記事一覧

【夏の高校野球2016】茨城大会2回戦 霞ヶ浦-水戸一

アメーバ関連記事
【夏の高校野球2016】第98回全国高等学校野球選手権茨城大会

にほんブログ村



2016年7月13日(水)

水戸市民市民球場


茨城大会2回戦

霞ヶ浦 - 水戸一



01

02

 昨年悲願の甲子園出場を果たし今年も連覇を狙う霞ヶ浦。茨城県の制覇のみならず甲子園での勝利を視野に入れる。昨年の甲子園を経験している選手も多く、投手を中心とする守備力はピカイチ!ロースコアのゲームはお手の物だ。あとは、今後打線がノッて行けるか?ここにかかっているだろう。一方の水戸一は1回戦に登板した古川くんが最速137kmを記録する快投をみせた。制球力のいいエースの市村くんも温存しており、初戦を迎える霞ヶ浦の調子が上がらないうちに先制し、投手陣を中心とする守りで逃げ切りたいところだ。


04 【先攻霞ヶ浦のスタメン】

03 【後攻水戸一のスタメン】

05

 水戸一の先発はエースの市村くん。注目の立ち上がりだが、霞ヶ浦のしぶとい上位打線に対してコースをついて芯を外しての無失点。この試合にきちんと焦点を合わせてきたようだ!対する霞ヶ浦の左腕、根本将汰くんは水戸一の打者を全く寄せ付けない。キレのいいボールがどんどん決まり2三振と完璧な立ち上がり。試合は投手戦の様相を予感させた。 (1回裏 霞0-0水)


06 【水戸一の先発はエースの市村くん】

07 【霞ヶ浦の先発は左腕の根本将汰くん】

 2回表、水戸一は先頭をヒットで出すも、捕手早船くんのリードが冴えて注文どおりのダブルプレー。3回表にはセカンドの小柴くんがライトに抜けるあたりをファインプレー!バックも盛り上げて霞ヶ浦に先制点を許さない。しかし、一方の打つほうは根本将汰くんに完璧に抑えられた状態。打球が前に飛ばないが、霞ヶ浦父母会席に鋭いファールを再三打ち込むなど、挑戦状だけはきっちり送りつけていた。 (3回裏 霞0-0水)


08 【緻密なリードを展開する水戸一捕手早船くん】

10 【ファインプレーの水戸一セカンド小柴くん】

09

 4回表、霞ヶ浦は1死ランナー無しから4番根本薫くんが、痛烈なライトオーバーの2ベースヒット!いよいよ霞ヶ浦にエンジンがかかってきた。しかし、水戸一の市村くんは、ランナーが出てから非常に長~~~~い間合い。霞ヶ浦打ち気を逸らし後続を凡打にしとめた。 (4回裏 霞0-0水)


11 【霞ヶ浦4番根本薫くんが右中間へ2ベースヒット】

 5回表、霞ヶ浦の7番、春は欠場していた守りの要である小川くんがスタメン復帰。ライトへホームラン性のあたりを2本続けた。結局、水戸一バッテリーが打ち取ったが、冷やりとする場面だった。 (5回表 霞0-0水)


12 【あわやホームラン!復帰した霞ヶ浦の小川くん】

13

 なんとかここまで霞ヶ浦打線をゼロに抑えた水戸一。ついに、先制の最大のチャンスがやってくる。霞ヶ浦の内野の悪送球でこの回の先頭打者である4番市村くんが塁に出る。5番小柴くんはきっちり送りバントで1死2塁。そして、ここまで完璧な投球だった根本将汰くんが、この試合始めての四球を出す。1死1・2塁で7番幡谷くんがライト前ヒット!!!水戸一先制か???しかし、3塁を回ったところでストップ!1死満塁となった。


14 【水戸一7番幡谷くんのヒットで満塁】

 だが、水戸一は霞ヶ浦バッテリーの術中にはまり、内野ゴロでダブルプレー...。先制とはいかなかった。霞ヶ浦の根本将汰くんはテンポ良くどんどん投げ込み、水戸一の市村くんはじっくり間合いをとって慎重に投げているという対照的な2人の投げ合い。両チームチャンスはあったがモノに出来ず、前半を折り返す。 (5回裏 霞0-0水)


15

34 【水戸商トンボ、早すぎ(笑)】

 グラウンド整備明けの6回表、ここに来て水戸一の市村くんが先頭打者に四球を出してしまう。塁に出た霞ヶ浦の佐野くんはすかさず盗塁。霞ヶ浦に先制のチャンスが訪れる。期待の4番根本薫くんは打ち取られるも、2死から高橋監督が動いて代打齋藤くんを起用。齋藤くんはバッターボックスのめいいっぱい後方に立ち、水戸一市村くんの球の動きをよく見て快心のスイング!打球は右中間を破り、霞ヶ浦に待望の先制点が入った。霞ヶ浦の高橋監督の采配がズバリ的中!水戸一市村くんは先頭打者への四球が悔やまれた。 (6回表 霞1-0水)


16

17

18

19 【霞ヶ浦の代打齋藤くんが見事な先制タイムリー】

20 【その裏水戸一の代走川田くんが掻き回すも…】

 更に霞ヶ浦は、7回表に8番の1年生捕手の鈴木和樹くん、1番益子くんがヒットと追加点のチャンス。2死1・3塁で3番佐野くんのあたりは、ファーストベースを強襲し大きく跳ね上がる内野安打!霞ヶ浦に2点目が入った。ここまで、粘りの投球をみせていた水戸一の市村くんも、そのあと押し出しを含む2連続四球を与えてしまい、致命的な3点目も許してしまう。 (7回表 霞3-0水)


21 【霞ヶ浦8番鈴木和樹くんがヒットで出る!】

22 【霞ヶ浦3番佐野くんが2点目のタイムリー】

23 【押し出しで霞ヶ浦の益子くんがホームイン】

 劣勢になった水戸一。しかし、その裏に4番の市村くんが、失点の責任感から意地のセンター前ヒット!そして、盗塁も決めて望みを棄てない。その後1死1・2塁となるが、霞ヶ浦はエースの飯村くんがリリーフ。そして水戸一はその速球に押され、またもチャンスで内野ゴロダブルプレー。ホームベースがものすごく遠かった...。霞ヶ浦は磐石継投策。少しの隙も許さなかった。 (7回裏 霞3-0水)


24 【水戸一4番市村くんがヒット&盗塁】

26 【霞ヶ浦はエースの飯村くんがマウンドに】

 水戸一市村くんは、霞ヶ浦のバッターから三振を奪ったところで8回途中で無念の降板。1回戦に好投したショートの古川くんがマウンドに立った。そして、その後も霞ヶ浦の飯村くんに抑えられた水戸一打線。3番内桶くんが意地のヒット&盗塁を見せるも、後が続かずゲームセット。健闘及ばず水戸一の夏の敗戦が決まった。 (終了 霞3-0水)


27 【1塁の市村くんに「あとは任せろ!」と古川くんが登板】

25

28

29

30


■スコア

霞ヶ浦

000 001 200 = 3 H11 E1

000 000 000 = 0 H3 E0

水戸一

【霞】根本将汰(6.1/3),飯村(2.2/3),-鈴木和樹

【水】市村(7.2/3),古川(1.1/3)-早船,栗原


33

31

32 【初戦の勝利にも表情を全く変えない高橋監督】

水戸一は前半をよく無失点で切り抜けたが、5回裏の最大のチャンスをものにして先制したいところだった。逆に、霞ヶ浦の先制されてからは、流れが一気に霞ヶ浦へ。高橋監督の磐石の采配もあり、後半は力の差が出た形となった。しかし、エースの市村くんはじめ、水戸一は第2シード相手に良く健闘した。文武両道校の鏡として、また球場を沸かせてもらいたい。


35

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア