記事一覧

【春の高校野球2016】茨城大会1回戦 佐和-つくば国際

アメーバ関連記事
【春の高校野球2016】第68回春季関東地区高校野球茨城大会

にほんブログ村



2016年4月29日(金)

笠間市民球場


茨城大会1回戦

佐和 - つくば国際



01

 つくば国際は、県南予選の中では楽ではないブロックに入ったが、土浦湖北との接戦も制しての県大会進出。投手陣が非常に安定していてる。ただ、昨年のように絶対的なエースが1人で投げるという訳ではなく、これまでの戦いから継投策を使ってくる模様。そのタイミングを間違わないようにしたい。また、打線は積極的に足を絡めてくる印象。ノーヒットでも点数を取る力がある。


02

 一方の佐和は、投手の柱が左腕の大谷くん。スピードはそこそこだが低めの大きく曲がる変化球で打たせてとるイメージ。それだけに守りがエラーを出さずに大谷くんを助けてあげられるかがポイントだ。そして、打線はチャンスを確実に活かして、つくば国際の投手陣からいかに得点できるかだ。先攻はつくば国際、後攻は佐和で試合が始まった。


03 【佐和先発の左腕大谷くん】

 1回表、マウンドの佐和大谷くんは緊張した面持ち。つくば国際の2番福田くんに足で掻き回され3塁まで進めてしまうと、内野陣も動きが固くタイムリーエラー先制点を献上。相手の投手陣がいいだけに痛い失点となった。 (1回表 つ1-0佐)


04

 それに対してつくば国際の先発で背番号1をつけた村上くんは、ゴツい体つきから放たれるパワーのあるボールが魅力。ボールのリリースポイントも良く低めにズバズバ決まり、佐和の打者に仕事をさせなかった。しかし、つくば国際は攻撃面で空回りする。積極的な走塁を仕掛けるもののことごとく失敗し、佐和の選手の緊張も溶けていく・・・。 (3回表 つ1-0佐)


05 【つくば国際の先発は背番号1の豪腕村上くん】

06

 3回裏、つくば国際の村上くんは、ストレートは良かったものの、今日は変化球のコントロールに苦しむ。そこで、下位打線にフォアボールを出してしまうと、2巡目ということもあり、佐和の2番平野くんがジャストミートのタイムリー3塁打を打たれる!一気に佐和ベンチが盛り上がる。そして、その雰囲気に呑まれたつくば国際はバッテリーエラーも出してしまい、あっさりと逆転を許してしまう。 (3回裏 つ1-2佐)


07

08

09

10 【佐和の2番平野くんが同点となる3塁打!!】

 5回表、ここまで丁寧に投げてきた佐和の大谷くんだが、つくば国際打線に捕まる。先頭の6番湯浅くんにレフトオーバーの2ベース。7番金子くんにはライトへの3ベースを浴びて同点。更には好調の上位打線にも連打を浴びて逆転を許す。一方つくば国際は、その裏から背番号4をつけた福田くんがマウンドへ。キレイな投球フォームからスピンのかかったキレのあるボールを投げる。そして、期待通りの3者凡退。逆転したあとにきちんと締めて流れを引き寄せる。 (5回裏 つ3-2佐)


11 【レフトオーバーの2塁打でチャンスを演出するつくば国際6番湯浅くん】

12

13

14 【同点の3塁打を放ったつくば国際7番金子くん】

15 【5回裏からマウンドに上がったつくば国際福田くん】

 6回裏、佐和もこのままではいけないと奮起。1番小室くんのヒットでこの回が始まると2番平野くんがレフトオーバーのタイムリー2ベース!同点に追いつく。平野くんは、今日はいいところで良く打ってくれる。また、レフト方向の打球が尋常じゃなく伸びる。しかし、その後もチャンスは続いたが、4番岡崎くんのヒット性の当たりは野手の正面となって、逆転するには至らなかった。 (6回裏 つ3-3佐)


16

17 【佐和1番石原くんが懸命に走って同点】

 7回表、この回は突如佐和の大谷くんの様子がおかしくなり3つの四死球で2死満塁。そして当たっているつくば国際の2番福田くんに1ボールナッシングとなったところで、アクシデント発生!!!佐和の大谷くんが苦しそうにマウンドに倒れこむ。そして試合は一時中断・・・・・。代わりのピッチャーがすぐ出てこない・・・。そして、しばらくすると大谷くんがベンチから出てきて暖かい拍手が!足を攣った感じだったのかな?しかし、状況は満塁で当たっている打者。やはり、中断の影響もありフォアボール・・・。押し出しで相手の勝ち越しを許してしまう。 (7回表 つ4-3佐)


18

19

20

21 【佐和のエース大谷くんにアクシデント!】

 佐和はさすがに大谷を諦めてセンターを守っていた背番号8の沼田くんをマウンドへ。右のオーバーハンドでバランスも悪くない。急遽登板ということもありボール先行だったが、8回表は期待に応えて無失点。しかし、9回表はボークの判定を受け、つくば国際1番石原くんにタイムリーを許し追加点。その裏佐和は1死2・3塁とするが、あと1本が出ずに無得点。つくば国際が2回戦進出を決めた。


22 【8回表からマウンドに上がった佐和の沼田くん】

23

24

25

26 【つくば国際は主将の石原くんが決勝打!!】

27 【佐和も最後粘るが・・・】


■スコア

つくば国際

100 020 101 = 5 H8 E0

002 001 000 = 3 H5 E2

佐和

【つ】村上(4)、福田(5)-宇野

【佐】大谷(7)、沼田(2)-石川


29

佐和は6回裏に同点に追いつきいい雰囲気になったが、7回表の中断でちょっとその雰囲気もフェードアウトしてしまった。やはり大谷くんの信頼度が高いのか?ひっぱり過ぎた感がある。チームとしては現状として仕方ないのかもしれないが、夏に向けて勝ち進むのならば2番手・3番手の経験値のUPは必須。あとは、下位打線の強化だと思う。ただ、県南の強敵に対してここまでできるのだから、よく敗戦の検証をして課題を持って練習すれば、紙面を賑わす活躍も期待できるチームとなるだろう。


28

つくば国際は、持ち味である積極的な走塁が失敗してノリ切れずに混戦となってしまったが、そういう日もあるということでナイスチャレンジだったと思う。足を使った攻撃は夏には非常に有効だし・・・。あとは、村上くんと福田くんの2投手の存在が大きい。継投のタイミングさえ失敗しなければ、失点が計算できる。同じ右腕だがタイプも違う。村上くんが「ドンッ!」、福田くんが「シュッ!」といった感じ。前者が北斗神拳で後者が南斗聖拳といったところだろうか!?冗談はさておき、当たってないバッターにも当たりが出て機動力も噛み合えば、相当な力を発揮するだろう。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア