記事一覧

茨城高校野球2017春県南地区代表決定戦 藤代 - 竜ヶ崎一



 2017年(平成29年)春の高校野球(第69回春季関東地区高校野球)茨城大会。龍ヶ崎市野球場(たつのこスタジアム)で行われた県南地区代表決定戦「藤代 - 竜ヶ崎一」のレポートです。藤代と竜ヶ崎一はともに初戦を5回コールドで順当に勝ち上がった!実力のあるチーム同士の対戦とあって休日のたつのこスタジアムは多くの人で賑わった。
 藤代の秋は県大会初戦敗退。投手陣は伊藤・清藤とある程度の失点は計算できるが、打線は下妻二の好投手齋藤くんの前に沈黙した。竜ヶ崎一も秋の代表決定戦で取手二の豪腕香取くんの前に屈した。いずれのチームも冬を越して好投手を打ち崩すパワーと技術が身に付いたか?先攻の竜ヶ崎一はエースの左腕高橋くん、後攻の藤代は今大会エース番号をつけた稲荷田くんが先発。ただ、球場はもの凄い砂嵐でコンディションは最悪。そんな中で県大会をかけた熱い一戦が展開された!



■関連記事
【茨城高校野球2016秋】 第69回秋季関東地区高校野球 茨城大会 (メンバー表・スコア有)
【茨城高校野球2017春】 第69回春季関東地区高校野球 茨城大会
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



第69回秋季関東地区高校野球茨城大会県南地区代表決定戦
藤代 - 竜ヶ崎一


※県南地区予選のページはこちら


01_挿絵

02_挿絵

03_挿絵

04_竜ヶ崎一スタメン
竜ヶ崎一スタメン

05_藤代スタメン
藤代スタメン

06_挿絵


 藤代は秋にエースナンバーをつけていた伊藤くんが、背番号6を付けてショートの守備に回っていた。そして先発のマウンドに上がったのは今大会エースナンバーをつけている長身の右腕稲荷田くんだった。しかし、竜ヶ崎一の1番鴻巣くんに初球を叩かれてのレフト前ヒット!開始のサイレンが鳴り止まないうちに出塁を許し、四球も出して1死1・2塁とピンチを迎えた。だが、要所で力強いストレートが決まって無失点。なんとか先制を許さずに済んだ。

07_藤代の先発は右腕の稲荷田くん
藤代の先発は右腕の稲荷田くん

08_試合開始直後にヒットで出塁する竜ヶ崎一鴻巣くん
試合開始直後にヒットで出塁する竜ヶ崎一鴻巣くん


 その裏の藤代1番河原井くんは、竜ヶ崎一の鴻巣くんの初球攻撃とは対象的に粘りに粘った挙げ句のレフト前ヒットで出塁した!その後しっかり送って1死2塁と先制の形を作る。すると竜ヶ崎一にまさかの連続バッテリーエラー。今日は物凄い強風で、グラウンドに砂が舞い上がるたびに小刻みにタイムがかかる状態。若干の狂いが生じたのかもしれない。しかし、結果的には藤代が棚ぼたの先制点を獲得した。(1回裏 竜0-1藤)

09_竜ヶ崎一の先発はエースの左腕高橋くん
竜ヶ崎一の先発はエースの左腕高橋くん

10_しつこく粘ってからのヒットで相手にダメージを与える藤代1番河原井くん
しつこく粘ってからのヒットで相手にダメージを与える藤代1番河原井くん

11_藤代が棚ボタの先制点を獲得
藤代が棚ボタの先制点を獲得


 2回裏に藤代は四球で先頭バッターを塁に出ると、菊地監督が送りバントに対する執念の采配をみせる。送りバントを空振りした選手をたった1球で交代させる厳しさ・・・。結局この回は無得点に終わったが、この試合は1点が非常に大事というメセージが込められていたのだと思う。竜ヶ崎一のエース高橋くんのポテンシャルの高さを認めている証拠だ。

12_2回裏、藤代が送りバントへの執着を見せる
藤代が送りバントへの執着を見せる


 ただ、そんな送りバントにこだわる藤代だが、竜ヶ崎一内野陣のすばらしい守備の前に思い通りにはいかない。3回裏には、無死1塁からの送りバントを2・6・3のダブルプレーとされてチャンスを潰す。竜ヶ崎一の捕手須貝くんにしてやられた!

 藤代の先発稲荷田くんは多少の制球難があったが、要所を膝元の力強いストレートで抑える。5回表にマウンドをショートの伊藤くんに譲ったものの、十分に試合を作った。一方の竜ヶ崎一先発の高橋くんも、バックに助けられて初回以降は無失点。試合は1点を争う様相を呈し前半を終えた。(5回裏 竜0-1藤)

 後半に入ると、竜ヶ崎一はピリッとしない藤代伊藤くんから6番須貝くんが1死2塁から待望の長打となる左中間へのタイムリーを放って同点に追い付く。ここで藤代は、伊藤くんを諦めて右スリークォーターぎみの清藤くんをマウンドに上げて火消しした。清藤くんは腕の振りが非常に速くてタイミングが取りづらい。竜ヶ崎一の下位打線は手も足もでなかった。ただ、竜ヶ崎一のエース高橋くんが尻上がりに調子を上げてきて、そのいいリズムが次の7回表の攻撃にいい影響を与えた!(6回裏 竜1-1藤)

13_6回表に竜ヶ崎一6番須貝くんが同点タイムリーとなる3ベースヒットを放つ①

14_6回表に竜ヶ崎一6番須貝くんが同点タイムリーとなる3ベースヒットを放つ②

15_6回表に竜ヶ崎一6番須貝くんが同点タイムリーとなる3ベースヒットを放つ③
6回表に竜ヶ崎一6番須貝くんが同点タイムリーとなる3ベースヒットを放つ

16_6回表、藤代の清藤くんがリリーフ
6回表、藤代の清藤くんがリリーフ

 
 この回の竜ヶ崎一の攻撃は、1死ランナーなしから当たっている1番鴻巣くんが代わった藤代清藤くんから初ヒット!勝負強い3番道山くんがタイムリーを放って遂に逆転!!頼りになる男の一打で3塁側は沸いた。(7回表 竜2-1藤)

17_7回表に竜ヶ崎一3番道山くんが逆転タイムリーを放つ
7回表に竜ヶ崎一3番道山くんが逆転タイムリーを放つ

18_挿絵

19_挿絵


 だが藤代は本当しぶとい。試合の流れというものを熟知していてポイントになる回は、ベンチの声とともにもの凄いギアを入れてくる。この回先頭の伊藤くんは、そんなチームの雰囲気に押されたのと、貢献できなかったピッチングでの悔しさをバット晴らすレフトオーバーの2ベース!これにリードしたプレッシャーと、先頭バッターにいきなり長打を打たれた動揺からなのか?、竜ヶ崎一のエース高橋くんが暴投・・・。無死3塁となってしまう。そこで6番浅野くんに同点タイムリーを浴びてしまう。完璧に捕らえられた当たりが続き、高橋くんに球威が無くなってきたのは藤代のバットの振りから分かってきた。ただ、内野がバッテリーが苦しいときにゲッツーを取ってくれて同点止まりにしてくれた。(7回裏 竜2-2藤)

20_7回裏、2ベースを放った藤代伊藤くんが3塁まで進む
7回裏、2ベースを放った藤代伊藤くんが3塁まで進む

21_7回裏、途中出場の浅野くんが同点タイムリー
途中出場の浅野くんが同点タイムリー


 竜ヶ崎一の8回裏の守りは、2死ランナーなしと高橋くんがギリギリのところで踏ん張っていた。しかし藤代の2番渡邊くんにヒットを許すと、3番の好打者谷合くんに対しては力んでしまっての暴投。しかもそのタイミングが悪くて、2死フルカウントということでスタートしていた藤代の渡邊くんは一気に3塁へ。結局、谷合くんには四球を与えて2アウトから1・3塁のピンチを迎える。ここから、1塁ランナーの谷合くんがスタート!すると、竜ヶ崎一の悪送球を誘って藤代が勝ち越し!竜ヶ崎一も2アウトということで、バッターとの勝負に集中したほうが良かったかもしれない。そしてエース高橋くんは、無念の降板となってしまった。(8回裏 竜2-3藤)

22_8回裏、ヒットで出塁した藤代の2番渡邊くんが相手の暴投で一気に3塁へ
8回裏、ヒットで出塁した藤代の2番渡邊くんが相手の暴投で一気に3塁へ

23_8回途中からリリーフした竜ヶ崎一伊藤くん
8回途中からリリーフした竜ヶ崎一伊藤くん


 竜ヶ崎一は点の取れて方が悪くて、藤代の清藤くんも前の回に連続三振を含む三者凡退と調子を上げてきということもあって、このまま敗戦してしまうのではないか?という流れになった9回表。だが、この回先頭の9番深水くんが、砂嵐を切り裂くライト線への2ベース!竜ヶ崎一は一気に息を吹き返した!さすがの清藤くんも雰囲気に呑まれかけたため、菊地監督は慌ててショートの伊藤くんをマウンドに戻す。しかし、竜ヶ崎一の2番萩原くんが代わり端の初球を思い切り振り切ってのタイムリーヒット!なんと竜ヶ崎一が土壇場で追いついた!!(9回表 竜3-3藤)

24_9回表、9番深水くんの2ベースで嫌な雰囲気を振り払う竜ヶ崎一
9回表、9番深水くんの2ベースで嫌な雰囲気を振り払う竜ヶ崎一

25_9回表、竜ヶ崎一は2番萩原くんのタイムリー画飛び出して土壇場で追いつく!!
竜ヶ崎一は2番萩原くんのタイムリー画飛び出して土壇場で追いつく!!

26_挿絵


 竜ヶ崎一の2番手伊藤くんも、抜いた球とキレのあるストレートをうまく織り交ぜて9回裏を3者凡退に打ち取った。砂の熱戦は延長戦へと突入した。(9回裏 竜3-3藤)

27_延長に入ってから気迫のピッチングを展開する藤代伊藤くん
延長に入ってから気迫のピッチングを展開する藤代伊藤くん


 10回表、1試合で2度ピッチングで苦汁を舐めた伊藤くんは、チームを負けさせないと1球入魂!凄まじい気迫で連続三振を奪っての3者凡退。気持ちが伝わってくる熱い投球だった。

28_10回裏、エンドランで3塁に向かう藤代河原井くん
エンドランで3塁に向かう藤代河原井くん


 そしてその裏の藤代は1死1塁から前の打席でヒットを放っている2番渡邊くんのところでエンドラン!この緊迫した状況で、菊地監督が動いた!ここは、甲子園を経験してる監督さんの勝負勘が冴え渡った。その後2盗もあり1死2・3塁。ここで藤代はノーサインで3番谷合くんのバットに全てを託す。すると、谷合くんの打球は快音とともにセンター前へ・・・。藤代が延長サヨナラで勝利して県大会出場を決めた!竜ヶ崎一はよく延長まで持ち込んだが、10回表裏の投打に渡る藤代の集中力が最後に上回った。(終了 竜3-4藤 延長10回)

29_挿絵

30_挿絵

31_3番谷合くんのサヨナラヒットで勝利した藤代
3番谷合くんのサヨナラヒットで勝利した藤代

32_挿絵


竜ヶ崎一
000 001 101 0 = 3  H7 E0
100 000 110 1x = 4  H9 E0
藤代
(延長10回)


33_スコア


 藤代は白水の勝利!やはり竜ヶ崎一の左の本格派である高橋くんには苦戦した。菊地監督もそれを見越して取れるときに送りバントなどを絡めて点を取って、守りは継投で凌ぐという手堅い采配だった。しかし、延長に入ってからは、後手に回らずに攻めていってのエンドラン成功!ここら辺は勝負勘が鋭いな!と感服した。ただ、竜ヶ崎一バッテリーが暴投などで雰囲気を悪くする中で、一番の障害となったのは竜ヶ崎一内野陣の固い守備だった。ほかのチームならずるずると大量失点というところだが、竜ヶ崎一の守備力が最小失点に押さえ込んだ。

34_挿絵


 藤代もいっぱいいっぱいだったのは感じた。打席中に選手を2度代えるなど必死さが伝わった。ただ、あまりこういう采配は代えられた選手への精神的ダメージを懸念してしまうので、しっかり後のフォローはしていただいて、その選手が発奮するように導いてもらいたい。しかし、竜ヶ崎一のエース高橋くんの暴投を含むバッテリーエラーの多さがこの試合は目立った。昨夏の水戸商戦や下妻二戦でも1個ずつ出しているし、この夏には改善されているのを願いたい。しかし、県南予選で消えるには実に惜しい。竜ヶ崎一は実力的には県大会に出て当たり前のチームだと思う。ただ、ここ最近の傾向を見ると、夏に最大限の力を発揮してるチームなので、引き続き注目していきたい。

35_挿絵


 しかし、この砂嵐の中で両チームの内外野はよく守った!本当に鍛えられてるわ!そして観戦したお客さんもこの砂嵐の中でお疲れ様でした。2試合観戦した後の自分の顔が炭鉱夫のようになっていたのには笑えました。特に3塁側は風下だったので、放水の水しぶきがモロに飛んでくるほどの強風でした。



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア