記事一覧

茨城高校野球2017春水戸地区代表決定戦 水戸一 - 鹿島



 2017年(平成29年)春の高校野球(第69回春季関東地区高校野球)茨城大会。県営球場で行われた水戸地区代表決定戦「水戸一 - 鹿島」のレポートです。鹿島は1回戦の水戸農に中盤まで苦しめられたが、終盤に打線が奮起しての勝利ということで勢いがある。一方の水戸一は今日が初戦。よって、立ち上がりは固さからミスが出ないように最大集中で試合に入りたいところだ。両チームとも実力は拮抗しているので接戦が予想される。鹿島の先発は1回戦完投したエースで右オーバーハンド荒原くん。がっしりした体格だ。水戸一の先発はエースで右スリークォーター気味の飛田くん。こちらは対照的にスマートな体からしなやかに腕を振るタイプ。さあ、どちらが県大会の切符を手に入れるのだろうか?先攻水戸一・後攻鹿島で試合が始まった!!



■関連記事
【茨城高校野球2016秋】 第69回秋季関東地区高校野球 茨城大会 (メンバー表・スコア有)
【茨城高校野球2017春】 第69回春季関東地区高校野球 茨城大会
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



第69回秋季関東地区高校野球茨城大会水戸地区代表決定戦
水戸一 - 鹿島


※水戸地区予選のページはこちら


01_挿絵

02_挿絵

03_鹿島に先発は1回戦を完投しているエースの荒原くん
鹿島に先発は1回戦を完投しているエースの荒原くん

04_水戸一の先発はエースの飛田くん
水戸一の先発はエースの飛田くん


 1回裏の水戸一の守り。エースの飛田くんは先頭の鹿島松本一真くんに死球を与えてしまう。しかも肘に当てたらしくて松本一真くんが痛がっていたため、のっけからしばらく中断した。その影響もあり、その後四球を出してランナーをためてしまう。やはり久しぶりの公式戦ということもあり、水戸一の守りはどこか落ちつかなかった。しかし飛田くんが丁寧のコースをついて中軸にヒットを許さずにチェンジ。なんとか気をつけたかった初回をゼロに抑えることができた。(1回裏 水0-0鹿)

05_水戸一バッテリーはいきなりの死球に多少動揺
水戸一バッテリーはいきなりの死球に多少動揺

06_挿絵


 2回表の水戸一は、相手のエラーから先制のチャンスを掴んだ。四球のランナーを送って1死2塁。だが内野フライトとまあ下位打線ということもあり凡退ムードだったが、なんと何でもないフライを鹿島がまさかの落球・・・。水戸一のチャンスがひろがった。そして8番渡辺くんが、相手の投げ急いだストレートを狙い打ってのレフトオーバーのタイムリー2ベース!更にはスクイズでもう1点追加!水戸一は下位打線の大技・小技で2点を先制した。鹿島バッテリーは動揺からか?2点目のスクイズは全くの無警戒だった。(2回表 水2-0鹿)

07_2回表、水戸一8番渡辺くんの先制タイムリー!①

08_2回表、水戸一8番渡辺くんの先制タイムリー!②
水戸一8番渡辺くんの先制タイムリー!


 その裏の水戸一のエース飛田くんは、本来のピッチングを取り戻して連続3振を含む3者凡退!序盤のアドバンテージを得た。その後も敬遠などもからめて、いろいろ計算しながら効率よくアウトを取って行く水戸一バッテリーだった。特に配球はインコース主体。鹿島打線は窮屈なバッティングを強いられた。一方の鹿島のエース荒原くんはボール先攻のピッチングで毎回ピンチを迎える。4回表にはボークも出してしまうが、なんとか2回の2点だけで留めていた。(4回表 水2-0鹿)

09_敬遠などいろいろ計算して守る水戸一バッテリー
敬遠などいろいろ計算して守る水戸一バッテリー

10_なんとか2点で踏みとどまる鹿島の守り
なんとか2点で踏みとどまる鹿島の守り


 4回裏の鹿島は、5番諸徳寺くんが攻められていたインコースをうまく打って出塁。その後の送りバントも成功して1死2塁のチャンスを迎える!一時は水戸一サードの幡谷くんにファインプレーが出て流れが止まったかに思えたが、9番松本ソウタくんが勝負強くセンター前にタイムリーヒット。水戸一はピンチになるとしっかり間を取って相手を焦らしていたが、ここは松本ソウタくんの集中力が勝った!しかしながら鹿島の攻撃のタイムはすでに3回。早めに1点でも返していくとうベンチの気合を感じた。(4回裏 水2-1鹿)

12_ファールフライをダイビングキャッチした水戸一サード幡谷くん
ファールフライをダイビングキャッチした水戸一サード幡谷くん

13_4回裏にタイムリーを放った鹿島9番松本ソウタくん
4回裏にタイムリーを放った鹿島9番松本ソウタくん

14_鹿島の攻撃のタイムは4回裏ですでに3回目
鹿島の攻撃のタイムは4回裏ですでに3回目


 その後は1点差のまま、両チームのバッテリーの我慢くらべ。水戸一はランナーは出すものの要所でコースをきっちりついて抑えていった。鹿島の荒原くんは味方が点を取ってから力が抜けて制球力が増していった。お互いバックのファインプレーもあって失点しない。そして試合は終盤の8回になって動き始めた!!「次の1点」を取ったほうが優位になるのは明らかな展開だ。(7回裏 水2-1鹿)

15_5回表、鹿島のショート根木くんがファインプレーで盛り立てる!
5回表、鹿島のショート根木くんがファインプレーで盛り立てる!

16_挿絵

17_挿絵

18_挿絵

19_7回裏、ライナーをダイビングキャッチした水戸一ショート渡辺くん
7回裏、ライナーをダイビングキャッチした水戸一ショート渡辺くん


 8回表の水戸一は3番小柴くん・4番内桶くんの連続ヒット!その後6番幡谷くんの内野安打もあって2死満塁と待ちに待った追加点のチャンス!昨夏を経験した3人が勝負強さを見せた。鹿島は踏んばり所だ!守備のタイムを2回入れるなど、やれることはやろうと必死にこのピンチをどうにかしようする。そして結果は・・・・セカンドゴロ。鹿島がなんとか、なんとか踏ん張った!(8回表 水2-1鹿)

20_8回表、水戸一4番内桶くんのヒットでチャンスがひろがる①
8回表、水戸一4番内桶くんのヒットでチャンスがひろがる

21_挿絵

22_挿絵



 8回裏の鹿島は下位打線だったが、「ピンチのあとにはチャンスあり!」とはよく言ったものだ。7番荒原くん、8番大久保くんとバッテリーの2人が連続ヒット!9番松本ソウタは腕をたたんでインコースの厳しいボールをレフト前へ!1死満塁のチャンス!逆に水戸一が正念場を迎えた。

23_8回裏、ヒットでチャンスをひろげる鹿島8番大久保くん
8回裏、ヒットでチャンスをひろげる鹿島8番大久保くん

24_挿絵


 打順はトップの松本一真くんでカウント2ボール1ストライク。ここで水戸一が絶妙なコースの変化球。しかし松本くんは踏ん張りに踏ん張って手を出さなかった!これには水戸一バッテリーも苦悶。結果としてフォアボール・・・。鹿島はついに同点とした!2番の笹沼くん!ここまで積極的にバットを振っていて、この打席も状況云々フルスイング!打球はライトへのフライ!鹿島は犠牲フライで3点目とし、ついに試合をひっくり返した!!そしてダメ押しは3番根木くんの2点タイムリー!この回一挙4点と鹿島が試合を決めた!!9回表の守りも先頭打者の打球をレフトの「世界の高野」(応援でそう言ってた)がファインプレー!もう、鹿島の勝利は間違いない。(9回表1死 水2-5鹿)

25_8回裏、鹿島1番松本一真くんがよく見て押し出しとなる四球を選ぶ
8回裏、鹿島1番松本一真くんがよく見て押し出しとなる四球を選ぶ

26_挿絵

27_8回裏、逆転の犠牲フライを放った鹿島の2番笹沼くん
8回裏、逆転の犠牲フライを放った鹿島の2番笹沼くん

28_挿絵

29_挿絵

30_挿絵

31_リードした9回表にファインプレー!鹿島のレフト「世界の高野」がやってくれた!
リードした9回表にファインプレー!鹿島のレフト「世界の高野」がやってくれた!


 ・・・と思いきや、ここから水戸一の猛反撃が始まった!!!水戸一は1死から9番加藤くんが左中間へ2ベース。すると続く1番川田くんも同じく左中間へタイムリー2ベース!水戸一の気迫を感じる連続2ベースで2点差とした!しかし2死となりあと1人で鹿島の勝利・・・。だが3番小柴くんの当たりは右中間へ!なんと、土壇場でタイムリー3ベース!!!1点差!!!1打出れば同点という場面がやってきた。

32_9回表、2ベースで出た水戸一加藤くんがホームへ向かう!
9回表、2ベースで出た水戸一加藤くんがホームへ向かう!

33_9回表、3点目を叩きだした水戸一1番川田くん
9回表、3点目を叩きだした水戸一1番川田くん

34_9回表、水戸一3番小柴くんの3ベースでついに1点差!①

35_9回表、水戸一3番小柴くんの3ベースでついに1点差!②

36_9回表、水戸一3番小柴くんの3ベースでついに1点差!③
9回表、水戸一3番小柴くんの3ベースでついに1点差!

 
 鹿島バッテリーはいっぱいいっぱい・・・。水戸一の4番内桶くんとまともに勝負をする気力はなく歩かせる。迎えるは5番飛田くん。緊迫した状況だったが最後は変化球を振らせてゲームセット!!水戸一はあと1歩及ばず・・・・。鹿島がなんとか凌いで県大会出場の切符を手に入れた。試合後の鹿島バッテリーの表情がやっと開放された笑顔になった!(終了 水4-5鹿)

37_挿絵

39_挿絵

40_張り詰めていた緊張は笑顔に!鹿島バッテリー!
張り詰めていた緊張は笑顔に!鹿島バッテリー!


水戸一
020 000 002 = 4 H11 E0
000 100 04X = 5 H8  E1
鹿島

38_挿絵


 まさか終盤にこんな展開が待っていたとは・・・。随所にポイントになる場面はあったけど、やはり8回表裏の攻防が最大のポイントだっただろう!お互いエースに試合を託した両監督。勝負は本当に紙一重なところで決まった。大きな流れとしては鹿島打線が水戸一バッテリーの徹底したインコース攻めに苦戦したが、土壇場の8回になってそれを攻略した!という図式になった。水戸一も追加点のチャンスはあったが、随所に出る鹿島守備陣のファインプレーに流れを止められた。また、打つほうではいいところまでは追い込むが、最後の最後で鹿島荒原くんの低めの変化球を我慢しきれずに振ってしまったところだろうか!?

41_挿絵

42_挿絵
主将でエースの荒原くんはチームメイトに称えられて男泣き


 しかし、熱い試合を見せてもらいました!観戦してる人も熱くなって「止まれ!止まれ!」とか「投げんな!!」とか自分も含めて独り言のオンパレード!終盤は1球1球に両チーム一喜一憂。どっぷり(試合に)入り込んじゃいました♪いい試合をありがとう!!父母会側からは「心臓が止まるかと思ったよ!」とか、帰り道に隣で歩いていたおじいちゃんたちが「いやぁ~~いい試合だったよ!」って感動してました。

43_挿絵


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア