記事一覧

【秋の高校野球2014】 茨城大会準々決勝 水城-土浦湖北


アメーバ関連記事

【秋の高校野球2014】第67回秋季関東地区高校野球茨城大会



2014年10月1日(水)

土浦市営球場


茨城大会準々決勝

水城-土浦湖北



01

02

 両チームともエースを軸にこれまでの2試合を順当に勝ち上がり、いよいよ予想していた相手との決戦の日を迎えた。水城は右腕の小林くん、土浦湖北は大関友久くんと予想通り両エースの先発となった。


【先攻】土浦湖北

1 (二) 斎藤 ④L 2年

2 (左) 横田 ⑨L 2年

3 (捕) 塙  ②R 2年

4 (三) 関口 ⑤L 2年

5 (一) 大関将哉③R 2年

6 (投) 大関友久①L 2年

7 (右) 五味 ⑰R 2年

8 (中) 海老沢⑧L 2年

9 (遊) 松延 ⑯R 1年


【後攻】水城

1 (三) 前島 ⑤R 1年

2 (二) 石川滉大⑭R 2年

3 (中) 白瀬 ⑧L 2年

4 (左) 根本 ⑦L 1年

5 (右) 大和田⑩R 2年

6 (一) 内桶 ③R 2年

7 (捕) 遠藤 ②R 2年

8 (投) 小林 ①R 2年

9 (遊) 鬼沢 ⑥R 2年



 1回表、水城先発の小林くんだがプレイボール前の投球練習中、しきりに土ををかかとで掘ったり慣らしたりと土浦市営球場のマウンドを気にしていた。そんなこともあってだろうか?土浦湖北1番斎藤くんにいきなり死球を与え、続く2番横田くんの打席でワイルドピッチをしてしまうなど不安定な立ち上がり。2死1・2塁となり土浦湖北の5番で体格のいい大関将哉にセンター前に運ばれ先制を許す。更に6番大関友久くんのあたりは右中間へ・・・。これが午前中からの強風に乗ってぐんぐん伸びて、更に2失点。水城にとっては大きなビハインドとなった。 (1回表 湖3-0水)



03

【↑水城先発のエース小林くん】


04
【↑1回表、先制タイムリーの土浦湖北5番大関将哉】


 土浦湖北先発の大関友久は、自らのタイムリーで気を良くしたか?ピッチングも快調だった。球速は130kmをマークするかしないかと本来の球威ではなかったが、今日はスライダーの曲がりも良く、水城のバッターから多くの三振を奪った。 (3回表 湖3-0水)



05

【↑土浦湖北先発エース大関友久くん】


 3回裏、水城は先頭打者がヒットで出るものの送りバントを失敗。盗塁も刺されてしまうなど細かい野球ができなかった。しかし、好調の1番前島くんがヒットでチャンスをつくり2死1・2塁。3番白瀬くんは完全に打ち取られたあたりの浅い外野フライだったが、強風を見方につけてポテンヒット。水城が上位打線の粘りで1点を返した。 (3回裏 湖3-1水)



06
【↑3回裏、水城は1点返して尚も2・3塁】


 5回裏、更に水城にチャンスが訪れた。1死1・2塁から2番石川滉大くんがセフティバント!やや小フライとなり土浦湖北の内野手がダイビングキャッチを試みたが捕球できず、1死満塁とチャンスがひろがった。ここで水城は3番白瀬くんが内野ゴロ、ゲッツー崩れの間に1人ホームイン。後続は倒れてしまい1点のみとなったがじわじわと追い上げを見せた。 (5回裏 湖3-2水)



07

【↑5回裏、セフティバントを決める水城2番石川滉大くん】


 6回表、土浦湖北は1死1塁から6番大関友久がチャンスをひろげるライト前のヒット。1死1・3塁のチャンスを作る。すると7番五味くんがショートの深いところにゴロを放ち、その間に関口くんがホームインした。土浦湖北は、水城の小林くんが調子を上げて追い上げられてきたところで、よく1点をもぎ取った。 (6回表 湖4-2水)



08

【↑6回表、土浦湖北6番大関友久がチャンスをひろげる】


09
【↑6回表、貴重な打点をたたき出した土浦湖北7番五味くん】


17
【↑土浦湖北大房主将が3塁コーチャで全身を使って的確な指示で鼓舞する】


 この後は両エースが意地を見せて追加点を与えない。回が進むごとに水城に焦りが見え始めたが、9回裏にきてようやくチャンスがめぐってきた。



10
【↑9回裏、土浦湖北は関口くんがリリーフ】 



11

12

 この回先頭の6番内桶くんがヒットで出ると、相手のパスボールと死球で無死1・2塁となり同点のランナーも出た。ここで土浦湖北はサード関口くんがリリーフ。水城はじっくり攻めたいところだったが、ここで痛恨の送りバント失敗!ファーストファールフライで倒れた。それでも相手の失策などで1点を返して尚もチャンスが続いたが、あと1本が出ずにゲームセットとなった。 (終了 湖4-3水)



■スコア


土浦湖北

300001000 = 4 H6 E1

001010001 = 3 H9 E0

水城



13

14

 水城は初回の3失点を挽回することができなかった。夏悔しい思いをしたグランドで、またしても敗れてしまった。水城にとって土浦市営球場は相性の悪い球場となってきた。ただ、敗因としては、送りバントをしっかり決められなかったり、安易に無死のランナーを許したりと細かい野球ができなかった。中軸が完全に抑えられてしまったのも痛かった。



16


 土浦湖北はエースの大関友久くんの投打に渡る活躍が光った。打つほうは4安打と見事にチームを準決勝へと導いた。大関友久くんの活躍が目立った試合だったが、土浦湖北は細かい野球が出来ていた。守備は積極的な動きが今日は裏目に出てしまったが、気持ちが前に出ていた。6回表には関口くんの力走、それを助けた3塁コーチャの主将大房くんの判断など、相手に流れが傾きかけたところでの追加点を演出した。これで2年連続のベスト4。昨年は3枠あった中で関東大会を逃しただけに、相手は常総学院だがなんとか喰らいついて行きたいところだ。



15
【↑土浦湖北小川監督、見事な手腕で2年連続のベスト4】
関連記事

コメント

1. 無題

連日読ませて頂いてます!
息子が某野球部で今秋の県大会にも出場しました。他校の戦績が細かくわかり、たいへん参考になります。

自分的には水城サンが右腕二枚に、3番4番の左中心の打力でNo.1かと思いきや…

これから戦いが熱くなりますね!

2. Re:無題

>js学院ハイパーさん
こんばんわ!
いよいよ準決勝かと思うと早く感じます。水城の1番前島くんもなかなかでしたねぇ。
この県南の県立校の躍進はみんな昔の竜ヶ崎一高野球がルーツになっているようです♪

いつもブログ見ていただいてありがとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア