記事一覧

【秋の高校野球2016】茨城大会県北地区代表決定戦 日立一-日立北



2016年9月11日(日)

日立市民球場


茨城大会県北地区代表決定戦

日立一 - 日立北



23

昨年夏の準優勝投手である鈴木彩斗くん他、主力の大半がいなくなった日立一。新チームがどのような戦いをみせてくれるか?そんな中、1年生からレギュラーの島くんが怪我でスタメンを外れる。また、夏に4番だった大友くんは5番、そして今日の4番は小林くんが務める。新4番がどのようなバッティングをみせてくれるのか?非常に楽しみだ。


24

一方の日立北は、この前の夏でベスト16に進出する快進撃。シードの土浦日大を破るなどまだ記憶に新しいところだ。そのメンバーも投手を中心に残っている。トルネード投法の酒井玲くん、右のオーバスローの安部くん、そして捕手には夏にも活躍した大友くんがいる。そのほか堅実な仕事をする稲垣くんなどもいて、新チームの仕上がり次第で県大会出場も十分ありえるだろう。


01

日立一の投手陣はほぼ初お披露目。今日は背番号10をつけた右の池添くんが先発のマウンドに立った。日立北はこの前の夏、抑え投手として活躍した安部くんが先発。先攻日立一、後攻日立北で試合が始まった。


02

日立北の安部くんは、先頭打者を簡単に打ち取ったもののボールが先行する立ち上がり。そこでストライクをとるために置きにいったボールを日立一の上位打線に捕らえられてしまう。立ち上がりのピンチにバッテリーも間を取って一息入れるも改善せず、実戦経験豊富な日立一の5番大友くん、更には6番丸山くんに連続タイムリーを打たれてしまう。 (1回表 一2-0北)


03【日立北先発の安部くんと捕手の大友くん】

04【日立一6番丸山くんのタイムリーで小林くんがホームイン】

その裏の日立北は、相手のエラーなどですぐに追いつくチャンスもあったが、得点圏のランナーが4番酒井くんの打席で走塁ミス。2・3塁間に挟まれてタッチアウトと、嫌な流れになってしまう。 (1回裏 一2-0北)


05【日立一の先発は池添くん】

06【日立北は反撃のチャンスを潰してしまう】

日立一は、2回表には一死から番小松くんの右中間の3ベースなどで1点、3回表は2番高橋くんのライトオーバーの3ベース、新4番の小林くんの痛烈なレフト線2ベースなどで2点と、長打攻勢で着実に点を追加し序盤を優位に進める。投げては池添くんの変化球の制球力が抜群で、容易にカウントを優位にする。たまに来るストレートも変化球と腕の振りが全く同じで非常に効果的だった。 (3回裏 一5-0北)


07

08【2回表、日立一8番小松くんの3ベースでベンチが沸く】

09

10【3回表、3ベースの日立一2番高橋くん】

しかし、4回表にも追加点をもらい精神的には楽になったはずの池添くんだが、4回裏に突如乱れる。この回はコントロールの良かった変化球も決まらず連続フォアボールで無死1・2塁。そして先ほどの打席で変化球をキレイに捉えられた日立北の5番藤元くんに対しては、力んでワイルドピッチ。その後結局歩かせて無死満塁とビックイニングのピンチを迎える。しかし、そこからは池添くんのピッチングが急に好転。犠牲フライの1失点にとどめることに成功した。逆に、日立北はこのチャンスでわずか1点となり、状況もムードも変えることができなかった。 (4回裏 一6-1北)


11【日立一池添くんにタイミングが合っていた日立北5番藤元くん】

その後日立一は、5回表にも代わった日立北の滝くんから2点を追加。日立北もその裏に滝くんが右中間の3ベースなど打つほうで活躍したが、日立一の2番手で球に勢いがる右腕の横山くんが完璧な投球。代わってから1本のヒットも許さなかった。打っては6回表にライトへの3ランホームラン!!!これで日立北は完全に戦意喪失・・・。日立一が打で圧倒しコールドゲームで県大会出場を決めた。 (終了 一13-2北 6回コールド)


12【日立北2番手の滝くん】

13【5回裏、自らの失点を打つほうでカバーする日立北滝くん】

14【5回途中からリリーフした日立一横山くん】

15

16

17【6回表、ピッチャーの横山くんがダメ押しの3ランホームラン!!】


■スコア


日立一

212 116 = 13 H19 E2

000 110 = 2 H3 E0

日立北

(6回コールド)

【一】池添(4.2/3),横山(1.1/3)-小松

【北】安部(4.0/3),滝(1.2/3),安部(1/3)-大友


18

日立一は野手陣の活躍が目立った。島くんは代走の出場に留まったが、彼が戻ると更に打線に厚みが出てきそうだ。また、捕手の小松くんや外野手の木川くんなど1年生の有望な新戦力が現れ、経験を積んでいけば頼もしい存在になりそうだ。投手陣は変化球の制球が良い池添くんと球のキレで勝負する横山くんの継投で県大会も行きそうな気がする。池添くんも大きな何種類かの変化球を投げ分けている感じだったが、逆に変化球の制球が生命線となる。1年生捕手の小松くんがどのようにリードして支えていくか?今後はそこらへんを注目したい。ただ、今日の試合を見る限り、守備と走塁は修正の余地がありそうだ。


20【代走で途中出場の日立一主将島くん】

21

日立北は夏の快進撃も影を潜めてしまい「逆転の日立北」は発動しなかった。トルネードの酒井玲くんはセンターで出場していたが1回戦から投手としては登板していない。いろいろチーム事情はありそうだが、正直、投手陣の整備は間に合っていない感じがした。ただ、大量失点の中でも守備は無失策ということで、そこは日立北らしくしっかりしていた。秋は残念だったが、またいいチームになって戻ってきて欲しい。ただ「逆転の日立北」の必須条件は投手陣の踏んばりではあるが。


19【日立北の酒井玲くん】

22

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア