記事一覧

【春の高校野球2016】関東大会2回戦 東海大市原望洋-石岡一

アメーバ関連記事
【春の高校野球2016】第68回春季関東地区高校野球茨城大会
【春の高校野球2016】第68回春季関東地区高校野球関東大会
【春の高校野球2016】関東大会 常総学院と石岡一の初戦の相手とは?

にほんブログ村



2016年5月22日(日)

桐生球場


関東大会2回戦

東海大市原望洋 - 石岡一



01

02

03

05

04

関東大会の初戦を突破した石岡一の先発は、今日もエースの高崎くん。この炎天下の中ということもあり、スタミナ面がどうなのかが気になるところだ。また、捕手は背番号12の下田くんの起用となった。さて、注目の東海大市原望洋(以降「望洋」)の先発だが、エースの島村くんでも千葉大会大活躍の金久保くんでもなく、背番号10右腕の高山くんがマウンドに上がった。


06

09 【東海大市原望洋の先発は背番号10の右腕高山くん】

先に守る石岡一は、先頭バッターをアンラッキーな内野安打で出してしまう。しかし、今日起用の捕手下田くんが盗塁を刺して、立ち上がりのエース高崎くんを助けた。 (1回表 望0-0石)


07

08 【石岡一の捕手下田くんが盗塁を挿してエースを助ける】

その裏の石岡一は、2番浜田くんの好走塁と3番飛田くんのヒットもあり2死2.3塁。ここで今日初戦を迎える望洋の内野の守りは、緊張感からなのか痛恨のタイムリーエラー!石岡一は、ランナー2人が一気にホームに帰って2点を先制した。 (1回裏 望0-2石)


10

11 【石岡一2番浜田くんが盗塁を決める】

12

13 【石岡一飛田くん(前)、浜田くん(奥)がホームイン】

その後の石岡一高崎くんは、甲子園経験者の望洋4番峯尾くんなどの強打者に対して、警戒してのフォアボールを出す場面もあったが、今日は概ねコントロールが良く、要所を抑えて得点を与えない。また、望洋打線が見極めた高崎くんの低めの変化球を、今日の主審がよくストライクにしてくれるので、追い込んで低めの球を引っ掛けさせることに成功している。


17 【石岡一高崎くんが望洋の4番峯尾くんを打ち取る】

この展開には1塁側望洋スタンドのフラストレーションがたまり、「お前ら、(天下の)千葉県1位のチームなんだぞ!!(怒)」と自軍への野次が飛ぶ始末となった。 (5回表 望0-2石)


14

15 【好投の石岡一のエース高崎くん】

5回裏、石岡一は遂に望洋のプロ注目エース島くんをマウンドに引きずり出した!前評判通り、ストレートの速さ、そしてなんといってもスライダーのキレが規格外だった。石岡一は何も出来ずに2アウト。しかし、1番細井くんから始まる上位打線がしぶとく塁に出て、得点圏で3番の飛田くんまで回したところに、今後に期待を持たせてくれた。 (5回裏 望0-2石)


16 【5回裏、遂にプロ注目の東海大市原望洋のエース島くんが登場!】

18

19

20

7回裏、望洋のピッチャーが島くんに代わってから2巡目を迎える石岡一。ここで追加点を奪う大きなチャンスが訪れる。1死から9番高崎くんがセンター返しのヒットで出ると、望洋の島くんに力みが出ての連続四死球。1死満塁となる!そして、1番期待の持てる3番飛田くんがバッターボックスへ。しかし、この1球目で望洋の峯尾くんが負傷。石岡一が押せ押せの場面に水を挿す、治療による試合中断となってしまった。再開後、望洋島くんはすっかり冷静さを取り戻し、飛田くんはファーストフライに打ち取られてしまう・・・。 (7回裏 望0-2石)


21 【バックスクリーンに向かい気持ちを落ち着ける望洋バッテリー】

22

23

24 【東海大市原望洋捕手の峯岸くんが負傷で中断】

25

「ピンチの後にチャンスあり」。望洋にとってはまさにそうなった8回表となった。先ほどの攻撃で、長い間炎天下の中塁に出ていたことも手伝い、石岡一のエース高崎くんの表情に疲労感が表れてきた。そしてこの回の先頭を塁に出してしまうと、迎えるは望洋の要注意バッターである1番倉石くん。ここまでは徹底マークでうまく抑えてきた石岡一バッテリーだが、若干球威が落ちたところもあって左中間へ大きなあたりが飛ぶ。センターは追いつきかけたが左中間を割られてしまい、1塁ランナーがホームイン!打った倉石くんは3塁へ!遂に、望洋の反撃が始まった。その後、3番荒川くんにはしぶとく内野の頭を越され同点とされてしまう・・・。


26

27

28 【東海大市原望洋の1番倉石がタイムリー3ベース】

ここで、石岡一の高崎くんは降板。背番号10で右腕の土田がマウンドに上がった。対するは望洋の中軸で痺れる場面での起用となったが、気持ちが入った投球で2人の打者を仕留めて、逆転を許さなかった。 (8回表 望2-2石)


29 【石岡一は同点に追いつかれたところでエース高崎くんが降板】

30 【好リリーフを見せた石岡一土田くんがベンチに全力疾走で戻る】

9回表は1死ランナーなしから、途中出場で望洋の背番号13番樋口くんがレフト線への鮮やかな2ベースを放って出塁!思わぬ伏兵の活躍に1塁側ベンチが盛り上がる。そして、2死3塁の場面で9番鯨井くんが値千金のタイムリー!望洋は2年生2人の活躍で逆転に成功した。


31

気付けば、望洋島くんは終盤は無双のピッチング。粘りがあると評判の石岡一を力でねじ伏せた。結局、島くんは5回を10奪三振と要所で1対1の対決で絶対的な強さを見せて、得点を許さなかった。 (終了 望3-2石)


32


■スコア

東海大市原望洋

000 000 021 = 3 H9 E2

200 000 000 = 2 H5 E2

石岡一

【望】高山(4)、島(5)-峯尾

【石】高崎(7.1/3)、土田(1.2/3)-下田


34


 石岡一のエース高崎くんは昨日は打線に助けられた分、今日は自らの投球で試合を作った。東海大市原望洋の強力打線に対して、関東大会という舞台でここまでの投球ができたことは、相当な自信になったことだろう。「甲子園」に行くには、ほかの投手の起用方法も含めて、高崎くんのスタミナの消耗を最小限にしていくかが最重要ポイントとなるだろう。川井監督の夏の投手の起用法にも注目が集まりそうだ。


33

 ただ欲を言えば、この試合も勝って高崎くん以外の投手にも大きな舞台でのマウンドを経験させたかった。中押しのチャンスの場面が2回あったが、あそこで得点できていれば勝っていた試合だったかもしれない。しかし、石岡一にとって今回の関東大会は、夏へ向けての大きな弾みになったことは間違いない!!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア