記事一覧

【夏の高校野球2016】第98回全国高等学校野球選手権茨城大会 展望

アメーバ関連記事
【夏の高校野球2016】第98回全国高等学校野球選手権茨城大会

にほんブログ村



ついに「第98回全国高等学校野球選手権茨城大会」の組合せが決定しました!!!やはりというか、こんなところにあの高校が入ってしまったか!という展開はありました。それでは、各ブロック別にみていきたい思います。







■常総学院(第1シード)ブロック


まず1回戦の好カードとしては土浦湖北・キリスト。お互い春の県大会には出場できなかったが地力がある両校。キリストの2枚エース神尾くん・弓野くんから土浦湖北打線がどこまで打てるかという構図になりそう。果たして常総学院への挑戦権を獲るのはどちらになるだろうか?

 ここまで近年の茨城高専の躍進を支えたエースの桧山くんは、強打の鹿島学園をどこまで抑えられるかに注目だ。



■日立一(第8シード)・常磐大高(第9シード)ブロック


プロ注目の長井くんを擁するつくば秀英が常磐大高の直下に入った。春は精彩を欠いただけにどのような戦いをみせてくれるか?期待したい。ただ、常磐大高は試合をするたびにチーム力が向上している。2年生エースの平野くんには注目が集まるだろう。また、春見た限り打線も伸びしろを感じていて、更に成長しているような予感がする。

日立一の近い位置に入った科技日立。春の調子を意地すれば、シード撃破を撃破して紙面を賑わせてくれるかもしれない。また、昨夏の雪辱の相手ということもあり、モチベーションも上がるだろう。日立一は昨夏の準優勝経験者が多くアドバンテージはありそうだが、投手陣の出来次第だろうか?ただ、波に乗るとスタンドの応援を後押しに爆発的な力をみせる。



■水戸商(第4シード)ブロック


水戸商だが、序盤はエースの滝くんを温存・・・とはいかない組合せとなった。鉾田一や下館一といった手強い相手が近くにいる。打線が奮起しないと突破するのは容易でないだろう。滝くんへの依存度が少なくなってるかどうかが問われる。

反対側のブロックはどこが出てくるのか予測が難しい。やや、守谷がリードか!?1回戦の鹿島との試合は締まった好ゲームが期待できそうだ。



■藤代(第5シード)ブロック


シードの中では、こう言っちゃなんだが籤運に恵まれた藤代。100点満点の抽選会だっただろう。藤代は打線が立松兄弟を中心に頼もしさがある分、投手陣をどこまで整備できたか?に懸かっているだろう。この中で難敵と言ったら、現土浦日大監督の小菅監督が昨年度まで指揮をしていた下妻二だろう。小菅野球の土台に「伸び伸びさ」が追加され、春はいい試合を展開していた。また、投手陣豊富な多賀、夏に強い印象のある緑岡に注目だ。



■霞ヶ浦(第2シード)ブロック


昨年優勝の霞ヶ浦だが、今回はプランの立てやすい組合せで落ち着いた序盤を迎えられそう。この中では水戸一のエース市村くんの集大成のピッチングに注目したい。あとは、力の差があまりないチームが集まったので、どこが霞ヶ浦への挑戦権を獲得してもおかしくない。



■太田一(第7シード)・土浦日大(第10シード)ブロック


投打のバランスが取れた太田一だが、直下に難的の2枚エース村上くん、福田くんを擁するつくば国際が入った。また、自力のある波崎柳川もいる。このブロックは、投手の出来がいいチームが勝ちあがってくるだろう。

土浦日大も春の躍進が記憶に新しいところだが、投手陣のケガの回復次第ではあるがチーム力の高い水戸工がいて、そのほかにも豪腕エースの大木くんを擁する鬼怒商や下館工など県西の強いチームが控える。土浦日大は打線がキーになりそうだ。



■石岡一(第3シード)ブロック


今大会の抽選で最大の衝撃はここだった!春の関東大会で初勝利して、その勢いで初の甲子園を目指す石岡一の直下に、なんと細川くん・糸野くんの長距離打者が魅力の強打の明秀日立が入った。しかもその明秀日立の相手も、バッテリーがまとまっている粘りのある古河三と「なんてこった!」という組合せ。この3チームの中で勝ち上がったところはもの凄く勢いがつきそうだ。また土浦三・日立商も実力が近いチーム同士の対戦で熱戦が期待できそうだ。

その反対側は那珂・水戸桜ノ牧・清真学園の水戸勢にチャンスがありそう。



■取手松陽(第6シード)ブロック


エースで4番の古田島くん率いる取手松陽だが、監督交代のあった水城が入ってしまった。しかし、明秀日立といい水城といい、春に引き続いてくじ運がやばいです。ここも、どこが上がってくるのか予測できない。また、実力のある東洋大牛久と土浦一もいて対戦することがあれば、非常に面白いことになりそうだ。



ということで、今大会の組合せでアドバンテージを取ったシード校は、常総学院・藤代・霞ヶ浦といったところでしょうか。そのほかは波乱を予感させる組合せとなりました。ただ、そこから勝ち上がることで、疲労と引き換えに勢いを獲ることができると思います。まずは、どのチームも初戦で実力通りの力を発揮できるか?当たり前ではあるが大会までの2週間は非常に大事な時間になるだろう。この間、ケガなどないよう、どの選手も体調万全で試合に臨めるように願いたい!



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア