記事一覧

【春の高校野球2016】茨城大会水戸地区代表決定戦 水城-那珂

アメーバ関連記事
【春の高校野球2016】第68回春季関東地区高校野球茨城大会
【春の高校野球2016】茨城予選大会 水戸地区

にほんブログ村



2016年4月18日(月)

水戸市民球場


茨城大会水戸地区代表決定戦

水城 - 那珂



01

 私立の強豪水城の登場だが、関係者としてはここで試合をするのは不本意だろう。秋は県立の太田一に惜敗しベスト4とこの春のシードを逃した。昨年の夏もベスト8で日立一に大逆転を喰らうなど最近はベスト8の壁が突破できない状態。この春はプライドをかけて、常総学院・霞ヶ浦・明秀日立などから勝利を挙げて存在感を示したい。しかし、そんな中でも新1年生は有望選手が多数入学し先が楽しみになってきた。


02

 那珂は水戸桜ノ牧から海野くんのホームランなど9得点を上げて勝利!強豪水城にどこまで自分達の野球が通用するか?また、雨天順延で連投になる恐れがあった投手陣に2日間の休みが与えれれた。そして那珂は水戸桜ノ牧で完投したエースの左腕小沢がマウンドに上がった。


03

04 【那珂の先発は左腕のエース小沢くん】

 後攻の水城は1回裏、相手にもらったフォアボールのランナーをしっかり送り、期待の4番前島くんがレフト線へツーベースを放って先制!水城にとって、春の公式戦初戦の入り方としては最高の形だった。 (1回裏 那0-1水)


05

06 【先制点を叩き出した水城4番前島くん】

 初回は難無く3者凡退で切り抜けた水城の左腕中島くんだが、先頭打者にフォアボールを与えてしまう。すると今度はゴロの処理をもたつきエラー。いくら水城の選手とはいえ、久々の公式戦は緊張するのだろう。その後併殺崩れもあり1死1・3塁のピンチを迎える。そして、不用意に投げたボールは那珂の7番小沢くんに狙い打たれ、2点タイムリーヒットを与えてしまった。攻撃ではいい形で先制しながら、早々に逆転されてしまい流れを引き込めなかった。 (2回表 那2-1水)


07 【ピンチを招き渋い表情の水城の先発中島くん】

08

09 【那珂7番小沢くんのヒットで岩崎くん(中央)・鈴木くん(右)が生還】

 水城は3回表で早々と継投。2番手として右オーバーハンドの黒木くんがマウンドに上がった。低目にコントロールして内野ゴロを量産する打たせてとるタイプ。この回をしっかりゼロに抑えて、バタバタした状態を落ち着かせた。すると、水城打線は盗塁など足を絡めてチャンスを作り、2番笹嶋くんがタイムリーを放ちすぐさま同点に追いた。 (3回裏 那2-2水)


10 【水城は3回から背番号10の黒木くんがマウンドへ】

12

11

27

 5回裏、水城は1死から1番樫村くんが高めの甘い球をしっかり叩いて出塁。盗塁も決めて迎えるは3番根本くん。さすが注目のバッターだけに軽々とレフトへのタイムリーツーバースヒット。1点を勝ち越す!しかしながら那珂は、サードの鈴木くんが前半にファインプレーを連発したり、この回はライト安掛くんの特大フライをキャッチするなど、守りでリズムを作りベンチが盛り上がる。リードしているのは水城だが、どっちに流れが行ってるのか分からない雰囲気だった。 (5回裏 那2-3水)


13

14 【水城の3番根本くんがレフト線へタイムリー】

 水城は後半に入って引き離しにかかる。7番の代打石川くんがセンター方面にヒットを放ち、フォアボールのランナーはエンドランで3塁へ。1死1・3塁のチャンスを迎えた。そして水城はここでスクイズ!しかし、ピッチャーの正面に転がり失敗・・・。なかなかスカッとした展開にならず、モヤモヤが積もる。 (6回裏 那2-3水)


15

16 【水城はエンドランが決まる(走者は中根くん)】

17 【那珂は水城のスクイズを阻止!!】

 そんな中だが、3回にリリーフした黒木くんは、攻撃陣の詰めの甘さにも何食わぬ顔で自分のピッチングを貫く。投げ急がずに淡々としていて、5回以降は那珂打線をすべて3者凡退に抑える安定感を見せた。それと、ショート樫村くんの守備がすばらしい!特にスローイングは目を見張るものがある。 (7回表 那2-3水)


21 【水城のショート樫村くん】

 7回裏、ここまで強豪水城相手に好守備などで1点差で持ちこたえていた那珂だったが、痛いところで守りのミスが出てしまう。水城の3番根本くんのヒットなどで1死1・2塁。迎えるはまたも強打者の前島くんだったが、エースの小沢くんが内野ゴロに打ち取る。ラッキーと思いきや、ゲッツーを焦ってしまいチェンジのはずが1死満塁。そして、5番朝倉くんの犠牲フライを打たれて痛恨の失点となった。 (7回裏 那2-4水)


22

18

19

20 【水城は5番朝倉の犠牲フライで貴重な追加点】

 9回表、水城は安定して投げていた黒木くんを下げて、背番号20の選手がマウンドに走って行く。1年生で」軟式出身の右腕征矢くんが公式戦デビューを果たした。投球を見てビックリ。球速はどのくらいなのか分からないが相当速い。コントロールも良くてテンポも速い。1年生のデビュー戦とは思えないマウンドさばきで1番から始まる最終回「の那珂打線をあっさりと3者凡退。あっけにとられる間に試合終了・・・。なんだかすごい投手が出てきた。 (終了 那2-4水)


23 【水城の1年生征矢くんが鮮烈な公式戦デビュー】

24


■スコア

那珂

020 000 000 = 2 H1 E1

101 010 10X = 4 H6 E2

水城

【那】小沢(8)-中崎

【水】中島(2)、黒木(6)、征矢(1)-朝倉、大部


25


 水城は多少の物足りなさはあったものの、中盤以降の投手陣が抜群の安定感をみせて県大会出場を決めた。中軸の根本くん前島くんの振りが良く、征矢くんのほかにボーイズ出身の箕内くんも代打でデビュー。チーム内の競争も激化して更なる底上げが期待できそうだ。特に征矢くんは県大会でもいけるんじゃないか?と思わせる雰囲気だった。先発した中島くんだが、球自体は良かったし不用意な四球とエラーによる大川監督の激励交代だったので、本人は反省だが周りは何も心配することはないだろう。あとは相手に流れを渡さぬよう隙を見せず、自分らがノリノリになるようにすることだ。高校野球において勢いや流れっていうのは重要な要素ですし。


26 【真ん中の船越英一郎に似た大きい方が、水城の大川監督】

 那珂は守備陣が奮起して、水城の強力打線に挑むエースの小沢くんを盛り上げた。たぶん、ファインプレーで2・3点分は阻止しただろう。それに、強豪とロースコアで渡り合えたことで自信になったはず。夏は物怖じせず戦いに挑めるだろう。課題は、左投手にも関わらず、バッテリーが2盗を5つも許してしまったことだ。これはけん制術も含めて何とかしないといけない。あとは不用意な四球を減らすことか。打撃陣は低めの見極めが不十分で、水城バッテリーの術中にはまりまくっていた。低めを見極めてボールのカウントを増やす、甘い球が来る確率を上げるといったことを意識するといいかもしれない。

 しかし今日は、再三の守りでのファインプレーに感動しました!!


28 【ファインプレー連発の那珂サード鈴木くん】

29

※那珂のヒット数が1本少ないと思ったんだけど、3回表の益子くんの3塁審判に当たったシーンは、ルール上デッドボールになったのね。ふ~~ん。まあ、実質2安打ということで納得しよう。ちなみに今回のパターンは、打球が内野手を通過して審判に当たったのでインプレーだったけど、2塁審なんかで内野手(投手を除く)より前に居てボールが当たった場合はインプレーじゃなくなるんだね(1進塁のみで、たとえランナーがすごく進んでても戻される)。野球のルールは奥が深いよ。



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア