記事一覧

高校野球2017春 関東大会1回戦 健大高崎 - 石岡一



 2017年(平成29年)春の高校野球(第69回春季関東地区高校野球)関東大会。水戸市民球場で行われた関東大会1回戦「健大高崎 - 石岡一」のレポートです。茨城4位の石岡一は、センバツベスト8で群馬2位の健大高崎と対戦。石岡一の投手陣が相手の機動力も含めていかに持ちこたえられるかが鍵となりそうだ。健大高崎のエース伊藤くんだが、ワンシームなど縦横にボールがよく動いて捕らえにくい。ただ、登板してくるかどうか?微妙なところだが、果たしてどうなるか?いよいよ春の関東大会の開幕戦が始まる!



■関連記事
【茨城高校野球2016秋】 第69回秋季関東地区高校野球 茨城大会 (メンバー表・スコア有)
【茨城高校野球2017春】 第69回春季関東地区高校野球 茨城大会
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



第69回春季関東地区高校野球関東大会1回戦
健大高崎 - 石岡一


※県大会のページはこちら


01_健大高崎

02_健大高崎のエース伊藤敦紀くん(健大ダンス中)
健大高崎のエース伊藤敦紀くん(健大ダンス中♪)

05_チーム力を春関に出場できるまでに引き上げた石岡一川井監督
チーム力を春関に出場できるまでに引き上げた石岡一川井監督

06_石岡一

07_センバツベスト8を果たした健大高崎の青柳監督
センバツベスト8を果たした健大高崎の青柳監督

08_整列

09_先攻石岡一のスタメン
先攻石岡一のスタメン

10_後攻健大高崎のスタメン
後攻健大高崎のスタメン


 やはり健大高崎の先発はエースの伊藤くんではなく、背番号10の右腕小野くんだった。センバツでは打者28人に対して自責点1と、中継ぎ抑えで重要な役目を果たした。ストレートも速く変化球も多彩な投手だが、果たして石岡一打線が対応できるか?県大会から2週間ほど間が空いて相手投手を対策する時間もあっただろうが、ただ健大高崎の投手陣の層の厚い!とにかく、先攻ということでまずは先制点が欲しいところだ。

 その健大高崎の小野くんだが、低めの変化球の制球が抜群に良い。しつこい1番バッター(褒め言葉です)の大野くんでさえ当てるのが精一杯・・・。曲がりの大きい変化球で、石岡一の打者は芯に当てることが出来ずに三者凡退で攻撃を終えた。(1回表 健0-0石)

03_健大高崎の先発は背番号10の右腕小野くん
健大高崎の先発は背番号10の右腕小野くん


 石岡一の先発は1年生の岩本大地くん。つい数ヶ月前まで中学生だった彼が、センバツベスト8の打線と対戦する!ブルペンではキャッチャーミットから快音を響かせる鋭い球を投げていたが、果たしてその立ち上がりはどうだったか?

04_石岡一の先発は1年生の岩本大地くん
石岡一の先発は1年生の岩本大地くん


 健大高崎の1番安里くんは、センバツで7安打を放った出塁率の高いバッター。主に短打で出塁する場面が多いが、この日はいきなりの右中間への3ベース!石岡一岩本くんの速球をためらいなく打ち返した!続く2番の小野寺くんだが、2番でも送りバントは少なく、ヒットで打点を稼げる選手。小野寺くんもこれまたストレート系のボールをあっさりとレフトへ打ち返しての先制打。センバツで大活躍だった1・2番は今大会でもバットが振れているようだ。

11_健大高崎1番安里くんがいきなりの3ベース!①

12_健大高崎1番安里くんがいきなりの3ベース!②
健大高崎1番安里くんがいきなりの3ベース!

13_2番小野寺くんのタイムリーで健大高崎が先制!
2番小野寺くんのタイムリーで健大高崎が先制!


 石岡一の1年生投手の岩本大地くんは、ストレートに力はあるもののバッターのベルトより上のボールが多くて若干高い。先制点を許したあとはフォアボールを出すなど明らかに動揺している様子で、ナインも岩本大地くんに声をかける。そして、送りバントも決められて1死2・3塁。すると健大高崎の5番堀江くん・6番大越くんにも連打を浴びてこの回計3失点・・・。ボールの勢いがあっても少しでもコースが甘くなると捕らえてくる健大高崎打線。石岡一の岩本大地くんは、これぞ全国レベルの打線という洗礼を受けた。(1回裏 健3-0石)

14_早速機動力を使う健大高崎
早速機動力を使う健大高崎


 3失点したとはいえ、すぐ1点でも返せば流れ的には問題ない。しかしこの回は健大高崎小野くんの前に三者連続三振。バッターの手元で急にボールが落ちて、バットがくるくる回る。そう。健大高崎小野くんはフォークボールも得意とする。そして低めにバッターの意識を集中させてからの、高めのボール球の速球。石岡一打線はそれを見極められないために簡単にファールや空振りをしてしまう。そして決め球のフォークボール・・・。健大高崎バッテリーの上下の揺さぶりに、全く対応ができなかった。(2回表 健3-0石)


 2回裏の石岡一岩本大地くんは、川井監督の指示があったか?徹底して低目を意識しての制球。するとこれが功を奏しての三者凡退と復調の兆しが見える。(2回裏 健3-0石)

15_1回裏終了後、バッテリーにボールの高さを指摘する川井監督
1回裏終了後、バッテリーにボールの高さを指摘する川井監督


 3回表の石岡一は三者凡退が続いていたが、ようやく先頭打者が死球で出る。そして8番木村くんが初球で送りバント成功とリズムが出てきた。しかし、その後3塁まで進めるが後が続かずに無得点・・・。ここで1点でも返しておけばという場面だった。(3回表 健3-0石)

16_3回表、7番吉田知樹くんが3塁まで進むが・・
3回表、7番吉田知樹くんが3塁まで進むが・・


 流れ的にもこれ以上の失点は許したくない石岡一の岩本大地くん。しかし、健大高崎の3番高山くんにしぶとくセンター前に運ばれると、4番の渡口くんにはインコース攻めたが死球。無死でランナーをためてしまう。更にはきわどいコースへの四球と1死満塁のピンチを迎える。でも、ここは踏ん張っての内野ゴロでホーム→1塁へとダブルプレー。内野陣が落ち着いて処理しチーム全体で踏ん張った。(3回裏 健3-0石)

17_やはり健大高崎の大きなリードが気になる石岡一の岩本大地くん
やはり健大高崎の大きなリードが気になる石岡一の岩本大地くん

18_3回裏、石岡一の捕手木村くんが落ち着いてゲッツーを取る(一昨年のエースの弟さんです)
3回裏、石岡一の捕手木村くんが落ち着いてゲッツーを取る(一昨年のエースの弟さんです)

19_石岡一二遊間


 しかし依然ノーヒットと1年生投手を援護できない石岡一打線。4回裏にはついに踏ん張りが利かずに失点を許してしまうことになる。捕手の木村くんが、セフティーバントで出た健大高崎の8番今井くんをけん制で刺したところまでは良かったが、2番小野寺くんに痛恨のタイムリー3ベースを浴びてしまう。ライトもグラブに触ることは出来たが一歩及ばず・・・。そして、その後ストレートの四球を出したところで岩本大地くんは降板。背番号18の岩本匠平くんがマウンドに上がった。(4回裏 健4-0石)

21_4回裏、健大高崎2番小野寺くんにも長打が!①

22_4回裏、健大高崎2番小野寺くんにも長打が!②
4回裏、健大高崎2番小野寺くんにも長打が!

20_健大高崎


 その代わった岩本匠平くんは4回裏の火消しに成功はしたものの、5回裏にはヒットと味方のエラーも絡んで更に1失点・・・。相手投手の小野くんの出来からして、点差以上に精神的なダメージが大きかった。(5回裏 健5-0石)

23_4回途中から登板した背番号18の岩本匠平くん
4回途中から登板した背番号18の岩本匠平くん

24_5回表、チーム初ヒットを放った石岡一の5番谷田部くん
5回表、チーム初ヒットを放った石岡一の5番谷田部くん

25_5回裏、健大高崎は8番今井くんのタイムリーで5点目
回裏、健大高崎は8番今井くんのタイムリーで5点目

26_石岡一応援


 健大高崎の青柳監督は、6回表を三者凡退で打ち取った小野くんをスパっと代える。7回表の1イニングを背番号16の左腕を片倉くんをマウンドに送って、石岡一打線の目先を変える磐石な継投。小野くんも多少ストライクボールがはっきりしてきたところもあったのだろう。危機察知能力が鋭く、先手先手を打ってくる。8回表からは右サイドの長島くんも送り込んで、石岡一にヒットを許さない。(8回表 健5-0石)

27_健大高崎は7回表に左腕の片倉くんが登板
健大高崎は7回表に左腕の片倉くんが登板

28_健大高崎は8回表に右サイドスローの長島くんも投入する小刻みな継投策
健大高崎は8回表に右サイドスローの長島くんも投入する小刻みな継投策


 攻撃面が完全に詰んでしまった石岡一は敗戦濃厚な雰囲気。そして、9回を待たずして8回裏には健大高崎のクリーンナップに3連打を許して7点差。コールドゲームとなって、石岡一は一矢も報いることのできない完敗となってしまった。(終了 健7-0石 8回コールド)

29_8回裏、石岡一は6点目を許して万事休す・・
8回裏、石岡一は6点目を許して万事休す・・

30_石岡一



■スコア
石岡一
000 000 00 = 0 H1 E2
300 110 02x= 7 H13 E1
健大高崎

32_スコア


 やはりセンバツベスト8の力は凄かった。それにしても投手陣が豊富で石岡一も対策するにも分散するのは必至だっただろう。さすがにあの小野くんのフォークはちょっと打てないだろうし、おまけにあの制球力。高めのボール球にも中途半端に手が出て、石岡一打線は健大高崎バッテリーの思うツボだった。そして、持ち前の機動破壊もじわりと炸裂。1・3塁は2・3塁に。2ベースヒットは3ベースに。シングルヒットは2ベースにと、躊躇なく走り抜ける健大高崎の走塁!また、足は外野の守備でも存分に発揮され、抜けそうな当たりも捕球されてしまうという始末だった。とにかく1歩目のスタートが速い!本当、ハイレベルなチームだった。ここに山下くんや湯浅くんという主力が欠けている状態なのだから、ベストメンバーになったら末恐ろしい。

31_さすがはセンバツベスト8の健大高崎
さすがはセンバツベスト8の健大高崎


 石岡一の1年生投手岩本大地くんの先発起用は、やはり川井監督がいろいろ経験させたいというところもあっただろう。投手として、機動力が日本一のチームとあいまみえることは、特大な経験値となったことだろう。ただこのレベルになると、投球の幅がもっと欲しいところだろう。今日の健大高崎の小野くんのようなフォークや、秀岳館の川端くんのカーブなど、ストレートだけが良くてもちょと高さを間違えばすぐ持っていかれる。県内で通用するボール・県外では通用しないボールの差が分かったことでも大きな財産となるだろう。ただ、打線が5回の5番谷田部くんのピッチャー強襲の内野安打1本に抑えられてしまって、もうどうしようもない状態だった。策を構じることすら許されなかった。ただ秋のチーム状態から、よく春の関東大会出場までこぎつけた石岡一。この敗戦を夏までの更なるレベルアップに繋げることができるか?たぶん今までの石岡一を見てると、きっとこの敗戦を糧にしてくることだろう。

33_1年生投手の岩本大地くんに指導する石岡一の川井監督
1年生投手の岩本大地くんに指導する石岡一の川井監督

34_石岡一



関連記事

コメント

ざいこさん。いつも詳しいレポートありがとうございます。やはり健大の壁は高かったですね。全国レベルに県立高が一矢を報いるにはやはり好投手を擁しての接戦しかないのかと考えさせられる二試合でしたね。

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア