記事一覧

【秋の高校野球2015】茨城大会準決勝 常総学院-日立一

アメーバ関連記事
【秋の高校野球2015】第68回秋季関東地区高校野球茨城大会
【秋の高校野球2015】第68回秋季関東地区高校野球大会 関東大会

にほんブログ村



2015年10月3日(土)

ひたちなか市民球場


茨城大会準決勝

常総学院 - 日立一



01


02 03

 常総学院のエース、左腕鈴木昭太くんがこの秋はチームを引っ張る。マウンドの上で躍動する姿は全国を経験した自信を伺わせる。左右の投げ分けがうまくテンポもいい。ストライク先行でバッターを追い込んでいく。球種も豊富で的も絞りづらい。実績からしてもセンバツでの大阪桐蔭戦以外は、相手をねじ伏せてきた頼もしいエースだ。打線は昨年より落ちるかもしれないが、機動力や隙のない細かい野球は健在。佐々木監督も昨年のメンバーよりは謙虚でまとまりがあると自負している。


09
【常総学院を牽引するエースの鈴木昭汰くん】


 一方の日立一は、昨夏準優勝のメンバーが結構残っている。特にエースの鈴木彩斗くんが投打でチームを牽引する。夏は縦の変化球のコントロールが抜群で、緩急をうまく使っていた。この秋は夏の消耗が懸念されていたが、左腕の片山くんが実戦経験を積み頼もしい存在となっている。左に好打者が多い常総に対して左の片山くんを持ってくるのか、エースの右腕鈴木彩斗くんを持ってくるのか?まずは中山監督の投手起用に注目だ。

 関東大会の切符をかけたこの戦いでは、お互い相手投手がいいだけに両チームとも先制点が喉から手が出るほどにほしいだろう。


07
【日立一先発は夏の準優勝投手の鈴木彩斗くん】

06 08

 先攻常総学院、後攻日立一で試合が始まった。スタメンは以下の通り。


04


05



 1回表、日立一の先発は左の片山くんではなくエースの鈴木彩斗くん。やはり大舞台での実戦経験を買っての起用だろう。立ち上がりはやや制球が定まらなかったが2アウトランナー無しとする。しかし、常総学院3番鈴木昭汰くんの打球は打ちとった当たりだったが、日立一の外野がかなり後ろに守っていたのでヒットとなった。しかも常総の鈴木くんはスキをついて躊躇せずに2塁へ好走塁。先制点奪取への意気込みを感じた。


 その後4番花輪くんはデッドボール。日立一先発の鈴木彩斗くんは思うようにボールをコントロールできていなかった。すると5番の1年生宮里くんがストライクを取りにくるボールを思いっきり振りぬき、2点タイムリーとなるスリーベース!常総学院が2点を先制した。ロースコアの展開を期待していた3塁側からは、この試合の先制点の重さから溜息がもれた。
(1回表 常2-0日)

10
【1回表、好走塁で2塁を陥れる常総学院鈴木昭汰くん】

11 12


 1回裏、常総学院はエースの鈴木昭汰くんがマウンドに立つ。どのようなピッチングを見せるか注目が集まる中、日立一の1番吉原くんがセンター前ヒットで出てチームに勇気を与える。2番橋本くんは送れずノーボール2ストライク。しかしここから精密機械のような選球眼で四球を勝ち取る。この回で追いついてやろうという気迫を感じた。それをきっかけに日立一は1死満塁とし、立ち上がりの常総学院鈴木昭汰くんを攻める。しかしながら、今までいくつもの修羅場を乗り越えている鈴木昭汰くんは、ピンチになってから本領を発揮し気迫のこもった投球で日立一に得点を許さなかった。
(1回裏 常2-0日)

13
【日立一1番吉原くん、2番橋本くんでチャンスをつくる】

14 15


 2回裏も日立一は7番佐川くんのヒットなどで2死1・2塁のチャンスを作るが、常総学院の鈴木くんからあと1本が打てない。序盤に先制されたれ初回のチャンスで点を取れなかったことで、日立一の打者はバッターボックスでも精神的に追い込まれていった。
(2回裏 常2-0日)



 3回表、常総学院は日立一鈴木彩斗くんの変化球をしっかり見極め、あまく入ったボールを捕らえていった。4番に送りバント、そして最終的にはスクイズと手堅くスキのない野球で追加点をもぎ取った。
(3回表 常3-0日)

16
【3回表、日立一は更なる追加点を許してしまう】



 3回裏、常総学院の鈴木昭汰くんは味方の追加点に呼応するかのように本来の躍動感のあるピッチングを取り戻した。日立一のクリーンナップはバットにあてるのがやっとの状態だった。
(3回裏 常3-0日)

17
【厳しい戦況を見つめる日立一中山監督】



 日立一は4回から左の片山くんをマウンドにあげ、これ以上の失点をどうにか阻止しようと試みる。ストレートに勢いがあって常総学院のバッターも差し込まれていた。継投がうまくいって、なんとか前半を3点差のままで終えることができた。
(5回裏 常3-0日)

18
【4回表から日立一は左の片山くんがリリーフ】



 しかし、6回表に試合が大きく動いた。常総学院は1死1塁から8番野呂くんがサードのグラブを弾くヒットで2・3塁とチャンスを広げる。その後満塁となり常総学院は1番陶山くんが勝負強くセンター前にうまく転がし2点を追加し点差が開いた。今日の常総学院鈴木くんの投球内容から日立一にとっては致命的な失点となり、その後は戦意喪失してしまったのか?集中してピンと張った糸が切れてしまったかのようにミスを連発。常総学院も重盗を図るなどスキを見せなかった。
(6回表 常7-0日)

19
【6回表、常総学院1番陶山くんが2点タイムリーで引き離す】

20 21


 常総学院は7回にも野呂くんの長打で点を追加してダメ押し。投げてはエースの鈴木昭汰くんが超スローボールを披露するなどの余裕を見せるなど、危なげない内容で日立一の反撃を許さず、7回コールドで常総学院が日立一を退けた。

22
【7回表、ダメ押しタイムリーの常総学院野呂くん】

24 25



123456789
常総学院2010041

8110
日立一0000000

032
(7回コールド)


  初回の先制点。これがすべてだったと思う。日立一が善戦するには、鈴木彩斗くんの夏のようなピッチングと先制点が必要不可欠だった。しかし、日立一にとってはそのどちらの条件もクリアできず劣勢は必至な状態となってしまった。特に左打者に至ってはノーヒットと打てる気配が全くなかった。また、先制されたあとの好機に得点できなかったことで、エースを立てた試合巧者の常総学院にどんどんペースを奪われていった。逆に常総学院は理想的な試合展開だった。日立一はベスト4というすばらしい結果だが、それ以上行くにはどうしたらいいか?選手にも中山監督にも大きく課題を突きつけられた試合となった。今後、どのようにチームを強化していくのか?その変化に注目したい。

26


 常総学院の鈴木昭汰くんを攻めるには弱点の立ち上がりにたたみこむことが必要だろう。しかし、経験豊富なマウンドから感じる自信と気迫を振り払いタイムリーを打つのは、やはり容易ではないだろう。また、バッティングも非凡なものがある。打球の鋭さがほかの打者とは違い、初回には関東一のオコエを彷彿させるような走塁をみせた。流行の言葉を借りれば、非常にポテンシャルの高い選手だ。関東大会では思う存分暴れてほしい。

 また1年生の陶山くんや宮里くんなどが活躍して新しい風を吹かせてくれそうな、そんな予感がする。更に樫村くんの復活など鈴木くん以外の投手陣が出てくれば、またセンバツが見えてきそうだ。

27
【1年生で常総学院の5番を任せられた宮里くん】



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア