記事一覧

【春の高校野球2016】関東大会1回戦 前橋-石岡一

アメーバ関連記事
【春の高校野球2016】第68回春季関東地区高校野球茨城大会
【春の高校野球2016】第68回春季関東地区高校野球関東大会
【春の高校野球2016】関東大会 常総学院と石岡一の初戦の相手とは?

にほんブログ村



2016年5月21日(土)

上毛新聞敷島球場


関東大会1回戦

前橋 - 石岡一


01

 開会式後の開幕試合は、関東中から集まった高校野球ファンと、今大会参加するライバルチームが注目を送る中の非常に緊迫した状態で行われた。気候は、風はそれほどなかったが、気温は夏のような暑さだ。


02

03

 後攻の石岡一のマウンドはエースの高崎くん。そして4番は関東大会出場の立役者でもある1年生の深作くんが座る。対する先攻の前橋は、やはり予想通りエースの右腕相馬くんがマウンドに立つ。2番の船津くんは非常に当たっているバッターで要注意だ。


04

05

06 【石岡一の先発はエースの高崎くん】

10 【前橋の先発はエースの相馬くん】

 石岡一高崎くんの立ち上がりだが、ややボールが先行。開幕戦の緊張からか?置きにいったストライクを取りに行くボールを前橋の上位打線に痛打されての3連打。あっさり1点を失う。尚も無死満塁のピンチ・・・。すると、茨城大会の高崎くんでは考えられない押し出しのフォアボール。石岡一はあっけなく相手に2点を許してしまい、暗雲が立ち込める・・・。 (1回表 前2-0石)


07

08 【1回表、前橋が先制のホームを踏む】

09

 前橋のエース相馬くんはコースを丁寧に付く投球。しかし、石岡一の打者は術中にはまる場面もあったが、そのきわどいコース(とくに低めの変化球)には手を出さずに2つの四球を選ぶ。でも結局最後はサードゴロ。チェンジかな・・・と誰もが思ったが、なんと前橋ファースト船津くんが痛恨の後逸!二人のランナーが一気にホームに帰って同点。やはり、これも関東大会という大きな舞台の緊張からなのだろう。 (1回裏 前2-2石)


11 【石岡一よく見て2つの四球を選ぶ】

12

13 【石岡一は相手のエラーで同点!】

 2回表、そのエラーした前橋船津くんが奮起する。相手のエラーなどで1死2・3塁。ここで、汚名返上のセンターへの2点タイムリーを放ってミスを帳消しにする。逆に石岡一は、内野・外野・バッテリーにエラーが出てしまい、1塁側の真っ白な「いけいけ前橋」の雰囲気に飲み込まれてしまった。 (2回表 前4-2石)


14 【前橋2番船津が汚名返上の2点タイムリー】

 3回裏の石岡一の攻撃は、川井監督の「早打ちはダメだよ!よく見ろ!」という号令で始まる。この回は打順良く1番の細井くんから。そしてその細井くんが監督の指示を守り、ボールをよく見てカウントを良くしてからのレフト前ヒット!ようやくチーム初ヒットが生まれる。その後の送りバントは失敗したものの、3番飛田くんの打席でエンドランが成功。そして、1死1・3塁で4番深作くんがしっかりとタイムリーを放って1点差。やっと、石岡一にエンジンがかかってきた。 (3回裏 前4-3石)


15 【チーム初ヒットで塁に出た石岡一1番細井くん】

16

18 【タイムリーを放った1年生4番深作くん】

 石岡一のエース高崎くんも本来のピッチングではないが徐々に調子を取り戻し、我慢のマウンドでスコアボードにゼロを連ねていく。一方の前橋のエース相馬くんも、石岡一の下位打線に対しては、きわどいコースを打たせるいつも通りのピッチング。試合がようやく落ち着き、前橋が1点リードで前半を折り返す。 (5回裏 前4-3石)


32

 6回裏、石岡一3番飛田くんがレフト前にヒットを放って塁に出る。すると、スタミナに課題があるのだろうか?前橋のエース相馬くんの球威がガクっと落ちる。更に、石岡一のバッターによくボールを見られて連続四球。そして球数も多い。1死満塁と石岡一は逆転のチャンス!ここで7番小仁所(こにしょ)くんの打球はライトへの大きなあたり!!入った???すると、前橋のライトが背中を向けて悔しがっている・・・。なんと、関東大会という大舞台で小仁所くんが逆転満塁ホームラン!!!球場中が盛り上がり、流れが石岡一にガラっと傾いた! (6回裏 前4-7石)


19 【この回先頭の3番飛田くんがヒットで出る】

20

21

22

23 【石岡一7番小仁所くん、逆転満塁ホームラン!!!】

 8回表、逆転した直後なのでしっかり抑えたい石岡一だったが、高崎くんが連続四球を出してしまう。この暑さと序盤のドタバタで、明らかに疲労が出ている。挙句の果てには自ら送りバントを3塁へフィルダースチョイスしてしまい無死満塁の大きな山場を迎えてしまう・・・。


24

 そして、前橋の8番田端くんの当たりはショートゴロ。ゲッツーも崩れてランナーがホームインした・・・ん???しかし2塁審が何か騒いでる!?そして、試合は中断・・・。いったい何が起こったんだろう?固唾を呑んで主審のアナウンスを待つ球場・・・。すると、妨害したランナーと打者がアウト!ホームインしたはずのランナーも戻されて、なんと得点なしで2死2・3塁となった!このプレーには球場が騒然となったが、実は2累審のジャッジは正しかった(下記の※※規定参照)。(1塁側にいたので「何でだよ~?」って演技しちゃったけど、心の中ではラッキー!)。そして、前橋は結局この回無得点となった。 (8回表 前4-7石)


25

26

 9回表、前橋は1番亀津くんがヒットで出る。しかし、先ほどの8回表の出来事で意気消沈してしまった前橋は、期待の2番船津くん、4番三上くんが凡退しゲームセット!乱戦となった関東大会の開幕試合は石岡一が制した! (終了 前4-7石)



27

28


■スコア

前橋

220 000 000 = 4 H9 E1

201 004 00X = 7 H6 E3

石岡一

【前】相馬(8)、須永(1)-田端

【石】高崎(9)-原田

*本塁打 小仁所(石)★満塁


31


 石岡一は嬉しい関東大会初勝利!試合内容は思い描いてたものとは違ったかもしれないが、勝ちは勝ち!今日はあの緊張感からエラーが3つ出てしまったが、いい意味で気にしないですぐ切り替えていいと思う。若干1年生の深作くんが守備面で不慣れな点がみえるが、試合を重ねるたびに順応していくだろう。ただ、後半さりげなくファーストを小仁所くんに代えていたところは、さすが川井監督といったところだが。


33 【関東大会で石岡一を初勝利に導いた川井監督】

17 【まだ粗削りだが、今後に期待が膨らむ1年生4番深作くん】

 高崎くんは本来の投球ではなかったが、結果として3回以降得点を許さなかったのはさすがエース!そして、なんと言っても、今日は逆転満塁ホームランを放った小仁所くんに尽きるだろう。本当、あのホームランはすごかった!1塁側で観戦していたが、周囲は完全に沈黙・・・。いや~超気持ち良かった!!一人で小さく「よしよしよし!」とつぶやきながらガッツポーズしていました。(石岡一ベンチを撮りたいので味方を装って敵陣に突入してました)


29

 明日は、千葉1位の実力校である東海大市原望洋。この大型チームにどこまで通用するのか?思い切りぶつかってほしい!!


30

※※走者が明らかに併殺を阻止しようとして、故意に打球を妨げたり、打球処理しようとしている野手を妨げたりした場合。この場合、走者がアウトになるのはもちろん、野手がどこで併殺を狙おうとしていたかに関係なく、打者走者もアウトになり、他の走者には進塁が認められない。



関連記事

コメント

1. 無題

石一勝ちましたか!

明日は何とかくらいついていってほしい。
常総も楽しみです。

2. ルール有り難うございます

なるほど、ルール解説有り難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア