記事一覧

【秋の高校野球2015】茨城大会準決勝 霞ヶ浦-太田一

アメーバ関連記事
【秋の高校野球2015】第68回秋季関東地区高校野球茨城大会
【秋の高校野球2015】第68回秋季関東地区高校野球大会 関東大会

にほんブログ村



2015年10月3日(土)

ひたちなか市民球場


茨城大会準決勝

霞ヶ浦-太田一



01


 夏に悲願の甲子園出場を果たした霞ヶ浦。次は甲子園での勝利を目指し目標を更にシフトアップしていきたい。経験のある投手陣が抜けたが、この秋は飯村くんが背番号1を背負う。ストレートは勢いあり140km近い。四球も少なく安定した投球を展開している。また野手ではこの前の夏の甲子園を経験している選手も多い。その中でも投手もこなす根本将汰くんはチームでキーとなりそうな選手だ。また、ショートの小川くんは非凡な打者で、困難な局面も打開してくれるような雰囲気がある。更に守備も非常に安定している。このほかにも注目の選手がいて層が厚い。ただ気になるのが残塁が多いことだ。


06
【太田一をベスト4へと導いた矢幅監督(中央)】

02 03

 太田一は26年ぶりの秋ベスト4。夏の初戦敗退からのこの躍進には正直驚いたし、予想した人は少なかっただろう。この勢いで一気に関東大会出場を決めたいところだ。今大会エースナンバーをつける和田くんが粘りのピッチングでチームを牽引。また中軸が非常にあたっていて得点力が高い。よっていかに中軸の前にランナーを置くかがポイントになりそうだ。ただ、ここまで勝ち上がってきた理由は何なのか?この試合で真価が問われそうだ。

04


05



 先攻の太田一は和田くんが先発、霞ヶ浦の先発は飯村くんの先発で試合が始まった。序盤から両投手ともすばらしいピッチングで、更に好守備も重なり、試合はゼロ行進でテンポ良く進んでいった。太田一の和田くんはコントロールよくコーナーをつき緩急を巧みに使って打者を翻弄。霞ヶ浦の飯村くんは力強いストレートとキレのいいスライダーの組合せが抜群で何よりも四球が少なく安定感があった。
(4回裏 太0-0霞)

07
【霞ヶ浦のエースで主将の飯村くんが先発】


08
【太田一先発はここまで1人で投げ抜いて来たエースの和田くん】



5回表、ここまで太田一は1人のランナーも出ていなかった。この回も2アウトランナーなし。しかし、三振振り逃げでランナーが出ると3塁側の太田一応援席からはものすごい大歓声。結局この回はその後が続かなかったが、もし太田一のチャンスになったら球場がもの凄い雰囲気になりそうな、そんな気がした。

09
【太田一応援席からの圧がもの凄い】


 5回裏、一方の霞ヶ浦も太田一和田くんを攻めきれず無得点だったが、この回は四球や相手のエラーなどで無死1・2塁と先制のチャンスを掴む。その後、ランナーにタッチしたかどうかでもめたが、結局セカンドゴロダブルプレー。霞ヶ浦は先制には至らず前半を終了した。
(5回裏 太0-0霞)

10
【5回裏、ランナーへのタッチプレーをめぐり協議】
11 12

 均衡が破れたのは6回裏だった。霞ヶ浦は1死から1番益子くんが相手のエラーで出塁。盗塁を成功すると相手投手のけん制ミスを誘い一気に3塁へ。足で先制点のチャンスを演出した。ここで2番佐野くんがレフト前に鋭く運び、ついに霞ヶ浦が先制した。
(6回裏 太0-1霞)

13
【足で掻き回した霞ヶ浦の益子くんが均衡を破るホームを踏む】
14 15

 8回裏、太田一としてはこの回3人できっちり抑え、すぐに9回の攻撃に移りたいところだった。しかし、先ほどタイムリーを打った霞ヶ浦佐野くんをヒットで出してしまうと、和田くんが連続の四球で満塁のピンチを迎える。さすがにここにきて疲労の色が濃くなってきた。ここで失点してしまうと試合が決定してしまうが、踏ん張りに踏ん張って、なんとか後続を打ち取り9回へ望みをつないだ。
(8回裏 太0-1霞)

16
【疲労が見えるエースを励ます太田一捕手の萩谷俊介くん】
17 18

 9回表、簡単に2アウトになってから太田一は粘りを見せた。2番阿内くんが意地を見せてセンターヒットで出た。霞ヶ浦にとってはアウチ!といった感じだったろうか。続く3番川崎くんも良く見て四球を選び4番八木沢くんに託した。この日一番の見応えの場面に球場も大いに盛り上がったが、最後は霞ヶ浦飯村くんの気迫が勝って、三振でゲームセット。太田一は善戦及ばず、霞ヶ浦が関東大会進出を決めた。

19
【9回表、太田一阿内くんがヒットで塁に出る】
20 21



123456789
太田一000000000042
霞ヶ浦00000100X170


 両投手を中心に守り合った好ゲームだった。四球が少ないとバックも守りやすそうだ。ただ、太田一が若干大事な場面でミスが出てしまった分が勝敗を分けてしまった。ここまで太田一が勝ち上がってきた要因は投手を中心とした守りだ。このディフェンス力は日々しっかり練習した成果だろう。またエース級が負傷ということで今回マウンドを引き受けた和田くんがここまでの大活躍!するとそのエース級の選手が復活すれば、春・夏さらに期待が出来る。あとは打線だが、レベルの高い投手からどう打っていくか?得点をあげていくか?難しい投手からでも得点をあげられるようにするにはどうしたらよいか?が今後の課題になりそうだ。

22


 霞ヶ浦は飯村くんが非常によかった。球そのものもいいが、やはりコントロールが良く四球が少ないところだろう。また、主将としてチームへの責任感がそのままマウンドに反映されているせいか、ピンチに粘り強く投球できている。得点のシーンも霞ヶ浦は足を絡めて相手のプレッシャーをかけて難しい展開を打開した。得点数としては物足りなさを感じるが、試合展開としては磐石だったような気がする。

 関東大会では甲子園を経験したことを自信に、臆せずにセンバツ出場に向けて頑張ってほしい。

23



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア