記事一覧

【春の高校野球2015】茨城大会水戸地区1回戦 水戸葵陵-茨城

アメーバ関連記事

【春の高校野球2015】第67回春季関東地区高校野球茨城大会



2015年4月12日(日)

笠間市民球場


茨城大会水戸地区1回戦

水戸葵陵-茨城




02


 水戸葵陵は秋県大会2回戦で常総学院のエース鈴木くんを上位打線が捉えていたが、石井くんなどに打ち込まれてしまいコールド負け。その後は練習試合などで好成績を重ねて力を付けている。ひと冬越して海野貴嗣くんを中心に投手陣が整備されたか?持ち前の長打力は発揮されるか?気になるところだ。


03


 一方の茨城は、まるっと世代交代した秋は初戦敗退。この冬にパワーアップしたか?近年丁寧な野球でいい試合を展開している印象がある。なんとか、喰らいついていきたいところだ。

 昨日の雨の影響でグランド状態が悪い笠間市民球場は30分遅れのプレイボールとなった。専攻は茨城、後攻は水戸葵陵となった。



04


01

 1回表、水戸葵陵の先発はエースの右腕海野貴嗣だった。立ち上がりやや力んでいたがストレートでどんどん押すピッチング。茨城の打者を3者連続三振に打ち取り、力を見せ付けた。 (1回表 茨0-0葵)



05

【↑水戸葵陵エース海野貴嗣くん】


 1回裏、茨城の先発は左腕でエースナンバーの尾又くん。変化球が低めにコントロールされて若干水戸葵陵の打者が戸惑っていた。この回は1死1塁からセンターが目測を失って1・3塁のピンチを迎える。しかし、ここは尾又くんが踏んばり、水戸葵陵の4番鈴木鷹哉くんの三振にしとめ、5番海野雄太くんをセンターフライに打ちとって点を与えなかった。 (1回裏 茨0-0葵)



06

【↑1回裏、水戸葵陵先制のチャンス(稲沢くんが3塁へ滑り込む)】


07
【↑1回裏、ピンチを凌いでベンチに戻る茨城先発尾又くん】


 2回裏、水戸葵陵の下位打線はコースに来ている変化球を見極め、ストレートを思い切り叩いた。1死2塁と手堅くチャンスを作ると9番軍司くんが右中間に2ベースを放ち1点を先制した。 (2回裏 茨0-1葵)



08

【↑2回裏、水戸葵陵先制】


 3回表、このまま水戸葵陵のペースになるかと思われたが、この回先頭の茨城7番宮尾くんが速いストレートを弾き返して左中間を破る2ベース!チームに勇気を与えた。その後、水戸葵陵ショート中西くんの好判断で3塁でランナーを殺されるが、めげずにランナーを進めた後、1番鈴木康祐くんが右中間に2ベースを放ち、すかさず同点に追いついた。 (3回表 茨1-1葵)



09

【↑3回表、茨城7番宮尾くんが左中間へ2ベース】


10
【↑3回表、同点タイムリーを放った茨城1番鈴木康祐くん】


 しかし茨城が流れを引き寄せるかと思った矢先、試合は4回裏に大きく動いた。ここまで好投していた茨城の尾又くんだが突如制球を乱した。死球で出したランナーを水戸葵陵6番中西くんに長打で返されると、その後押し出しを含む四死球を与えるなどビックイニングとなってしまった。外野のミスを飛び出してこの回4失点。一気に流れが水戸葵陵となった。 (4回裏 茨1-5葵)



11

【↑4回裏、右中間へタイムリーを放った水戸葵陵6番中西くん】


12
【↑4回裏、水戸葵陵のランナーがたまる】


13
【↑4回裏、点差を放され集まる茨城の選手達】


 水戸葵陵のエース海野くんも、失点してからはストレート一辺倒ではなくしっかりスライダーも織り交ぜて、茨城の反撃を寄せ付けなかった。5回裏には海野くん自身の長打で引き離した。 (5回裏 茨1-7葵)



17


 6回裏は、水戸葵陵はここまで振りが鈍かった4番鈴木鷹哉くんが2打点となるレフトオーバーの試合を決めるタイムリー2ベースを放った。7回表は水戸葵陵2番手の右サイド岡田くんがコントロース良く3人できっちり抑えて、7回コールドで水戸葵陵が代表決定戦へと駒を進めた。 (終了 茨1-9葵)



14
15
16
【↑6回裏、水戸葵陵4番鈴木鷹哉くんの2点タイムリー】


18
【↑7回表、水戸葵陵2番手の岡田くんが登板】


■スコア


茨城

0010000 = 1 H2 E1

010422X = 9 H9 E0

水戸葵陵

(7回コールド)



21



19

 水戸葵陵はエースの海野くんが3回を除いては圧巻のピッチングだった。三振は6イニングで9個だった。秋とそれほど変わった印象はないが、スタミナ面やスピード面が向上したのかもしれない。ただ、緩急をつけるためのゆるい変化球が中途半端に甘く入らないように気をつけたい。

 打線は持ち前の長打力が発揮された形となった。印象としては上位から下位まで抜け目がない。



20


 茨城は先発の尾又くんの変化球が良かったが、追い込んでからの決め球がなかった。もう少し配球面で工夫が必要だろう。変化球の制球がいいのでついそれでカウントを取ってしまい、決め球のストレートを待ってましたと降り抜かれる、そんな印象だった。ストレートを見せてから変化球で打たせてとる、もしくはストレートが来ると見せかけてとことん変化球など格上とやるときは変化球で勝負したほうがいいだろう。あとは外野の守備を安定させたいところだろう。

 


 

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア