記事一覧

【春の高校野球2015】茨城大会準決勝 明秀日立-守谷

アメーバ関連記事

【春の高校野球2015】第67回春季関東地区高校野球茨城大会



2015年5月2日(土)

水戸市民球場


茨城大会準決勝

明秀日立-守谷



01

02

 この試合のポイントはズバリ「明秀日立の投手陣が無駄な四死球を出すかどうか?」にかかってくると思う。守谷は出たランナーを前の塁にしっかり進めてくる。その四死球がその回の先頭なんてことになったら3塁までしっかり進めてくる。隙あらばホームスティールだってやってくる。明秀日立の投手陣は神経を使うマウンドとなりそうだ。ただ、孫大くんあたりだといいけん制球があるので、それはかなりの抑止になるかもしれない。

 明秀日立の打線は、各打者好・不調あるが全体的に振りが鋭い。明らかに県外レベルのスイングだ。守谷のコントロールのいい軟投派の中塚くんをどう攻略していくか?中塚くんが序盤抑えたとしても、鋭いあたりがどんどん飛んでいくと9回まで持つかどうか?本当踏んばりどころだ。守谷に必要なのは貪欲さだ。たぶん、終盤に山場が何回かやってきて、そこでふんばれるかどうかは、「ベスト4で満足してしまうのか?」「本気で関東大会に出たいと思ってるか?」その差が大きいと思う。

 序盤僅差でいけば守谷にチャンスがある。逆に明秀日立は序盤にビックイニングをつくって一気に勝負をつけたい。先攻が守谷、後攻が明秀日立で試合が始まった!



03


04

05

 1回表、明秀日立の先発は背番号11の大友くん。立ち上がりは懸念していたボール先行が発動してしまった。守谷の2番中村くんに四球を出すと、ストライクをとりにいったボールを3番寺嶋くん、4番秋葉くんに痛打され一気に1死満塁のピンチを迎えた。しかし、守谷には珍しくここは無策で打っていって凡退。先制することができなかった。 (1回表 守0-0明)



06

【↑明秀日立先発背番号11大友くん】


07
【↑1回表、守谷3番寺嶋くんがつなぐ】


08
【↑1回表、守谷4番秋葉くんもレフト前ヒットで満塁のチャンス】


 1回裏、守谷の先発は今日も中塚くんだったが、立ち上がり良くなかった。明秀日立の1番関くんにボールをしっかり見られて四球を出してしまう。けん制を頻繁に入れてケアしていたが、関くんに2盗を許してしまう。バッテリーエラーも飛び出し無死3塁のピンチを迎える。すると1死から3番森下くんにタイムリーを許してしまいとうとう自責点がついた。(ここまで防御率0.00だった)5番細川くんにもタイムリーを浴び、2点を先制されてしまった。 (1回裏 守0-2明)



09

【↑守谷先発はここまで防御率0.00の中塚くん】


10
【↑1回裏、明秀日立1番関くんが足で揺さぶる】


11
【↑1回裏、明秀日立が幸先よく2点先制】


 3回表、守谷はこの回先頭の1番遠藤圭悟くんがレフト前ヒットで出塁。2番中村くんがきっちり送って形をつくった。ここで3番寺嶋くんは期待に応えてライトへタイムリーヒット!点差を詰めた。 (3回表 守1-2明)



12

【↑3回表、守谷2番中村くんがきっちり送りバントを決める】


13
【↑3回表、レフト前ヒットでチャンスを作った守谷1番遠藤圭悟くん】


 両投手とも徐々に良くなり、明秀日立の大友くんは腕がよく振れるようになり空振りを取っていた。ボールも先行しなくなった。守谷中塚くんも低めにボールが集まるようになりテンポが良くなってきた。 (5回表 守1-2明)



17


 5回裏、ロースコアでゲームが展開すると思いきや、この回試合が大きく動いた。明秀日立は8番内田くんのヒットなどで1死1・2塁のチャンスをつくる。すると、2番の永浜くんが力強いスイングでライトの頭を越した。すると守谷の中継のミスなどもあり2点が入った。しかしこれでは終わらず2死1・2塁から5番細川くんが今度は左中間へ2点タイムリー!明秀日立が長打攻勢でこの回4点を追加しペースを握った。 (5回裏 守1-6明)



14

【↑5回裏、明秀日立2番永浜くんのタイムリー】


15

16
【↑5回裏、2点タイムリーの明秀日立5番細川くん】


 後半に入っても明秀日立大友くんの球威が下がらなかった。本当よく腕が振れていて守谷の各バッターは力負けしていた。6回表はクリーンナップが3者凡退と点差を詰めたいところで無得点に終わってしまった。 (6回表 守1-6明)



18


 7回裏、明秀日立はこの回先頭の1番関くんが右中間を破り、躊躇せず3塁を陥れる。すると2番永浜くんは造作もなくレフトへタイムリーを放ち、そこで守谷の中塚くんはマウンドを降りた。無念の降板だったがベンチに入る際はベスト4進出への功労者に向けて3塁側から暖かな拍手が送られた。

 リリーフしたのは背番号11の吉波くん。コールドのランナーを背負い2者を三振とアウトカウントを稼いだが、最後は明秀日立6番有住くんにライトの頭を越されて7点差。コールドゲームが成立し、明秀日立が秋に続いての関東大会の切符を手に入れた。 (終了 守1-8x明 7回コールド)



19
【↑7回裏、明秀日立1番関くんが右中間への3ベースヒット】


20
【↑7回表、守谷は背番号11吉波くんに継投】


21


■スコア


守谷

0010000 = 1 H5 E1

2000402x = 8 H11 E0

明秀日立

(7回コールド)



23

22

24

 守谷は初回に満塁のチャンスがあったが、ここで先制しておきたかった。中塚くんのピッチングは相手が焦れば焦るほど術中にはまるが、明秀日立が2点先制したことによって、以後、よくボールを見極められ狙い球が来たら思い切りスイングされた。明秀日立の各打者の振りが鋭いので、打たせてはとっていても徐々にボディブローのように投手に恐怖感が芽生えてくる。よって、ストライクが投げづらくなりボールが先行してしまう。また、明秀日立も研究熱心でよく相手を見て、何をすれば効果的なのかということを考えてしっかり情報共有している。

 逆に前の試合や試合序盤、ボールが目立っていた明秀日立の大友くんだが、腕の振りがいいとなかなか打ちづらそうだ。4回以降は被安打1のすばらしい内容だった。明秀日立は明日、いよいよ常総学院戦。どんな試合を見せてくれるのか楽しみだ。



25

関連記事

コメント

1. こんばんは

ざいこさんは準決勝決勝みに行けるんですか?
私はどうしても行けないので、ざいこさんの記事楽しみです。
行ける時はまたよろしくお願い致します。

2. Re:こんばんは

>ぼよぽよさん
おはようございます!
もちろん行きます。分かりました。
記事頑張って作りますのでよろしくお願いします♪

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア