記事一覧

【秋の高校野球2014】 茨城大会準決勝 石岡一-明秀日立


アメーバ関連記事

【秋の高校野球2014】第67回秋季関東地区高校野球茨城大会



2014年10月4日(土)

ひたちなか市民球場


茨城大会準決勝

石岡一-明秀日立



01

02

 脅威の粘りで強豪霞ヶ浦との接戦を制した石岡一。その勢いで関東大会の切符を掴みたい。対する明秀日立はここまで圧倒的な打力で相手を寄せ付けない戦いを展開してきた。石岡一とはこの前の夏に3回戦で対戦していて、石岡一が接戦で勝っている。なにげに、明秀日立にとっては夏の雪辱戦が早くも実現した形となった。しかしながら、今回はそのときのメンバーから一新されて全くの別チーム。どのような試合展開になるのか予想は困難を極めた。スタメンは以下のとおり。石岡一は頭からエースの木村くんを投入せず、背番号11で1年生右腕の高崎くんが先発した。


【先攻】石岡一

1 (右) 土井 ⑨L 1年

2 (遊) 飯泉 ⑥R 2年

3 (中) 本多 ⑧L 2年

4 (三) 岩本 ⑤R 2年

5 (一) 上代 ③R 2年

6 (左) 田中 ⑦L 2年

7 (二) 飛田 ④R 1年

8 (捕) 土田 ②R 1年

9 (投) 高崎 ⑪R 1年


【後攻】明秀日立

1 (中) 関  ⑧L 2年

2 (二) 村瀬 ④L 2年

3 (左) 森下 ⑰R 1年

4 (一) 中村 ⑤R 2年

5 (遊) 永浜 ⑥L 2年

6 (右) 有住 ⑨L 2年

7 (三) 糸野 ⑬R 1年

8 (投) 孫大 ①R 2年

9 (捕) 内田 ⑳R 1年


 石岡一が準々決勝に勢いそのままに初回から攻勢をかける。明秀日立のエース孫大くんの制球が定まらないうちに、四球で出たランナーをノーヒットで3塁まで進める。ここで4番岩本くんが期待に応えてレフト前ヒット。石岡一が理想的な形で1点を先制した。 (1回表 石1-0明)



03

【↑明秀日立先発エース孫大くん】


04
【↑1回表、先制の犠牲フライを放った石岡一4番岩本くん】


 石岡一の先発高崎くんだが、球のキレがあり明秀日立のバッターは詰まったあたりが目立った。あたっている中軸も強いあたりは放つが、高崎くんの球がしっかり低目を突いているので内野ゴロに倒れていた。 (2回裏 石1-0明)



05

【↑石岡一先発、1年生右腕の高崎くん】


 3回裏、明秀日立は今大会あたっている7番糸野くんがこの回の先頭打者。石岡一高崎くんの快投を打ち破るみごとなセンターオーバーの2ベースヒット。また、頭から2ベースと決め付けて返球していた石岡一の中継プレーの隙を突いて3塁を奪う。その後9番内田くんの犠牲フライで同点に追いつき、明秀日立が目指している機動力野球が実践された。ちなみに、9番内田くんは常総学院から楽天入りした内田靖人くんの従兄弟だ。 (3回裏 石1-1明)



06

【↑3回裏、長打で同点のチャンスを作った明秀日立7番糸野くん】


07
【↑3回裏、犠牲フライの明秀日立背番号20内田くん】


 その後、両校譲らない一進一退の攻防が続いた。1塁ベンチの川井監督は1つのプレーごとに詳細な指示とアドバイス。選手の集中力を切らせなかった。そんな中、前半の山場が5回裏に訪れた。ここまで、好投の石岡一高崎くんだったが、徐々に明秀日立に捕らえられてきている感覚があった。7番糸野くんに警戒して四球を出し送りバントを決められ、明秀日立の左の代打福留くんが出てきたところで川井監督はここぞとばかりに左腕のエース木村くんをマウンドにあげた。木村くんはみごとに仕事を果たしてチェンジ。この回の両ベンチの攻防は石岡一に軍配が上がった。 (5回裏 石1-1明)



08

【↑5回途中、石岡一エース木村くんがマウンドへ】


 6回以降は明秀日立孫大くん、石岡一木村くんの意地の投げ合いが展開され緊迫した。孫大くんは捕手が遊佐くんに代わり変化球の割合が増えて石岡一打線を翻弄。7回には自らのけん制球でピンチを凌いだり味方のエラーにも動じなかったりと持ち味を十分に発揮。木村くんは制球力が抜群で、特にスクリューボールがさえた。そして関東大会の切符をかけた熱戦は延長戦へと突入した。 (9回裏 石1-1明)



10


09

 10回表、石岡一の浜田くんが1死から右中間への2ベースを放ちチャンスをつくる。ここで、ここまでチームを牽引してきた主将の2番飯泉くんが思い切り引っ張り浜田くんがホームへ返って勝ち越し。関東大会出場が現実味をおびてきて1塁側の応援席は大騒ぎ!明秀日立のエース孫大くんは唖然とし、右サイドスローの津山くんがその後のピンチは凌いだ。 (10回表 石2-1明)



11

12
【↑10回表、石岡一均衡破り勝ち越し】


13
【↑明秀日立は2番手に津山くんが登板】


 絶体絶命の明秀日立。今日の石岡一木村くんの出来からして非常に厳しい展開となった。しかし、この回先頭の4番中村くんが意地の一打。レフト前にヒットを放つ。そしてまたしても石岡一の中継の隙を突いて2塁へ激走。3塁側は地の底から生き返ったかのような盛り上がり。1つの走塁が一気に流れを変えた。その後、6番の有住くんが値千金の同点打。土壇場の同点劇に球場は異様な雰囲気となった。

 更に明秀日立は2死3塁となりサヨナラのチャンス。そして、津山くんの打席で有住くんがホームスチール!!タイミングは完全にセーフだったが、津山くんがサインを見逃してしまったのか振ってファールにしてしまう。その後も裏をかいてホームスチールをリトライしたがアウトとなり、延長戦はさらに続いた。 (10回裏 石2-2明) このとき確信したが、金澤監督はこういうサプライズな演出が好きなのだろう。



14

【↑10回裏、明秀日立4番中村くんがチームの危機を救う】


15
【↑10回裏、同点前のタイム(中央:有住くん、左:中村くん、右:関くん)】


 12回表、明秀日立は無死のランナーを四球で出してしまうと、石岡一2番の飯泉くんの送りバントが1塁側にキレイに転がる。すると、明秀日立は1塁ベースと重なった走者の飯泉くんに送球をあててしまいボールが転々とする。無死1・3塁。なんとか無失点に抑えたいところだったが、無常にも石岡一3番本多くんに犠牲フライを打たれて、ふたたび勝ち越しを許してしまった。 (12回表 石3-2明)



16

17
【↑12回表、石岡一3番本多くんの犠牲フライで再度勝ち越し】


 その裏、2死ランナー無しとなり石岡一に勝ちが見えてきた。だが、またしても明秀日立の4番中村くんが意地のヒット。その後の5番永浜くんのあたりはなんとセンターの頭を越す。中村くんはダイヤモンドを激走し、一気にホームイン!明秀日立が底力を見せてまたも同点に追いついた。 (12回裏 石3-3明)



18


19

 13回裏、延長再試合も見えてきたが、ここで今まで鉄壁の守備をみせていた石岡一ショートの飯泉くんがまさかの悪送球。無死2塁のピンチを迎えてしまう。明秀日立の途中出場の佐藤くんにセフティバントを決められるなど、無死満塁となり追い詰められた。最後は、エース木村くんが焦りからか?ワイルドピッチ・・・・。関東大会をかけた激戦は明秀日立のサヨナラ勝利で幕を閉じた。 (終了 石3-4x明)



20
21
【↑12回裏、明秀日立5番永浜くんの同点タイムリー】


■スコア


石岡一

1000000001100 = 3 H10 E3

0010000001101x = 4 H8 E2

明秀日立

(延長13回)



23

 石岡一は関東大会出場を目前まで手繰り寄せていたが、明秀日立の底力の前に屈した。継投のタイミングなどゲームプランは完璧だった。ただ、何が勝敗を分けたのだろう?それは明秀日立の次の塁へ向かう気持ち。しかも、それが終盤の土壇場で発揮された。特に中村くんの「勇気ある走塁」が野球の神様を振り向かせた。これで、金澤監督になってはじめての関東大会。茨城県のためにも知名度をあげる活躍を期待したい。



22


 石岡一も川井監督体制となり、じわじわと甲子園が見える位置までチームを押し上げてきた。ただ、ここから先の世界は、ほんの少しの隙も許されない。今日は負けてしまったが、来年の春以降に更に強化して帰ってきそうな予感がする。また、センバツに関しては21世紀枠という可能性も残る。今大会で石岡一の県内での位置が更に上がったのは確実だろう。



関連記事

コメント

1. こんばんは

見に行きたくて、でも行けなくて、Twitter見るためiPhoneを手放さず仕事してました。
取られても取り返す粘り強さに興奮しました。
OBとなった息子も後輩の試合を喜びつつ情けなくなったと言ってました。
本番で本来の試合が出来なかったこの数年の明秀から、確実にステップアップしました。
これからが楽しみです。
ざいこさんの記事、あいかわらずわかりやすくていいです。
また、これからもよろしくお願いします。


2. Re:こんばんは

>ぼよぽよさん
こんばんわ~
本当この試合展開はなかなか観れないです。明秀は関東にいってセンバツを決めるようなことになったら、一気に茨城の勢力図が変わる予感がします。
ブログももう少しUPを早くしたかったのですが雑務に追われてしまってすいません。関東も観戦予定なので組合せ次第ではまたレポートします。
決勝戦ももちろんレポートします♪ありがとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア