記事一覧

【夏の高校野球2016】茨城大会1回戦 友部・神栖・石岡商-下館工

アメーバ関連記事
【夏の高校野球2016】第98回全国高等学校野球選手権茨城大会

にほんブログ村



2016年7月10日(日)

ひたちなか市民球場


茨城大会1回戦

友部・神栖・石岡商 - 下館工



01

02

開幕したばかりだと思いきや、今日で早くも最後の1回戦となりました。昨日の雨とはうって変わっての快晴!絶好の野球日和となりました。ひたちなか市民球場の第1試合は、秋・春といづれも県大会に出場していて守備力の高い下館工と、友部・神栖に石岡商が加わった連合チームとの戦いとなった。正直、下館工の方が力が上。連合チームとしてはどこまで食い下がれるかに注目したい。そして、連合チームの応援も当たり前だが連合だった(笑)。


03

04

05 【先攻連合チームのスタメン】

06 【後攻下館工のスタメン】

07

連合チームの先発は、下級生のときからエースで活躍している城之内くん。制球力が良く試合を作れる力が十分にある。一方の下館工の先発は背番号11をつけた2年生右腕の山下くんだった。


08 【下館工先発背番号11山下くん】

09 【連合チームのエース城之内くん】

連合チーム城之内くんの立ち上がりだが、内野安打と味方のエラーでいきなり1死2・3塁のピンチ。ここで下館工4番関根くんに犠牲フライ、更に5番の谷中くんにはセンターオーバーの3ベースヒットを浴びる。その際、中継プレーも乱れて谷中くん自身もホームイン!いきなりの3失点と夏の初戦の洗礼を浴びた。 (1回裏 連0-3下)


10

このまま一方的な下館工のペースになるのでは?と思った2回表。連合チームはフォアボールで出たランナーをしっかり送ると、6番池田くんがライン際にぽとりと落ちるライトへのヒット!これが、3ベースとなり連合チームが1点奪取した!「連合チームもやるな!」と球場中に拍手が起こった!(2回表 連1-3下)


11

12 【連合チームは池田くんの長打で1点返す】

しかし、下館工の猛攻は止まらない。その裏、8番吉澤くんがライト前ヒットで出ると、送りバント後に1番大島くんが低めの球をコンパクトにセンター前に運び1点を追加。そして、その後1死1・3塁となったところで、マウンドの城之内くんがライトの池田くんにマウンドを譲りライトへ・・・。無念の降板となった。その後は、3番廣瀬くんがタイムリーを放ってもう1点。点差が開き始めた。 (2回裏 連1-5下)


13 【下館工の主将吉澤くんのヒットが口火に】

15 【タイムリーを放った下館工1番大島くん】

14

16

17 【連合チームは2回に池田くんがマウンドに上がる】

さすがに意気消沈したのか?3回表もランナー無しで2アウト。だが、連合チームは諦めない!ここから、2番北島くん・3番塚本くんと連打が出ると、4番の柳澤くんがレフトへタイムリー!5番の城之内くんがライトへタイムリーとなんと4連打で2点を返し、息を吹き返した!!! (3回表 連3-5下)


18 【タイムリーを放った連合チーム4番柳澤くん】

19 【連合チーム城之内くんも続く】

連合チームのマウンドを任された池田くんだが、独特の球持ちで投げ出される投球に下館工も困惑。4回裏には連合チームのミスで1点を追加するも、残塁の山を築いて前半を終了。3点差と下館工としては圧倒的な試合運びとは言えない状況だった。 (5回裏 連3-6下)


20

21

22

231 【5回からマウンドに上がった下館工1年生左腕大和田くん】

232 【ヒットでチャンスを作ってくれる連合チーム2番北島くん】

秋も春も地区予選1回戦で5回コールド負けだった連合チーム。後半は未知の世界だ。しかし、確実に夏に成長してる!けなげに野球に打ち込む彼らはやってくれた!後半に向けて円陣を組む連合チームを見てると非常に嬉しくなった。しかしながら、「負ければ終わりの夏」の戦いは非情なものだった。


24 【5回を終えて円陣を組む連合チーム】

25 【連合チーム8番塚本くんもヒットで出る】

28 【セフティーバントを決めた連合チーム1番阿部くん】

6回裏、下館工が連合チームの池田くんに対応し始める。2死1・2塁から下館工5番谷中くんの打球はレフトの頭を越える。更に、連合チームの高橋くんが懸命に追いつこう足をつってしまう・・・。下館工は2点を追加し5点差、引き離しにかかった。連合チームの淡い期待は風前の灯(ともしび)となった・・・。


26 【下館工5番谷中くんが2点タイムリー】

27 【連合チームのレフト高橋くんの足がつる】

7回裏には、ライトの城之内くんがマウンドにカムバックしたが、下館工の打線の勢いは止められず1番大島くんが6点差となるタイムリー。1死2・3塁、あと1点入ったらコールド成立・・・。1塁側は祈るような場面となった。しかし、ここで夏を終わらせまいと城之内くんがエースの責任感を見せる。下館工の上位打線を立て続けに内野フライに打ち取って意地のコールド阻止!グラウンドの連合チームナインには、まだ帰れるベンチがあった!!。 そして、そのあとの8回裏のマウンドでは、下館工を3者凡退に打ち取って9回の最後の攻撃に繋げた。(8回裏 連3-9下)


29

36 【下館工のエース中山くん】

しかし、連合チームの最終回の攻撃は、8回からマウンドに上がった下館工のエース中山くんに捻じ伏せられた。そして、連合チームの夏は終わった。でも最後の夏は、コールドではなく最終回の9回まで戦った!試合後は球場の暖かい拍手に迎えられ、涙をこらえきれない選手達の顔があった。風では消えなかった灯(ともしび)、その灯が一瞬強く光を放ち、そして静かに消えていった・・・。 (終了 連3-9下)


30

31


■スコア

友部・神栖・石岡商

012 000 000 = 3 H8 E4

320 102 10Ⅹ = 9 H15 E0

下館工

【連】城之内(1.1/3),池田(4.1/3),城之内(2)-柳澤

【下】山下(4),大和田(3),中山(2)-吉原,大内


32


33

34

ここまで連合チームを支えてきた城之内くん。最後のイニングとなった集大成の8回裏を、みごと3者凡退に打ち取った!やっぱり、神様は見てるんだなぁって、胸が熱くなった。そして9回まで戦い野球を最後まで続けた連合チームのみなさんは、今日の試合の負けと引き換えにに何にも換えがたい「人生の糧」を手に入れたことだと思います!


35

---そして、周りの関係者は何かとご苦労があったとは思いますが、今日の試合を実現してくれたことに敬意を払わさせていただき、本日のレポートを締めさせていただきます。「記憶に残る試合」をありがとうございました!


37

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア