ浦

02_霞ヶ浦エース、プロ注目投手となった遠藤くん
霞ヶ浦エース、プロ注目投手となった遠藤くん

03_整列

03_先攻白鷗大足利のスタメン
先攻白鷗大足利のスタメン

04_後攻霞ヶ浦のスタメン
後攻霞ヶ浦のスタメン

05_霞ヶ浦


 霞ヶ浦のエース遠藤くんの立ち上がり。ランナー無しからでもセットポジションで投げるスタイル。今日も制球が安定していて白鷗大足利の3番益子くんに強い当たりを打たれたが、上位打線を三者凡退!上々の立ち上がりだった。(1回表 白0-0霞)

06_霞ヶ浦スタンド


 するとその裏の霞ヶ浦の攻撃は、1番小儀くんが白鷗大足利のエース北浦くんの自慢のストレートを叩いてセンター前にヒット!その後盗塁も決めるなどして先制のチャンスを演出する。その後1死1・2塁となり、迎えるは県大会準決勝でホームランも放っている4番の木村くん。すると期待に応える左中間への2点タイムリー!幸先良く霞ヶ浦が先制することに成功した。投げる人が投げて打つべき人が打つ!霞ヶ浦は理想的な形で初回の表裏を終えた!(1回裏 白0-2霞)

07_白鷗大足利の先発はサウスポーのエース北浦くん
白鷗大足利の先発はサウスポーのエース北浦くん

08_1回裏、先頭の小儀くんが相手エースの速球を弾き返す!
先頭の小儀くんが相手エースの速球を弾き返す!

09_白鷗大足利

10_1回裏、霞ヶ浦は益子くんが生還し2点を先制!
1回裏、霞ヶ浦は益子くんが生還し2点を先制!

 
 2回表も長距離砲が揃う白鷗大足利の中軸を三者凡退に打ち取った霞ヶ浦の遠藤くん。しかし、3回表にこの回の先頭打者である白鷗大足利7番大川くんにコンパクトな振りからヒットを許すと、その後の内野ゴロの処理で送球がランナーに当たってしまいボールが転々と・・・。霞ヶ浦は無死1・3塁とピンチを迎えてしまう。一時は直前でベンチ入りとなったライトの海野くんの好返球などでタッチアップを許さないなどということもあったが、白鷗大足利2番の中山くんにストレートを合わされて失点を許してしまう。エラーの場面は不運なところもあったが、早い段階で1点差に詰め寄られてしまい、霞ヶ浦としてはいい流れに水を挿されたような感じとなった。(3回表 白1-2霞)

11_3回表の霞ヶ浦

12_3回表、白鷗大足利は霞ヶ浦の見事な中継プレーにタッチアップできず
3回表、白鷗大足利は霞ヶ浦の見事な中継プレーにタッチアップできず


 その裏の霞ヶ浦の攻撃は元気なく2死ランナー無し・・・。そんなときあの男がやってくれた!なんと4番木村くんがライト中段へのソロホームラン!!!沈黙の3塁側は一気に生き返った!!これぞ4番という一打。それに応えるように4回表のエース遠藤くんも相手の4番から始まる攻撃をたった5球で料理しての三者凡退!白鷗大足利の反撃ムードを一気に握りつぶして、何事もなかったかのようにしたこの展開!霞ヶ浦が試合の主導権を握った!(4回表 白1-3霞)

13_3回裏、これぞ4番!霞ヶ浦の木村くんがライトへのソロホームラン!!①

14_3回裏、これぞ4番!霞ヶ浦の木村くんがライトへのソロホームラン!!②

15_3回裏、これぞ4番!霞ヶ浦の木村くんがライトへのソロホームラン!!③
3回裏、これぞ4番!霞ヶ浦の木村くんがライトへのソロホームラン!!


 白鷗大足利のエース北浦くんは、霞ヶ浦の木村くんにホームランを打たれてからピッチングが明らかに崩れ始める。4回裏はストライクとボールがはっきりするようになり、低めのきわどいボールも霞ヶ浦のバッターにあっさり見送られる。ただ、霞ヶ浦の6番丸山くん・1番小儀くんには粘られてからの痛打から更なる失点の場面を迎えたが、なんとか踏ん張って無失点に。しかし、前評判通りの活躍は出来ずにこの回で降板。5回からは作新学院を完封した背番号10の仁見くんが登板。白鷗大足利は投手を再整備して後半への巻き返しを図った。(5回裏 白1-3霞)

16_霞ヶ浦

17_作新学院を完封した白鷗大足利の背番号10仁見くんが5回から登板!
作新学院を完封した白鷗大足利の背番号10仁見くんが5回から登板!

18_グラセン中の霞ヶ浦ベンチ


 そんな白鷗大足利の思いを尻目に、霞ヶ浦のエース遠藤くんはチェンジアップのようなゆるいボールも活用して投球の幅を広げてくる。ゆるいボールでカウントを稼いだ後、明らかにストレートを狙ってくる相手打線の裏をかいてのスライダー。白鷗大足利打線はますます的が絞れなくなった。(6回表 白1-3霞)

24_安定した投球内容で攻撃にリズムを与える霞ヶ浦のエース遠藤くん
安定した投球内容で攻撃にリズムを与える霞ヶ浦のエース遠藤くん


 そんなエースの頑張りに打線も奮起する!6回裏は、この回先頭6番丸山くんが球場中に響き渡る気合の雄たけび!そのソウルはバットに乗り移って、痛烈な打球をライトに放つ!無死2塁から7番鈴木くんはしっかり送りバント。9番井郷くんは得意のセフティーバントでスクイズを匂わせて、その揺さぶりから四球で出塁し1死1・3塁!ここで1番小儀くんは初対戦の白鷗大足利仁見くんの重いストレートに喰らいついてとことん粘る。するとファールしてるうちにだんだんタイミングがあってきて、10球近くになったところで走者一掃のタイムリー3ベース!!早速、2番手の仁見くんからも得点をした霞ヶ浦!とことん有利な状況を作り出した!(6回裏 白1-5霞)

19_6回裏、雄たけびの6番丸山くんがライト線の2ベースを放つ!
雄たけびの6番丸山くんがライト線の2ベースを放つ!

20_霞ヶ浦

21_6回裏、霞ヶ浦の7番鈴木くんがきっちり送りバントを決める
6回裏、霞ヶ浦の7番鈴木くんがきっちり送りバントを決める

22_試合を決定付ける走者一掃のタイムリー3ベースを放った霞ヶ浦1番小儀くん!
試合を決定付ける走者一掃のタイムリー3ベースを放った霞ヶ浦1番小儀くん!


 7回表は味方のエラーが続いてピンチを迎える霞ヶ浦の遠藤くんだったが、エースらしく精神的タフさもみせてくれて、何事もなかったように冷静にゴロを量産。「え?何かあった?」的な動じないマウンド捌きに頼もしささえ感じてきた。(7回表 白1-5霞)


 霞ヶ浦は、7回裏に5番齋藤くんの長打からの6番丸山くんのタイムリーで1点を追加。8回裏には9番井郷くんの十八番(オハコ)であるセフティーバントも炸裂。そこから打線が2死1・3塁と4番木村くんに繋ぐ。そして、茨城県民の期待に100%応える2点タイムリー2ベースを放ってくれての7点差!なんと、関東大会初戦でのコールド勝ち!他の茨城3校初戦で惨敗する中の快心の勝利で、霞ヶ浦が茨城県高校野球のメンツを保ってくれた!茨城県の高校野球ファンは、今夜、阿見町方面に足を向けて寝ることはできないだろう!県外での勝利を現場で味わうのはめちゃくちゃ気持ちいい!ありがとう!霞ヶ浦!あ~~最高!(終了 白1-8霞 8回コールド)

23_7回裏、2ベースで出塁した霞ヶ浦の5番齋藤くんが6点目となるホームを踏む
7回裏、2ベースで出塁した霞ヶ浦の5番齋藤くんが6点目となるホームを踏む

23_霞ヶ浦応援

25_白鷗大足利の5番秋くんはいい当たりを飛ばすも、霞ヶ浦の守備シフトに阻まれる
_白鷗大足利の5番秋くんはいい当たりを飛ばすも、霞ヶ浦の守備シフトに阻まれる

26_8回裏、セフティーバント&盗塁と霞ヶ浦の仕事人!9番井郷くん
8回裏、セフティーバント&盗塁と霞ヶ浦の仕事人!9番井郷くん


■スコア

白鷗大足利
001 000 00 = 1 H4 E0
201 001 12x= 8 H13 E3
霞ヶ浦

31_スコア


27_霞ヶ浦勝利!

28_茨城のメンツを保ってくれた霞ヶ浦の高橋監督(中央)
茨城のメンツを保ってくれた霞ヶ浦の高橋監督(中央)


 やっぱり遠藤くんというしっかりした軸がいると試合を組み立てやすい。柔らかい腕のしなりからグッとバッターに差し込んでくるストレート。それを際立たせる変化球の制球力。さまざまな方面でプロ注目の記事が出るなど、いろんな目のある試合の中、期待を裏切らないピッチングを披露してくれた。これからの成長に更に注目が集まりそうだ。

29_白鷗大足利

 打つ方に関してはなんと言っても4番木村くんの頼もしさが際立ったが、全体的にどのバッターも白鷗大足利自慢の投手陣のストロングポイントである低目の球を、きっちり見極めていたことに尽きる。微妙なコースにはことごとく我慢して手をださなかった。相手投手が痺れを切らして速球で押し込もうとしたときに、バッターも躊躇なくスイング!低めに手を出さなくなった一皮向けた霞ヶ浦打線の成長。関東大会でいろいろな強豪校を見ているが、やはりそういうチームはきっちり低目を見極めて自分の間でバッターボックスに入っている。仮に見逃し三振になっても良しとする割り切りの良さも有り!というチームも存在する。準決勝の土浦湖北戦で矢萩くんのカットボールを体感したこともプラスに働いているように感じる。

 さて次の相手は日大三と決まったが、春の大会だし遠藤くんの連投は考えられないだろう。すると、他の投手も名前を売るチャンス!強打の日大三を抑えるとなれば一躍注目を浴びることになるだろう。この勢いで、霞ヶ浦には行けるところまで行って欲しい!

30_霞ヶ浦


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア