記事一覧

茨城高校野球2017春県大会準々決勝 常磐大高 - 土浦湖北



 2017年(平成29年)春の高校野球(第69回春季関東地区高校野球)茨城大会。水戸市民球場で行われた県大会準々決勝「常磐大高 - 土浦湖北」のレポートです。常磐大高の強力打線を土浦湖北がどう抑えていくか?という試合。しかし、シード校の常磐大高が土浦湖北バッテリーの術中にハマってしまう!一体、何が起こったのか??常磐大高のバッターボックスでの対応力が試されたこの試合。関東大会の切符をかけた一戦は終盤まで息を呑む展開となった。2試合連続ホームランの常磐大高ワラスくんに、今日も1発が生まれたのか?



■関連記事
【茨城高校野球2016秋】 第69回秋季関東地区高校野球 茨城大会 (メンバー表・スコア有)
【茨城高校野球2017春】 第69回春季関東地区高校野球 茨城大会
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



第69回秋季関東地区高校野球茨城大会準々決勝
常磐大高 - 土浦湖北


※県大会のページはこちら


01_水撒き

08_先攻常磐大高のスタメン
先攻常磐大高のスタメン

09_後攻土浦湖北のスタメン
後攻土浦湖北のスタメン

04_土浦湖北

05_今日はショートに入った常磐大高主将益子くん
今日はショートに入った常磐大高主将益子くん

06_シートノックをする常磐大高海老澤監督
シートノックをする常磐大高海老澤監督

07_先日実戦復帰を果たした常磐大高エース平野くんの登板はあるのか?
先日実戦復帰を果たした常磐大高エース平野くんの登板はあるのか?


 土浦湖北はエースの右腕矢萩くんが先発。しかし先頭打者にきわどいコースを突くがストライクが入らずに歩かせてしまう。その後送りバントを決められて迎えるは常磐大高脅威のクリンナップ。3番竹川くんにはストライクを取りに行ったボールを弾かれて、1死2・3塁のピンチを迎える。だが、4番田崎くんとここまで2本塁打の5番ワラスくんを低めの球で打ち取り、何とか事なきを得た。ただ、田崎くんは1年生のときはもっと力が抜けて涼しい顔してひょうひょうとコントロール良く投げてた印象があったのだけど、柔から豪のピッチングに変わってしまったのだろうか・・・。(1回表 常0-0土)

10_関東大会出場をかけた戦いが幕を開ける

11_常磐大高

03_土浦湖北の先発はエースの矢萩くん
土浦湖北の先発はエースの矢萩くん

12_1回表、常磐大高3番竹川くんのヒットでチャンスが広がる
1回表、常磐大高3番竹川くんのヒットでチャンスが広がる


 常磐大高の先発は背番号6右腕の田崎くん。しかし立ち上がりは全体的にボールが高くストライクとボールがはっきりしている。すると土浦湖北の2番鈴木峻斗くんに高めの球を叩かれて内野安打を許してしまう。その後、フィルダースチョイスなどがあって2死1・2塁のピンチ。更に、浮き足立っている常磐大高はバッテリーエアなどミスが重なって2死2・3塁とピンチをひろげる。すると土浦湖北の5番宮津くんに痛恨の2点タイムリーを打たれて先制を許してしまう。しかし、田崎くんは多少力んだ感じで、思うようなところにボールが行ってない感じだった。(1回裏 常0-2土)

02_常磐大高の先発、背番号6の田崎くん
常磐大高の先発、背番号6の田崎くん

13_高めの球を思い切り叩いて出塁した土浦湖北2番鈴木峻斗くん
高めの球を思い切り叩いて出塁した土浦湖北2番鈴木峻斗くん

15_土浦湖北中里亮太くんが2点目のホームイン!
土浦湖北中里亮太くんが2点目のホームイン!

16_先制2点タイムリーの土浦湖北5番宮津くん
先制2点タイムリーの土浦湖北5番宮津くん


 この先制点に勇気付けられたのか?土浦湖北のエース矢萩くんは、ストレートと同じ軌道でバッターの近くで微妙に変化するカット系のボールで、強打の常磐大高打線のバットの芯を外しまくっての三者凡退。このカット系のボールを、どの段階で攻略していくか?常磐大高打線の対応力が試されそうだ。(2回表 常0-2土)

 
 常磐大高の田崎くんは依然制球が安定しない感じだったが、ストレートは腕を振って伸びが出て土浦湖北の打者を詰まらせていた。ただ、2死からの四球などでなかなか守りからリズムを作れない・・・。


 4回裏には田崎くんがデッドボールで当てたバッターが感情を出してヘルメットを叩きつける場面があったが、やはり関東大会出場を決める一戦。お互いの闘志が内に閉じ込められずに吐き出す場面もあった。だが、土浦湖北のバッテリーは冷静。いつも通りのピッチングで面白いように打者が凡退する。回を追うごとに常磐大高に不穏な空気が漂うと、5回までにたった3安打と物足りない1塁側には、しばし溜息が漏れていた。(5回裏 常0-2土)

17_4回裏、死球

18_常磐大高タイム

19_土浦湖北ベンチ


 常磐大高は、後半に入って低めの球を捨ててややストライクゾーンを設定するも、追い込まれると打ちごろのストレートが来た!と思って振ってしまい、芯を外されて凡打になる。また、2点を先制されているので「焦り」というものもそれを助ける。その様子に、土浦湖北の小川監督はエースの力投に拍手を送っていた!

21_土浦湖北小川監督も賞賛するエース矢萩くんの出来
土浦湖北小川監督も賞賛するエース矢萩くんの出来

22_思い通りのピッチングが出来て表情にも余裕がある土浦湖北バッテリー
思い通りのピッチングが出来て表情にも余裕がある土浦湖北バッテリー

20_7回表にヒットを放った常磐大高7番山田くん
7回表にヒットを放った常磐大高7番山田くん

 
 土浦湖北もこの状況であと1点取ればかなり有利になるものの、足を使おうとすると常磐大高田崎くんのクイックや、捕手の石川くんの肩に阻まれてしまう。また、送りバントを失敗して強行に出てゲッツーと攻め切れなかった。(7回裏 常0-2土)

51_土浦湖北の機動力を封じる常磐大高の捕手石川くん
土浦湖北の機動力を封じる常磐大高の捕手石川くん

52_挿絵


 8回表、常磐大高にようやく見せ場がやってきた。土浦湖北のエラーから出たランナーを送って2死2塁。脅威のクリーンナップに回す。すると、今日唯一土浦湖北の矢萩くんに対応している2年生の3番竹川くんが、期待に応えるあわやホームランの右中間タイムリー3ベースヒット!これで1点差!いよいよもって面白くなってきた。その後4番の田崎くんは死球で出塁し2死1・3塁。そして打席には2試合連続本塁打の5番ワラスくんが立った!

23_8回表、大事な送りバント決めた途中出場の常磐大高五十畑くん
8回表、大事な送りバント決めた途中出場の常磐大高五十畑くん

24_8回表、常磐大高は3番竹川くんのタイムリー3ベースで1点を返す!①

25_8回表、常磐大高は3番竹川くんのタイムリー3ベースで1点を返す!②
常磐大高は3番竹川くんのタイムリー3ベースで1点を返す!

 
 土浦湖北はベンチから伝令が出る。塁が空いてるので長打のあるワラスくんを歩かすかどうか?の確認だろう。「まあ、ここは敬遠か・・・」と思った人も多いだろうが土浦湖北バッテリーは勝負を選択。今までの打席でタイミングが合っていないと判断したのだろう。気持ちも強いようだ!しかし、その勝負の合間に1塁ランナーが盗塁!するとこれが永長くんのナイススローイングでアウト!!!一打で逆転と欲が出てしまったのか?海老澤監督・・・。期待の高まったイニングだったが1点止まり。1塁側からは壮大な溜息が漏れた・・・。(8回表 常1-2土)

27_8回表、常磐大高はいいところで5番ワラスくんに回ってくるが・・・
常磐大高はいいところで5番ワラスくんに回ってくるが・・・

28_常磐大高応援

29_常磐大高、同点にできず


 それでも9回表は再びワラスくんからの常磐大高。1発でれば同点だ!しかし、初球でカット系のボールに手が出てしまってのファーストフライ・・・。ついに後が無くなってしまったシード校の常磐大高。その後は1年生の代打鶴見くんにヒットが出るも反撃はここまで。常磐大高は土浦湖北矢萩くんのカット系のボールを最後まで攻略できずに敗退。土浦湖北は下馬評を覆す嬉しい関東大会出場を決める!3塁側の応援席は歓喜に沸いた!!(終了 常1-2土)

30_9回表、代打の1年生鶴見くんもカットボールに苦戦
9回表、代打の1年生鶴見くんもカットボールに苦戦

31_土浦湖北、関東大会出場!!①

32_土浦湖北、関東大会出場!!②

33_土浦湖北、関東大会出場!!③


常磐大高
000 000 010 = 1 H6 E0
200 000 00X = 2 H4 E1
土浦湖北

35_スコア


 土浦湖北としては「この勝ち方しかない!」という勝利だった。初回の先制点は非常に大きかった。そして何よりもエース矢萩くんのカット系のボール!常磐大高打線から凡打の山を築いた。傍から見るとストレートをポンポン投げているだけの印象だが、よく見ると要所でバッターの手元で落ちている。また、ストライクを先行して高めのボール球でバッターの視線を上げて低めの微妙なコースへ投げ込む配球が絶妙だった。たまたま、土浦湖北を観るのは3試合目になるが、矢萩くんのピッチングの精度は毎度変わらない。関東大会を決めて明後日登板するかは未知だが、次もやってくれそうな気がする。まさに「精密機械」のようだった。しかしながら、小川監督の投手の育成能力は本当に高い。

34_土浦湖北、関東大会出場!!④
土浦湖北、関東大会出場!!


 常磐大高は本当残念な結果となってしまった。あの強力なクリーンナップを関東大会で観たかったというファンも多かっただろう。ただ、今日は持ち前の長打力が裏目に出てしまった。遠くに飛ばそうとするバッターが多いため、手元の変化についていけずに芯を外されて凡打してしまった。どうせゴロになるのだから、センター方向へ強く叩きつけるバッティグが必要だったかも。不意に打って弱いボテボテのゴロなら、あえて叩き付けた方が打開できたかもしれない。しかし、こういう苦しい試合も拾ってこそ真の底力が身につくもの。春は残念な結果に終わってしまったが、本番は夏!「甲子園」を掴める距離にいるチームだあることは間違いないので、夢に向かって頑張ってほしい!この敗戦を必ず糧にしなくてはいけない!

50_打席で高い対応能力を見せた常磐大高2年生の竹川くん
打席で高い対応能力を見せた常磐大高2年生の竹川くん

36_常磐大高


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア