記事一覧

【春の高校野球2015】茨城大会1回戦 日立商-石岡一

アメーバ関連記事

【春の高校野球2015】第67回春季関東地区高校野球茨城大会



2015年4月24日(金)

土浦市営球場


茨城大会1回戦

日立商-石岡一



01

02


 雨に悩まされた地区予選だったが、県大会の期間中は今日のような快晴ということで一安心。そろそろ日焼け止めが必要な感じがしてきました。

 第4シードの石岡一は攻守のバランスが取れたチームで接戦にはめっぽう強い。投手も層が厚く今日は背番号10の石田くんが先発した。ほかにも右の高崎くんや左のエース木村くんが控える。対する日立商は以前水戸商を率いて春の優勝経験がある野澤監督が就任。投打の要である吉久保くんがマウンドに立つ。どんな野球をしてくるのか!?先攻は日立商、後攻は石岡一で試合が開始した。



03


04

 1回表、石岡一の右腕石田くんはバランスのいいフォームから120km半ばのストレートと抜いた球で緩急をつけて打たせてとるピッチング。力みなどなく3者凡退で無難な立ち上がりだった。 (1回表 日0-0石)



05

【↑石岡一先発、背番号10石田くん】


 1回裏、ガタイのいい吉久保くんだがストレートでガンガン押してくると思いきや、意外と変化球重視。しかもコントロールがいい。ストレート狙いを見透かしての配球だったかもしれない。石岡一打線は、変化球が頭にあるためか、せっかく来たストレートを詰まらせていた。 (1回裏 日0-0石)



06

【↑日立商先発、エース吉久保くん】


 その後両投手とも大きな投げミスもなく、コントロール良く凡打の山を築いて、試合がサクサク進んだ。特に吉久保くんはマウンド上で落ち着き払っていて、シード校相手に自分の間合いで投げ混んでいた。 (5回表 日0-0石)



07

【↑軽快な動きをみせる石岡一セカンド飛田くん】


 5回裏、石岡一は先頭打者が四球で出る。ここは送りバントをせずに強攻策。しかし、これが裏目に出た。7番飛田くんのあたりはライトへ鋭いヒット性のあたり。しかし、これがライトライナーとなりファーストランナーが飛び出していてダブルプレー。一瞬でチャンスを潰した。ここは、試合の流れからしっかり送るべきだった。 (5回裏 日0-0石)



08


 6回表、石岡一は流れを変えようとエースの木村くんをマウンドに上げた。すると、スクリューボールが冴えまくり、面白いように空振りを奪った。また、絶妙なコントロールで完璧なリリーフを見せた。 (6回表 日0-0石)



09

【↑石岡一は6回からエース木村くんが登板】


 すると打線も少しずつ応え始めた。6回裏、2死ランナーなしから2番浜田くんがレフト前へ、3番本多くんがセンター前へとコンパクトに振って初めて連打が出た。ただ、この回はもう1本が出ずにゼロ行進が続いた。 (6回裏 日0-0石)



10

【↑6回裏、センターへ抜けそうなあたりを捌く日立商セカンド鈴木くん】


11
【↑6回裏、センター前にヒットを放つ石岡一3番本多くん】


 7回裏、この回先頭の石岡一5番田中くんのあたりは大きなライトフライ。完全に打ち取られたあたりだが、風でぐんぐん戻されてライト前にポトリと落ちてランナーは2塁へ。石岡一にとって願ってもないチャンスが訪れた。6番土井くんだがここはさすがに送りバント。1死3塁となり、いよいよ均衡破れるか!?という場面を迎えた。

 ここで川井監督が選択したのは「スクイズ」。しかし2ストライクからの意表を突いたスクイズはピッチャー正面。ホームでタッチアウトとなりこの回も得点を取ることができなかった。 (7回裏 日0-0石)



12


13
【↑7回裏、日立商スクイズを阻止!】


 8回裏、この回の先頭は好投を続ける木村くんだが、よく選んで四球で塁に出る。1番飯泉くんはしっかり送りバントで1死2塁。ここで迎えるは今日ヒットを放っている2番浜田くん。ここで球威の落ちた吉久保くんから右中間に2ベースヒット!ようや均衡が破れた。 (8回裏 日0-1石)



14

15
【↑8回裏、石岡一2番浜田くんの一打で均衡破る】


 9回表、ここまで石岡一の木村くんに全くタイミンの合わない日立商だが、1死から9番柴山くんがセフティバントを試みてなんとか塁に出た。盗塁も決めて1死2塁とし石岡一にプレッシャーをかけた。その後内野ゴロで3塁まで進むが、最後のバッターがファーストフライ。石岡一が虎の子の1点を守りきり、2回戦へ駒を進めた。 (終了 日0-1石)



16
【↑9回表、日立商柴山くんが足でチャンスをひろげる】


■スコア


日立商

000000000 = 0 H3 E0

00000001X = 1 H4 E0

石岡一



17

 ここまで膠着した試合になるとは予想ができなかった。これも、日立商吉久保くん、石岡一の石田くん、木村くんがいい仕事をした結果だろう。やはり、初戦というのは難しいものなのだろう。石岡一は攻撃面でやや詰めが甘い部分が出てしまった。初回も初球をセフティースクイズを簡単に試みてピッチャーゴロ。じっくり攻めていれば立ち上がりに乱れていたかもしれないし、あの1アウトでかなり日立商バッテリーを楽にさせてしまった。また、強行策もことごとく裏目。しっかり送っておくべきだった。

 しかし、投手陣は非常に安定してる。ちょっと、木村くんのスクリューは打つの難しいだろう。これで投打が噛み合えば強いが、次の相手は力のある藤代。攻撃陣が奮起できるか!?ごまかしの効かない相手だけに今日のような詰めの甘さが出てしまうと苦しい。



18


 日立商は吉久保くんが非常にいい選手。これで、チーム全体の打力が上がってくると非常に面白いチームになってくる。野澤監督が率いてた頃の水戸商の特徴といえば、「集中打」。夏にはもっと力強い打線が見れるかもしれない。石岡一を多少は苦しめると予想はしていたが、ロースコアでいくとは思わなかった。今後の日立商に注目だ!!


 

関連記事

コメント

1. 石岡一

勝ったんですね!
常総とやりたいです!

2. Re:石岡一

>ブルーコンコルドさん
打線は初戦のプレッシャーがあったかもしれないですね。投手力は層が厚いし、守備も堅いしディフェンスはまた上がった気がします。
あさっての藤代が凄そうです!!常総は正直すごい。

3. レポートありがとうございます♪

日立で吉久保選手と言えば、どっかで聞いた事があるな~と思っていたら、何年か前に桜の牧高校にいましたよね?親戚かな?なんちゃって。

4. Re:レポートありがとうございます♪

>ハマさん
返事遅くなってすいません。
桜ノ牧の吉久保選手はちょっとわかりませんでした。すいません。変化球は後から確認してスライダーでした。
今回は親戚だったり、弟だったりという選手が話題になってますね。

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア