記事一覧

茨城高校野球2017春県大会2回戦 土浦日大 - 総和工



 2017年(平成29年)春の高校野球(第69回春季関東地区高校野球)茨城大会。笠間市民球場で行われた県大会2回戦「土浦日大 - 総和工」のレポートです。土浦日大・総和工ともに1回戦は大量得点で快勝!打撃は好調のようだ。特に総和工の1番諏訪くんは2本塁打と大活躍だった。土浦日大の小菅監督は就任して2年目の春。ここは勝ってシード校の霞ヶ浦と対戦し、どこまでチーム力が上がっているlか?強豪相手に試したい。あわよくばこの試合で勢いをつけて関東大会出場を決めたい。ただ、県大会も2回戦となるとやはりミスの少ないしっかりした野球をした方が有利になるが、実際の試合展開は・・・・??先攻土浦日大・後攻総和工で試合が始まった!



■関連記事
【茨城高校野球2016秋】 第69回秋季関東地区高校野球 茨城大会 (メンバー表・スコア有)
【茨城高校野球2017春】 第69回春季関東地区高校野球 茨城大会
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



第69回秋季関東地区高校野球茨城大会2回戦
土浦日大 - 総和工


※県大会のページはこちら


01_総和工

02_土浦日大


 総和工のマウンドにはエースの左腕大竹くんではなく、連投となる長谷川くんが上がった。次に向けてエース温存?と勘繰ったが、投球内容を見て納得だった。ストレートも速くて何よりも制球力がある。土浦日大の上位打線をテンポ良く三者凡退。上々の立ち上がりを見せた。大竹くんも昨日の試合で登板しているが、4人の打者に対して2四死球&3失点。ポテンシャルは高いものがあるが、制球力・安定感といった面から、今日の長谷川くん起用であろう。(1回表 土0-0総)

03_総和工の先発は背番号10の長谷川くん
総和工の先発は背番号10の長谷川くん


 土浦日大の先発は小菅監督就任時に1年生の春からマウンドに立っている2年生エース、右腕の富田くんだ。鋭い曲がりのスライダーとキレのいいストレートを組み合わせて打者を打ち取る。総和工の長谷川くん同様、昨日に引き続いての連投だ。富田はスライダーもいいとこに決まって簡単に2アウトを取るが、総和工のクリーンナップに掴まってしまう。総和工の3番霜田くんにヒットを許すと、4番桜井くんには散々粘られてリズムを崩してのバッテリーエラー。そしてその桜井くんに結局タイムリーも許してしまって先制される。土浦日大バッテリーはなかなか空振りが取れない苦しい立ち上がりとなった。(1回裏 土0-1総)

04_土浦日大の先発は2年生エースの富田くん
土浦日大の先発は2年生エースの富田くん

05_1回裏、先制タイムリーを放った総和工4番桜井くん
1回裏、先制タイムリーを放った総和工4番桜井くん


 土浦日大は次の攻撃ですぐ取り返したいところだったが、簡単に打ちにいってしまいわずか7・8球でチェンジ。総和工長谷川くんの打たせて取る絶妙なコントロールが光った。しかし、総和工の攻撃も送りバントの失敗などもありなかなか波に乗り切れない。(2回裏 土0-1総)


 すると総和工は長谷川くんの好投に反して内野陣がバタバタする。1死1塁から内野のエラーで1・2塁。ハンブルしてグラブにうまく収まらない。その悪い流れが長谷川くんにも連鎖して土浦日大の1番森本くんにデッドボール。2番三村くんにはあっさりライトへの犠牲フライを打たれて同点とされてしまう・・・。ただその場面も、2塁ランナーのタッチアップは仕方ないとしても、ホームインするランナーに気を取られすぎて1塁ランナーにもタッチアップを許し、その後のタイムリーエラーが1失点ではなく、2失点に水増ししてしまったこと・・・。1度守りのリズムが崩れると連鎖して傷口が広がっていく総和工の悪いところが出てしまった。それでもその裏に2死1塁からエンドランを決めて1点返したところの機動力には素晴らしいものがあったが。(3回裏 土3-2総)

06_3回表、犠牲フライを放った土浦日大の2番三村くん
3回表、犠牲フライを放った土浦日大の2番三村くん

07_3回表、次々と得点が入って沸く土浦日大ベンチ
3回表、次々と得点が入って沸く土浦日大ベンチ

08_3回裏、足で掻き回した総和工3番霜田くんがホームイン!
3回裏、足で掻き回した総和工3番霜田くんがホームイン!


 4回表、土浦日大も攻撃の形を見せる。4番鈴木くんが内野安打で出ると、小菅監督は5番の小菅くんに送りバントの指示。得点圏にランナーを置く。そして昨日3安打と当たっている7番井上くんがレフト前にタイムリーと見事に期待に応えた。(4回表 土4-2総)

09_4回表、昨日3安打の土浦日大2年生、7番井上くんが今日もタイムリー!
4回表、昨日3安打の土浦日大2年生、7番井上くんが今日もタイムリー!


 この裏をしっかり守ってペースを握りたい土浦日大だったが、総和工にお付き合いして守りのミスが出てしまう。先頭打者を内野の悪送球で2塁まで進めてしまうと、その後四球も絡んで2死1・3塁。昨日2本の本塁打と絶好調の総和工1番諏訪くんを打ち取ったかと思ったら、内野の対応が諏訪くんの俊足の負けて3塁ランナーがホームイン・・・。土浦日大、すぐに1点差に詰め寄られて流れを引き寄せられない。(4回裏 土4-3総)

10_4回裏、総和工は足が活きて得点!
4回裏、総和工は足が活きて得点!

11_土浦日大4番鈴木くん(左)と5番小菅くん(右)で攻撃の形を作る
土浦日大4番鈴木くん(左)と5番小菅くん(右)で攻撃の形を作る


 後半に入ってチャンスを迎えたのは総和工。得意とする機動力が冴える。無死1塁から8番瀬田くんの場面で送りバントではなくヒッティング!これが最悪の内野ゴロ?・・・と思いきや、エンドランが掛かっていて1塁ランナーの荒川くんが2塁へ猛ダッシュ!これがフィルダーズチョイスを誘ってオールセーフ!その後送りバントで1死2・3塁となったところで、1番諏訪くんがライトへの犠牲フライ!総和工が早い段階で追いついた。(6回裏 土4-4総)

12_土浦日大、フィルダースチョイスでピンチを広げる①

13_土浦日大、フィルダースチョイスでピンチを広げる②
土浦日大、フィルダースチョイスでピンチを広げる

14_総和工の1番諏訪くんが同点の犠牲フライ!①

15_総和工の1番諏訪くんが同点の犠牲フライ!②
総和工の1番諏訪くんが同点の犠牲フライ!

16_エンドランでスタートした総和工7番荒川くんが同点のホームイン
エンドランでスタートした総和工7番荒川くんが同点のホームイン


 その後は、守備がバタバタする中でも連投の両投手はじっと踏ん張る。総和工の長谷川くんは、土浦日大の早打ちにも助けれ、コントール良くコースを突いて打たせて取る。一方の土浦日大は、投球が纏まりすぎて総和工のバッターにコツコツ当てられていたが、ゆるいボールを使って緩急を使ったり、ストライクゾーンを広く使ってボール球を有効に使うなどして空振りが取れるようになりってピッチングが楽になってきた。そして、動きの激しかった中盤までとは打って変わって、終盤は投手戦。お互いこれといったチャンスもなく、あれよあれよと9回が終了・・・。ベスト8をかけた熱戦は延長戦に突入した!(9回裏 土4-4総)

17_厳しい試合展開に苦い表情の土浦日大首脳陣
厳しい試合展開に苦い表情の土浦日大首脳陣

18_総和工

19_総和工応援


 10回裏、マウンドの土浦日大のエース富田くんは、この回2つの痛い四死球を出して、サヨナラのランナーを背負う。心配する女房役の捕手小沢くんは4度もマウンドに駆け寄ってエースを励ます。しかし、握力が低下してる様子でボールが思うようなところに行かない富田くん・・・。1死1・2塁で気力を振り絞って内野ゴロに打ち取ったが、ダブルプレーに出来ずに2死1・3塁・・・。気落ちしたところで総和工8番瀬田くんの当たりが三遊間を抜けていった・・・。

20_10回裏、土浦日大のエース富田くんはサヨナラのランナーを背負う苦しいマウンド
10回裏、土浦日大のエース富田くんはサヨナラのランナーを背負う苦しいマウンド

21_土浦日大の捕手小沢くんがエースを励ます①

22_土浦日大の捕手小沢くんがエースを励ます②
土浦日大の捕手小沢くんがエースを励ます


 連投の両投手が踏ん張ったベスト8をかけた好ゲームは、総和工のサヨナラ勝ちで幕を閉じた!(終了 土4-5x総 延長10回)

23_総和工、ベスト8進出!!

24_挿絵

25_挿絵


土浦日大
003 100 000 0 = 4 H6 E2
101 101 000 1x = 5 H7 E2
総和工
(延長10回)

27_スコア1

28_スコア2


 勝敗を分けた要因は何だろう・・・?
 それは、簡単に言えば連投の両投手のどちらの消耗が早かったか?だろう。そして、両投手を継投するタイミングのない状況となった終盤の好投。それも消耗戦へと拍車をかけた。ただ、総和工が勝利に至ったのには理由がある。

 まず両バッテリーを比較すると、総和工は内野がバタバタする中でも、それでもナインを信じて打たせて取って省エネを徹底したこと。逆に土浦日大は富田くんが三振を取れる投手ということで、自分達でなんとかしようという意識が強く、あれこれ試行錯誤しているうちに球数が増えていったことだ。また、これは言い方が悪いかもしれないけど、総和工に関しては味方のエラーは想定内、土浦日大に関しては想定外という精神的心構えもあったかもしれない。

29_総和工バッテリー


 打つ方に関して、土浦日大は先頭打者が早打ちして1・2球で1アウトと連投の相手投手を助けたことに対して、総和工は相手投手が投球動作に入ろうとする寸前でタイムをかけて気を逸らしたり、バントの構えで揺さぶったり、体をかがめるなどしてストライクゾーンを狭くみせようというバッターボックスの工夫でジャブを打ち、得意の機動力でボディーを打った。タイムのシーンは主審に何度も注意されてたが、相手の嫌がるプレーを勝利への執着心から続けた!

26_挿絵


 そしてその勝利への執着心が実を結んで、総和工がベスト8を決めた!以前は、先発投手が四死球で自滅し、エラーや行き過ぎた走塁でアウトになるなど、ミスを連鎖して試合を壊すことが多かった総和工。まだその名残は残すものの、機動力は洗練され、長谷川くんという安定した投手も現れた。これでエースの大竹くんが力を発揮すれば、益々乗ってくるだろう。次の相手は霞ヶ浦。このレベルの相手になると、ミスは許されない。どこまで今の野球が通用するか?楽しみだ!

30_総和工のエース大竹くん
総和工のエース大竹くん


 土浦日大はエースの富田くんが延長に入って乱れたということになったしまったが、富田くんは後半に入って許したヒットがサヨナラヒットのみのわずか1本!連投にも関わらずよく投げた方だ!それと、3塁側の心の底からの応援が良かった。土浦日大の夏以外の応援って、小菅監督が来る前からベンチに入れなかった選手達が、ピンクのメガホン一生懸命振って応援してた。土浦市営なんか行くと今より人数は少なかったけど、いい応援してたのを後ろから観て元気をもらってました。試合の終わり近くに3塁側に行ったけど、これだけの応援に支えられるグラウンドの選手は幸せ者だと思う!本当、応援が熱くて込み上げてきそうだ。

32_土浦日大応援


 小菅監督も就任2年目。どういうビジョンを描いているのかは分からないが、やっぱりそろそろ結果が欲しいところだ。まあでも、今でこそあれだけど1年目の常磐大高の海老澤さんもそんな感じだったから、土台作りって大変そうだし忍耐がいるのだろうね。今では海老澤さんは私学に来るポテンシャルの高い選手の才能を活かしつつ、県立で培った緻密な野球も融合して完成系に向かっているし。首脳陣に新しい人材を採用するなど、肉付けしていってるみたいだし。

31_土浦日大小菅監督
土浦日大小菅監督



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア