記事一覧

【茨城高校野球2017秋】 茨城大会準々決勝 水戸商 - 日立一 (みどころ)


■関連記事
【茨城高校野球2017夏】第99回全国高等学校野球選手権 茨城大会
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



茨城大会準々決勝
水戸商 - 日立一



2017年9月27日(水)
J:comスタジアム土浦


 水戸商と日立一双方とも打線は好調のようだ。ただ実際の試合の様子を見ると、水戸商の方がスイングが速く当たっている打者も多い。だが、日立一はその分相手の隙をつく攻撃がうまい。実施この試合が現時点での県立高校No.1を決める戦いとなりそうだ。日立一に関しては21世紀枠も視野に入るので鼻息が荒い。

 ポイントとなり面白いみどころとなるのはやはり投手だろう。日立一は水戸葵陵戦でハマった右サイドの綿引くん。彼は右サイドと言っても下手投げに近い独特なボールの軌道。振りが大きい打者には効果が絶大だ。もう1人は左腕の清水くん。綿引くんよりも球速があり、決め球は鋭く落ちるスライダーだ。前の試合、綿引くんが7イニング投げているために、通常で考えれば清水くんを先発してきそうなのだが、もし清水くんが打たれて降板し綿引くんとなったときに、さすがの水戸商も試合終盤には目が付いているので、しっかり捕らえてくる可能性がある。やはり、綿引くんは先発で使って、あの特殊な軌道にどっぷり慣れさせてからの清水くんのスピードボール。これが、今の日立一にとっての必勝リレーだろう。

 水戸商も使える投手がエースの川澄くんと安健太朗くんの左2枚。左バッターの多い日立一に対しては優位に働く。そのため日立一は右バッターを何人か起用してくるだろう。やはり水戸商も左2枚の継投になっていきそう。そうすると試合のポイントは「先制点と継投のタイミング」ということになるだろうか?

 果たして勝利の女神はどちらに微笑むか?この対戦カードでは珍しい土浦での試合。なかなか新鮮味があってよろしいんではないでしょうか!




 --先攻--
1()
2()
3()
4()
5()
6()
7()
8()
9()


 --後攻--
1()
2()
3()
4()
5()
6()
7()
8()
9()




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア