記事一覧

【春の高校野球2016】茨城大会1回戦 多賀-土浦日大

アメーバ関連記事
【春の高校野球2016】第68回春季関東地区高校野球茨城大会

にほんブログ村



2016年4月27日(水)

日立市民球場


茨城大会1回戦

多賀 - 土浦日大



01 【この春から土浦日大のユニフォームに袖を通した小菅監督(左)】

 この春から土浦日大の指揮を執る元下妻二の小菅監督。あの取手二が全国優勝したときにサードを守っていたのが小菅監督だ。下妻二でも甲子園の土を踏んだが、この度県立というリミッターが解除され、私立で思う存分手腕を揮える。就任して早々の春、どこまで勝ち進めるか?注目が集まる!また、1年生の注目投手富田くんは地区予選の難敵土浦三でデビューを果たし1失点の完投勝利。果たして今日は投げるだろうか?こちらも注目だ。


02

 秋はベスト4太田一に地区予選で惜敗した多賀。県大会に出場せず注目を浴びなかったが実力は十分にある。特に投手陣は豊富。池ヶ谷くんをはじめ安島くんなども控える。だが、地区の代表決定戦では大量失点してやや不安が残る。数日で調整できているかが気になるところ。一冬越した打撃力のアップに期待がかかる。


03

 土浦日大の先発は1年生の富田くんでも、昨年からマウンドを経験してる背番号1の蓮見くんでもなかった。背番号11をつけた左腕の宮下くんがマウンドに上がった。球速はそこそこだが変化球がいいところに決まり、多賀のバッターのタイミングをはずし、初回は危なげなく3者凡退に打ち取った。 (1回表 多0-0土)


08 【土浦日大は背番号11の左腕宮下くんがマウンドに立つ】

 多賀の先発は背番号10で右腕の高橋くん。こちらも打たせて取るタイプの投手。2人の打者をイメージ通りの内野ゴロに打ち取り2アウト。何もないと思われたが、ここから新生土浦日大の脅威を感じることになる。3番関根くんにセンターオーバーの3ベースを打たれてしまうと、先制点は許したくないと土浦日大の中軸に対して力んでしまい連続フォアボール。2死満塁となる。すると、下位打線に低めのボールをコンパクトに振られて3連打・・・。あっと言う間に5点を失ってしまう。多賀は早くも池ヶ谷くんをマウンドに上げるが、外野が目測を失うなどして更に1点を失ってしまう。 (1回裏 多0-6土)


04 【土浦日大3番関根くんがセンターオーバーの3ベース!】

05

06 【土浦日大6番青野遼太郎くんが先制の3点タイムリー】

 2回裏、多賀は初回の大量失点で集中力が切れていた。土浦日大は相手のエラーでノーアウトのランナーをもらう。その後ヒットと送りバント、さらには相手の守りの隙をついて1点追加。更に1死1・3塁できっちりスクイズをして加点。小菅監督が相手が守りで動揺してる間に、間髪入れずに動いてきた。 (2回裏 多0-8土)


09

11

12

 多賀は少しでも得点をあげて反撃したいところだが、土浦日大宮下くんの高低差をうまく使った投球に翻弄。5回表までに散発の3安打と苦しめられる。5回表、味方の援護が期待できずに力が入ってしまった池ヶ谷くんはフォアボールを連発。更にボークの判定や味方のエラーなどで集中力を切らしてしまい、気付いたときには2失点。この時点でコールドゲームが成立。試合は思わぬ展開で幕を閉じた。 (終了 多0-10x土 5回コールド)


13 【5回表、多賀は代打志村くんがヒットで出塁】

14


■スコア

多賀

000 00 = 0 H3 E2

620 02x = 0 H10 E0

土浦日大

(5回コールド)

【多】高橋(2/3)、池ヶ谷(3.2/3)-駒木根

【総】宮下(5)-木村


15


小菅監督は就任早々の県大会での勝利。よく走り、バントなどの小技も冴えて、正直短期間でここまで小菅監督の野球が浸透していたことに驚いた。大きい当たりを狙わず、なるべくフライを上げず、外野前に落ちるようなバットの入れ方。打席での揺さぶりや相手投手の状況を見たウェイティング、塁に出ての揺さぶりや積極的な走塁。相手の嫌なことを徹底的に間髪入れずにやってくる。あと、初回に大量得点を取ったあとの対応もすばらしい。その次の守りで投手がゼロに抑えることはもちろんのこと、スクイズなどでしっかり加点したところは、よく気をつけているな~と感じた。藤代が甲子園で初回8得点取ったとき、その裏大垣日大が4点をすかさず返した。しかし、あそこをゼロに抑えて2回表に1点取っていたらどうなっていただろう??ということだ。相手の戦意を喪失させた2回裏のスクイズには、さすがだな~~って感服した。


10 【土浦日大は隙あらば次の塁を狙う】

多賀は地区予選でも初回の大量失点があって、修正が全くされてなかった。正直、投手の起用方法に疑問を感じる。初回の連続フォアボールの時点で継投か、遅くてもその後に2点タイムリーを打たれた時点で継投かな?と思った。投手陣も豊富なことだし・・・。更に池ヶ谷くんに代わってから、守りが足を引っ張ってしまい反撃ムードも起きなかった。大量失点でもまだ初回だし、諦めずにコツコツ返していきたかった。池ヶ谷くんも味方のエラーが絡まなければそうそう失点するような雰囲気でもなかったので非常に残念だ。夏に奮起できるかは、チームをどう纏められるか?気持ちの面で一枚岩になれば粘りも出てくるし活躍できる力量もあるので、いい意味でリセットしてもらいたい。


07 【継投した多賀の背番号1池ヶ谷くん】

しかし平日で駐車場満車とか、休日で注目のカードとかになったらどうなるの??球場のキャパと駐車場のキャパの乖離が激しいですね。車の場合は臨時駐車場も一応あるけど、早めに駐車場を確保しないと厳しいことに・・・。自分の場合は、早めに来て駐車場を確保して、けっこうキツイ上り坂を10分ほど歩いて6国沿いのデニーズでゆっくり朝食&トイレの確保といったところです。あとは、混む場合は逆にバスのほうがストレスがないかもしれないです。本数もそれなりに出てるし休日の朝ならスイスイ行くし。


16

18

17

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア