記事一覧

【秋の高校野球2016】茨城大会2回戦 水戸葵陵-日立一

アメーバ関連記事


にほんブログ村



2016年9月25日(日)

ひたちなか市民球場


茨城大会2回戦

水戸葵陵 - 日立一



01

日立一は1回戦、土浦日大の1年生左腕の宮下くんを攻略し、更には横山くんの投打に渡る活躍で終盤に一気に引き離して勝利した。地区予選と1回戦同様、変化球の制球がいい池添くんが本日の先発。今までのパターンから、ボールに勢いのある横山くんのリレーが予想される。


03

02

一方の水戸葵陵はエースの上林くんが1回戦の総和工戦で見事な完封勝利。中1日ではあるが、今日もマウンドに立つ。また打線もチャンスに強く、点が取りたい場面でしっかり取れている。水戸地区の代表決定戦では力のある水戸商を僅差で振り切ったこともあり、今年のチームは接戦にも強い印象がある。


04

さあ、準々決勝に進むのはどちらのチームなのか?先攻日立一、後攻水戸葵陵で試合が始まった!


05【先攻日立一のスタメン】

06【後攻水戸葵陵のスタメン】

初回の日立一は、先頭の島くんがデッドボールで出塁。すぐさま盗塁も決めて無死2塁となり、水戸葵陵の先発上林くんを攻め立てる。しかし、ランナーを塁に置いてから臆することなく腕を振った上林くんは、日立一の中軸に対して厳しいコースを突いて、初回のピンチをゼロに抑える。ずらっと、左バッターを並べた日立一の打線に対し、右投手の上林くんはプレートの左端から投球。左バッターへ内角を攻める意識が高いようだ。


08【日立一の主将島くんが先制のチャンスをつくる】

07

09【立ち上がりを凌いだ直後の水戸葵陵上林くん】

その裏、日立一先発の池添くんも、持ち前の変化球を低めに集めて内野ゴロを量産。ベンチの期待通りきっちり3人で抑えた。(1回裏 日0-0葵)


28

しかし、試合はすぐに動いた。2回裏、日立一はこの回の先頭打者をエラーで出してしまう。水戸葵陵は、5番で俊足の川崎くんがセフティーバントを決めて、その後送りバントで1死2・3塁のチャンス。ここで7番池上くんが、相手投手の得意な変化球をよく引きつけてライトへヒット!3塁ランナーの和田くんがホームイン。2塁ランナーの川崎くんも俊足を飛ばして生還。水戸葵陵が2点を先制した! (2回裏 日0-2葵)


10

11【水戸葵陵7番池上くんが2点先制タイムリー】

水戸葵陵の上林くんの快投が続くと思われた3回表だったが、先ほどの日立一同様に内野のエラーからリズムが崩れる。エラーのランナーを1塁に置くと、日立一3番清水くんにライト前、4番大友くんにも同じくライト前と、投げ急いで単調になったところで1失点。ホームインした島くんと捕手の嶋根くんが縺れて、水戸葵陵の内野がバタつく間に清水くんもホームインと、嫌な形ですぐさま同点に追いつかれてしまった。(3回表 日2-2葵)


12

13

14【日立一4番大友くんのタイムリー】

しかし、水戸葵陵の上林くんは次の回には落ち着きを取り戻し、持ち味である散らすピッチングで日立一の打者を翻弄していく。そんなエースに応えるように、4回裏に打線が奮起する。この回先頭の4番和田くんが甘い球を見逃さずにセンター前で出ると、6番野原くん、8番嶋根くんも続いて勝ち越しに成功。日立一池添くんの変化球を攻略してマウンドから引きずり落とす。 (4回裏 日2-3葵)


16【水戸葵陵4番和田くんがヒットで出る】

17

18【日立一は4回裏にいつものパターン(池添くん→横山くん)で継投】

更に5回裏にも、日立一の代わった横山くんから1番立原くんのヒット、4番和田くんのタイムリーと、球威のあるストレートにも大振りせずに、短打を連ねて得点を重ねていった! (5回裏 日2-4葵)


19【水戸葵陵1番立原くんのヒットを皮切りに4点目】

後半に入ってすぐの6回表、クリーンナップ3人の攻撃で期待の高まる日立一だったが、水戸葵陵上林くんのテンポのいい投球にわずか10球以内で終了・・・。流れが完全に水戸葵陵に傾く。


20【好守で魅せる水戸葵陵セカンド野原くん】

15

7回裏、もう1点もやれない日立一だったが、1死2塁から内野がまたも痛恨のエラー。嫌な予感が漂う。すると水戸葵陵5番の川崎くんが試合を決める豪快な右中間への2点タイムリー3ベースヒット!!!3塁側はがっくりと肩を落とした。 (7回裏 日2-6葵)


21

22

23【水戸葵陵5番川崎くんのタイムリー3ベースで試合を決める!】

日立一は最終回に清水くんの2ベースヒットで応戦したが反撃もここまで。水戸葵陵は投打が噛み合い快勝。ベスト8へ駒を進めた!


24

25


■スコア


日立一

002 000 000 = 2 H3 E3

020 110 20X = 6 H10 E2

水戸葵陵

【日】池添(3.2/3),横山(3.1/3),清水(1)-小松

【葵】上林(9)-嶋根

▽3塁打 川崎(葵)

▽2塁打 清水(日)


27


水戸葵陵のエース上林くんは、3回表に味方のエラーから失点したものの、それ例外は危なげないピッチング。終わってみれば3安打に抑える完封勝利。テンポよく左右に大きく投げ分けて、日立一打線に的を絞らせなかった。これで上林くんは2連続完封。今後のピッチングにも注目が集まる。また、その快投に味方の打線にも勢いがついたのは間違いないだろう。しかし、今日は下位打線がいいところで打って効果的に得点を挙げていった。


29【好リードでエースを引っ張った水戸葵陵捕手嶋根くん】

日立一は左バッターを多く起用して、右の上林くんへの対策を図ったが、意外とインコースにボールくい込んできたので、詰まってフライを打ち上げる場面が目立った。また右バッターは、アウトコースに的を絞っても、低めに制球された変化球を引っかけての内野ゴロと、水戸葵陵バッテリーにしてやられた。攻撃面では、どんな局面でも点が取れるよう、もう少し泥気さく貪欲に出塁して、足やバントの構えなどを使って揺さぶりをかけたいところだった。ただ、重要な場面でエラーが出しまっては、好投手擁するチームには厳しいだろう。


26




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア