記事一覧

茨城高校野球2017春県大会1回戦 水城 - 石岡一



 2017年(平成29年)春の高校野球(第69回春季関東地区高校野球)茨城大会。日立市民球場で行われた県大会1回戦「水城 - 石岡一」のレポートです。石岡一は軸となる好投手を中心のチームを作って躍進したが、新チームになってからは絶対的なエースというのは存在せずに秋は競り負けた。ただ、冬を越してどのようなチームを作ってきたのか?川井監督の手腕に注目が集まる。水城にとっては久しぶりの関東大会出場に向けて最大の山となる試合。エース征矢くんを中心にまずは守りからリズムを作って先制し、得点を重ねたいところだ。後半に競るような展開になると、粘りのある石岡一は厄介だ。水城バッテリーは勝負を急がす、的を絞らせないようにしたいところだろう。・・・と展望はしたものの、実際の展開は??



■関連記事
【茨城高校野球2016秋】 第69回秋季関東地区高校野球 茨城大会 (メンバー表・スコア有)
【茨城高校野球2017春】 第69回春季関東地区高校野球 茨城大会
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



第69回春季関東地区高校野球茨城大会1回戦
水城 - 石岡一


※県大会のページはこちら


01_水城応援

03_水城の関根監督
水城の関根監督

02_挿絵

04_挿絵


 先攻の石岡一は、水城先発の右腕征矢くんを攻め立てる。征矢くんと言えばストレートとチェンジアップの組合せで打者を翻弄するピッチングを展開するが、石岡一の1番大野くんが征矢くんが得意としているチェンジアップを狙い打って出塁。これが水城の征矢くんのリズムを狂わせた。得意のボールを初っ端に打たれたということで水城バッテリーは配球の組み立てが困難になり、石岡一はその後1死1・2塁とチャンスを迎える。そこで4番吉田知樹くんがセンターオーバーとなる走者一掃のタイムリー3ベース!!石岡一が幸先よく2点を先制した。(1回表 石2-0水)

05_水城の2年生エース征矢くん
水城の2年生エース征矢くん

07_1回表、水城征矢くんのチェンジアップを捕えた石岡一1番大野くん①

08_1回表、水城征矢くんのチェンジアップを捕えた石岡一1番大野くん②
1回表、水城征矢くんのチェンジアップを捕えた石岡一1番大野くん

09_征矢くんに声をかける水城の捕手朝倉くん
征矢くんに声をかける水城の捕手朝倉くん

10_石岡一は4番吉田知樹くんの長打で2点先制!①

11_石岡一は4番吉田知樹くんの長打で2点先制!②

12_石岡一は4番吉田知樹くんの長打で2点先制!③
石岡一は4番吉田知樹くんの長打で2点先制!


 石岡一のマウンドに上がったのは、なんと1年生で背番号18をつけた岩本大地くん!大会前に名前は挙がっていたが、まさかここで登板するとは驚いた。ストレートはバッターの膝元にシュッと入るキレのあるボール。137km/hを出したことがあると3塁側の方々が言っていた。それよりはストライクからボールになるキレある低めの変化球。こちらのほうが目を見張るものがあり、捕手も捕るのが難しそうだった。それでバッテリーエラーから初回にピンチを迎えるものの、岩本くんはバッティングセンスのある水城5番箕内くんを打ち取り無失点。やや、水城のクリーンナップに逃げ腰な投球となったももの、上々の公式戦デビューだった。(1回裏 石2-0水)

13_石岡一はなんと1年生の岩本大地くんが先発!
石岡一はなんと1年生の岩本大地くんが先発!

14_水城、打席に入った感触を共有する
水城、打席に入った感触を共有する


 1年生投手の頑張りに、石岡一は更に打線が奮起する。1死から8番関川くんがヒットで出ると、その後四球で1・2塁。ここで1番の大野くんに打順が回ってくるが、またも征矢くんのチェンジアップを狙い撃ちしてライトへヒット。1死満塁となる。このあと3番河嶋くんが中軸としてきっちりランナーを返す2点タイムリー!水城の征矢くんは序盤の踏んばりどころだったが、すでに4失点と苦しい投球となってしまった。その裏の水城は1点でも返したい展開だったが、チャンスは作ったももの石岡一のセンター高尾くんのファインプレーに阻まれて得点できなかった(ちょっと判定が難しいプレーだったけどね・・・)。(2回裏 石4-0水)

15_2回表、ヒットで出塁した石岡一8番関川くん
2回表、ヒットで出塁した石岡一8番関川くん

16_こういう小さいチャチャも入ってちょっと気の毒な水城征矢くん
こういう小さいチャチャも入ってちょっと気の毒な水城征矢くん

18_2回裏、ファインプレーで1年生投手を救う石岡一のセンター高尾くん
2回裏、ファインプレーで1年生投手を救う石岡一のセンター高尾くん


 水城は征矢くんを諦めて、3回表から背番号1の右腕星野くんにマウンドを託す。征矢くんは完全に石岡一に対策されてしまった。得意のチェンジアップを痛打されてしまい、投球を立て直す前に石岡一の集中打を浴びてしまった。しかし、代わった星野くんが、石岡一打線を3者凡退!テンポよく力のあるストレートを投げ込んだ。(3回表 石4-0水)

19_3回からマウンドに上がった水城の背番号1星野くん
3回からマウンドに上がった水城の背番号1星野くん


 3回裏、石岡一の1年生投手岩本くんも緊張が取れてきてテンポと制球が更に良くなった。1番から始まる水城の上位打線にボール球を打たせて3者凡退。石岡一が流れを掴んだ。ただ4回裏に、この回の先頭である水城4番の樫村くんに逃げた投球をしてしまっての四球。その後5番箕内くんの打席で水城にエンドランを成功させてしまう。そこから内野ゴロでの失点!岩本くんは先頭打者の四球から失点を許してしうという、詰めの甘さを見せてしまう場面もあった。(4回裏 石4-1水)

20_4回裏、水城5番箕内くんがエンドランを決めたことから得点が入る
4回裏、水城5番箕内くんがエンドランを決めたことから得点が入る

 
 水城は代わった星野くんが好投!ランナーは出すものの注文どおりに内野ゴロを打たせてダブルプレーに打ち取るなどリズムを作る。一方の石岡一岩本くんも5回裏は3者凡退に打ち取って前半が終了!後半に入ってもこの2人の投げ合いが続くのだろうか?岩本くんはこのまま9回まで行ってしまうのか?とにかく次の1点が取りたい両チームだった。(5回裏 石4-1水)

21_これ以上は得点をゆるさないとう決意の表情をみせる水城の捕手朝倉くん
これ以上は得点をゆるさないとう決意の表情をみせる水城の捕手朝倉くん

22_挿絵


 そして最初にチャンスを迎えたのは水城だった。6回裏に2死ランナーなしと、「また岩本くんに抑えられてしまうのか?」という雰囲気の中で5番箕内くんが完璧に捕えたセンター前ヒット。なかなか非凡なセンスを持ち合わせてるいやらしいバッターだ!そして続く6番藤田くんが疲労が出てきた球威の落ちた石岡一岩本くんのストレートを捕えてライト線へ2ベース!ファールになっていた打球がフェアグランドに入り2死2・3塁と得点のチャンス!しかし、あと1本が出ない・・・。水城はここで1点でも返しておきたかった。(6回裏 石4-1水)

23_6回裏、ライトへ2ベースを放つ水城6番藤田くん①

24_6回裏、ライトへ2ベースを放つ水城6番藤田くん②

25_6回裏、ライトへ2ベースを放つ水城6番藤田くん③
6回裏、ライトへ2ベースを放つ水城6番藤田くん

26_挿絵


 7回表に石岡一の岩本くんが打席に立ったので「続投なんだ!」と思ったが、7回裏のマウンドに上がったのは背番号10の右腕吉田尚井史くん。ボールが先行したものの、焦りの出てきた水城打線の心理を突いてボール球を打たせて得点を許さなかった。しかし岩本くんを続投するかしないか?ここは川井監督の葛藤が出たのだろうか?(7回裏 石4-1水)

27_石岡一の岩本くん(背番号18)は7回表の打席にも立って継投を臭わすが・・
石岡一の岩本くん(背番号18)は7回表の打席にも立って継投を臭わすが・・

28_7回裏を無失点に抑えた石岡一の2番手吉田尚史くん
7回裏を無失点に抑えた石岡一の2番手吉田尚史くん


 石岡一は8回に背番号1の右腕秋山くんも登板。小刻みな継投で水城の反撃を回避しようとした。だが、第4シードの水城も意地を見せて反撃する。死球からなんとか得点圏までランナーを進めて2死2塁。ここで、前の打席に2ベースを放った6番藤田くんが、低めの難しいボールを捕えてのタイムリーヒット!終盤に来て水城が2点差として追い上げた!(8回裏 石4-2水)

29_8回裏、4番樫村くんの盗塁から水城が1点をもぎ取る
8回裏、4番樫村くんの盗塁から水城が1点をもぎ取る


 3回から登板した水城の星野くんは9回まで石岡一打線に仕事をさせずにリズムを作った。あとは9回裏の味方の攻撃に託すしかなかった。だが、石岡一秋山くんの時々荒れて入ってくるストレートにうまく的が絞れずに凡退・・・。ホームベースが遠かった第4シードの水城は、初戦で姿を消すこととなってしまった・・・。そして、石岡一は1年生投手の岩本大地くんの好投もあって快心の勝利!この冬やってきたこと、水城戦に向けてやってきたことに対しての充実感からか?試合後の選手の表情には自然と笑みが溢れていた。(終了 石4-2水)

30_挿絵

31_最後の2イニングを締めた石岡一秋山くん
最後の2イニングを締めた石岡一秋山くん



石岡一
220 000 000 = 4 H8 E0
000 100 010 = 2 H8 E0
水城

32_スコア


 まずは石岡一の1年生投手岩本大地くんの先発起用!これには驚いた。数々のピンチがあったものの、シード校の水城を相手に6回を1失点に抑える大活躍!粘り強く得点を与えないそのマウンド捌きにはエースの資質を感じた。ただ課題としては、水城の中軸に対して逃げ腰になって先頭バッターに四球を出してしまったことや、打席で送りバントを失敗してしまったことなどがある。ここら辺はしっかりやっておきたいところだ。ただ、間違いなく石岡一を今後背負って立つ投手となることだろう。チームとしての課題は、投手が代わってからダメ押しの1点が奪えなかったこと。即席での打線の対応力というものがまだ備わっていない感じだったのと、当たっているバッターと当たってないバッターの差が激しかった。

33_試合後石岡一

06_石岡一応援


 水城は公式戦初戦ということで磐石の布陣で挑んだが、抽選会から時間があったのもあって石岡一打線に征矢くんのチェンジアップを狙い打たれ、水城バッテリーの配球を詰まれてしまった・・・。それを裏付けるかのように、3回から登板した星野くんの前に石岡一打線は沈黙。傷口を広げる前に、2回表に石岡一の1番大野くんにチェンジアップを痛打されたあの時点で継投すべきだったかな?と・・・。大体相手が川井監督ということで、征矢くんに対する対策はしてくる!そういう想定を想定しておかないと。逆手に取って相手の予想を外すベンチワーク。そこら辺の駆け引きの時点で負けてしまったことは歪められない。水城の品の良さが裏目に出てしまったかな・・・。

34_試合後水城


 組合せ的に十分関東大会が視野に入ったこの大会だが、その夢はついえてしまった。シード校らしくどっしり構えるのも美学だが、一癖も二癖もある相手に対してはそれなりの警戒は必要かな?と。逆に相手のデータにない1年生投手の起用、相手投手の得意な球種を対策してきた石岡一。試合前の「想定」という時点で今日の勝負が決まっていたのかもしれない・・・。ただ、水城はこの悔しさをバネに夏は必ずやってくれるだろう!



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア