記事一覧

【春の高校野球2016】茨城大会県西地区代表決定戦 下館一-総和工

アメーバ関連記事
【春の高校野球2016】第68回春季関東地区高校野球茨城大会
【春の高校野球2016】茨城予選大会 県西地区

にほんブログ村



2016年4月17日(日)

結城鹿窪球場


茨城大会県西地区代表決定戦

下館一 - 総和工



01

09

シードの下館一は秋ベスト16と霞ヶ浦には負けたものの結果は出した。シードポイントもある程度あるのでこの春は県大会ベスト8には入って夏のシードを勝ち取りたい。あと捕手だが、この春は町田くんがマスクを被っている。夏は鯉渕くん、秋は物井くんとコンバートが続いている。投げるのはエースの篠崎くん。ゴツい体格から投げるストレートは威力抜群だ。一方の総和工は昨年のしっかりしたバッテリーが抜けて、なかなか結果の出ない秋だった。投打噛み合い走塁を絡めて、知久くんを中心に好投手を攻略したい。


 それにしても今日はひどい強風で、雨も降ってくる始末。両校とも守りは最大限の注意が必要だ。


02

 下館一は初回のチャンスを潰すものの、2回表に死球で貯めたランナーを主将飯田くんが右中間のエンタイトルツーベースで返し2点を先制。更に3回表の物井くんにはソロホームランが飛び出し、序盤から優位に試合を運ぶ。総和工は無駄な四死球やエラーが響いてしまい。、どんどん点差を離されてしまう。 (5回裏 下5-0総)


06

07 【先制タイムリーの下館一主将飯田くん】

08 【ホームランなど当たっている下館一物井くん(左)】

 下館一は6回表も物井くんがチャンスを作り、8番篠崎くんがレフトオーバーのタイムリーを放つなど試合を決めにかかる。7点差で迎えた7回裏。総和工は下位打線が繋ぎ2死1・2塁。そして1番進藤くんの当たりはライト前ヒット!ランナーは3塁を回ってホームクロスプレーとなり総和工はコールドを阻止できるか?。判定は・・・・・アウト!!下館一が県大会進出を決めた。


05 【下館一のエース篠崎くん】

13

14

15 【7回裏、ホームクロスプレー】


■スコア

下館一

012 202 0 = 7 H10 E1

000 000 0 = 0 H5 E1

総和工

(7回コールド)

【下】篠崎(7)-町田

【総】斉藤(3.2/3)、上竹(1.1/3)、大竹(2)-鈴木

*本塁打 物井(下)



 下館一は最後は捉えられたが、エースの篠崎くんが貫禄のある力のこもった投球で総和工打線をねじ伏せた。打つほうは飯田くんと物井くんが絶好調!!パワプロで言いうとピンクのマークが飛び跳ねてる状態でしょうか。このままの状態で県大会に入ってほしいです。ただ、反省点としては、相手が自滅しかけてるのに無駄に動いてしまって失敗したあたりだろうか!県大会ではいかに勝負どころで自分達がものに出来るプレーが出来るかだろう。もう、昨夏のような悲劇は繰り返したくない。


03

11 【県大会出場を決めた下館一片岡監督(中央)】

 総和工は、初回のチャンスで得点できなかったことが非常に大きい。あとは、投手陣が試合を作れなかったこと。7回で12四死球ではどうしようもないく、夏までに制球力を磨いていくしかない。斉藤くんは初回下館一のクリーンナップを三者三振に打ち取るなど可能性を感じるピッチングではあった。打つほうはランナーは出すものの打線が繋がらなかったり、無理な走塁でランナーを失ってしまったことなどが課題だろう。全体的に粗さが目立ってしまったので、夏までに精度を高めて行きたい。


04 【先発した総和工の斉藤くん】

16

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア