記事一覧

【春の高校野球2016】関東大会2回戦 常総学院-千葉黎明

アメーバ関連記事
【春の高校野球2016】第68回春季関東地区高校野球茨城大会
【春の高校野球2016】第68回春季関東地区高校野球関東大会
【春の高校野球2016】関東大会 常総学院と石岡一の初戦の相手とは?

にほんブログ村



2016年5月22日(日)

桐生球場


関東大会2回戦

常総学院 - 千葉黎明



01

 常総学院は、左腕の鈴木昭汰くんが先発!エース復活ののろしを上げて夏に向けて勢いをつけたい春の関東大会!相手は千葉で3本の指に入る投手、右腕の川口くん擁する千葉黎明。試合はこの二人による投手戦が予想された。常総学院のオーダーだが、県大会最強の1・2番コンビでは存在せず、陶山くんは8番に座る。下位打線にポイントなるバッターがいないための起用法なのか?また、問題のキャッチャーは木村くんがマスクを被った。どうも投手との相性での起用らしい。



02

03

 先に守るのは常総学院。春の選抜以来の公式戦のマウンドとなる鈴木くんだが、やや球数は多いながらも2つの三振を奪う無難な立ち上がりを見せる。一方の千葉黎明川口くんも常総学院4番の宮里くんから空振り三振を奪う見事な立ち上がり。序盤は予想通りこの二人の投手戦となった。 (3回裏 黎0-0常)


04 【復活なるか?常総学院のエース鈴木昭汰くん】

05 【千葉黎明のエース川口くん】

 4回表、常総学院に悪夢が訪れる。千葉黎明の打者がバットにちょこんと当てるヒットを連発し、面白いように外野の前に落ちる。常総学院鈴木くんとしては、バッターにバッティングはさせていないものの無死1・2塁とピンチを作ってしまう。いつもの鈴木くんなら、このような不運な状況でもエースらしく無失点で踏ん張ってくれるのだが、今日は違かった・・・。


 その直後、不用意の投げたボールを千葉黎明7番根本くんに左中間を破られ2失点。千葉黎明応援団が盛り上がる!その後も千葉黎明9番佐々木くんにタイムリーを許した鈴木くんは、送りバント処理で集中力を切らしてファーストへの悪送球・・・。ここで無念の降板となってしまった・・・。常総学院はその後伊藤くんにスイッチするも、千葉黎明の勢いをとめられずこの回ショッキングな5失点となってしまう。 (4回表 黎5-0常)


06

07 【千葉黎明7番根本くんに痛恨の2点タイムリーを浴びる】

 4回裏、それでも「さすが常総学院」と思わせたのは、この回すかさず2点を返したところ。5番石川くんのサード強襲ヒットから始まって、7番宮谷くんの犠牲フライで1点、8番陶山くんのセカンドゴロの間に1点と地味ながら返していった。


 常総学院は「よし!ここから!」という重要な5回表の守りだったが、この回から登板した背番号10の倉田くんがピリッとしない。ヒットと自らのミスでランナーを貯めると、千葉黎明1番藤江くんのライトへ「痛恨の3ランホームラン」を打たれてしまう・・・。しかも、相手の投手が好投手の川口くんということもあり、6点差が重くのしかかる前半となった。 (5回裏 黎8-2常)


08

09 【追い上げムードも吹き飛んだ千葉黎明1番藤江くんの3ランHR】

 7回表、常総学院倉田くんは死球2つでまた塁を埋めてしまう。ここで、警戒していた千葉黎明4番島村くんに2点タイムリーを浴びてしまい8点差・・・。なんと、コールド圏内となってしまった。しかし、その裏の常総学院は3番花輪くん、4番宮里くんの意地のタイムリーでコールドを阻止した。


11 【マークしてた千葉黎明4番島村くんにもタイムリーを許す】

10 【常総学院3番花輪くんが意地のタイムリー3ベース!】

12 【コールド阻止のタイムリーを放った常総学院4番宮里くん】

 「あと2回...奇跡は起こるか?」という想いだったが、7回途中から登板した樫村くんまで、8回表にまさかの4失点・・・。これにはさすがの常総学院も対応できず、まさかの「8回コールド負け」。送り込んだ投手陣全員がことごとく攻略されてのショックが残る敗戦となってしまった。



13


■スコア

千葉黎明

000 530 24 = 14 H17 E1

000 200 20 = 4 H10 E1

常総学院

(8回コールド)

【黎】川口(7)、十和田(1)-谷

【常】鈴木昭(3.0/3)、伊藤(1)、倉田(2.2/3)、樫村(1.1/3)-木村、清水

*本塁打 藤江(黎)★3ラン


14


 この試合結果はさすがに予想できなかった。常総学院のコールド負けってここ最近はあまり記憶がない。春の大会は夏への余興という人もいるかもしれないが、この敗戦はさすがに夏にも尾を引きそうだ。絶対的エースと謳われた鈴木昭汰くんも、怪我の影響はあるかもしれないにしても、その肩書きを返上しなくてはいけない状況となった。しかも、その後出た投手がことごとく打たれての敗戦。これを夏までの短い期間にどうやって修正してくるのだろうか?また、陶山くんは途中で下げられたことから、下位打線に厚みを持たせるための8番起用ではなく、単に不調だったのだろう。同じく県大会好調だった有村くんは徹底マークにあって仕事をさせて貰えなかった。唯一の光明は、中軸特に花輪くんが安定した力を発揮してるところだろうか・・・。


15

 選抜で初戦敗退した飯田くんの代は、春関で帝京の好投手を大劣勢の中で捕らえて逆転勝利し、そこからきっかけを作って夏に全国ベスト8を果たした。あのときは、打線が絶不調だったが夏に盛り返した。しかし、この代は春関できっかけを掴むどころか課題を山積・・・。


 選抜に出場し、夏の茨城大会第一シードの常総学院には奮起して欲しいところだが、この状況からは「絶対的」に優位とは言えなくなった。正直この夏の茨城大会は、どこが優勝してもおかしくない状況となるだろう。夏までに他のチームよりも努力したところ・ピークをもってきたところが、前評判・ネームバリューに関係なく「甲子園」の切符を掴みそうだ!!県立校の頑張り、また新興勢力もどんどん出てきて、茨城の勢力図が書き換えられる過渡期に突入したのかもしれない・・・。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア