記事一覧

【秋の高校野球2014】第67回秋季関東地区高校野球 茨城大会展望


アメーバ関連記事

【秋の高校野球2014】第67回秋季関東地区高校野球茨城大会


 いよいよ明日から秋の県大会がはじまります!台風も行ってしまいましたし、明日は唯一の開催球場である県営球場に大集合の予感です♪


 さて今大会の展望ですが県南選抜の優勝校霞ヶ浦を、監督投票で上回った第1シードの常総学院だが仕上がりはいい模様。甲子園を経験した2年生の中でも石井くんの活躍が優勝には必須だろう。投手陣は1年生の鈴木昭汰くんや樫村くんを軸に展開しそう。佐々木監督になってから、いい意味悪い意味「クリーン」な選手が多くなった印象があるが、相手が嫌がる野球をひたすらやり抜き、おもわず「くそぉ」と言ってしまうようなガツガツするプレーを個人的には期待している。


 霞ヶ浦に関しては主力に怪我人が出た模様。投手力で最低関東大会の切符を掴みたいところ。打線は根本将汰くんや保立くんなどの器用な打者がチャンスを演出して、着実に加点したい。綾部くんは投打の軸となり新チームには欠かせない人材となった。本格派の綾部くんから変則左サイドの安高くんの継投は相手にとって脅威だろう。また、浅賀くんの台頭が安定感をもたらしている。県南選抜では上位に左バッターを並べてきたが、どのような打順を組んでくるかも興味があるところだ。


 茨城の2強体制を崩そうと選ばれた第3シードは明秀日立。金澤監督体制になってから入学した選手は最上級生となり県外の有力な選手でチームが構成された。遊佐くんの長打力や関くんの守備・バッティングなど周知してる人は多いが、これから実戦を重ねるにつれて様々な選手の顔と名前が一致していきそうだ。投手は主に右サイドスローの投手が2人いるなど充実している。個々の力があるだけに「点」が「線」になれるか?キーポイントはチームワークだろう。


 第4シードは水城。明日の開幕戦に登場する。夏は早々と姿を消して悔しい思いをしているだけに、秋はしっかり調整してきた印象だ。特に小林くんと大和田くんの両右腕のエース争いはチームにいい相乗効果をもたらしている。打者もつなぐ野球が出来ていてどの打順からでも得点が狙える。白瀬くんや根本くんの前にランナーを置きたいところだ。こちらも故橋本監督時代の選手はいなくなり、純粋な大川監督体制。2強に対抗できる力があるのか?期待したい。


 ノーシードについて。推薦の藤代は飯塚くんが打の中心。彼のバッティングセンスは夏に証明済み。スライドして山崎くんがエースとなったが、どのようなピッチングをするだろうか?その藤代は初戦総和工と対戦するが、今年は県西での注目チーム。エースの上原くんは安定感があり、捕手の湯本くんはかなりの強肩。特に注目すべきは機動力。染野くんがランナーに出ると得点力が上がる。走攻守そろったバランスの取れたチームだ。


 バランスが取れているといえば県立の石岡一。エース木村くんを中心にショート飯泉くんなど守りが固い。攻撃も川井監督の采配で大技小技が多彩。各選手それを着実に実戦する。県立で状態がいいといえば日立一。エース鈴木彩斗くんを中心とする投手陣は安定感抜群。打線はよくつながる。1年生に有力な選手が多く、橋本くんはチャンスに強い。チームの意識も今年はより一層高く、中山監督のもと統率力が上がり、躍動感のある野球を展開する。


 私立も有力校が乱立している。水戸葵陵は夏の経験者がほとんどで主将の齋藤くんが打線を引っ張る。1年生投手の海野くんがどこまで踏ん張れるかがポイントだろう。つくば国際はエース福田くんが本格派。打者を力でねじ伏せる。問題があるとすればスタミナだろう。忘れてはいけないのはつくば国際というチームは機動力のチームだ。鹿島学園は旧チームのパワフルな印象とは一転し、どりらかというと守りのチームという印象。打線もコンパクトな印象だが得点力は高い。大味なチームから洗練されたチームに変貌した。佐藤大智くんの足には要注意だ。つくば秀英は戸塚くんや野沢くんなどの投手陣が安定している。土浦日大は夏のバッテリーが大森くん宮部くんがそのまま残り試合を作る。


 そのほか久しぶりの玉造工や江戸崎総合、古河三など県大会でどのようなプレーをしてくれるか?茨城高専は10年ぶりの出場だ。守谷や土浦湖北、水戸商も力がありどんな選手が出てくるか楽しみだ。

 正直、全部のチームは見切れていない状況で、ほかのチームも十分に可能性がある。ただ、現実にはまだ2強時代といえるだろう。どこがその状態を打ち破るか?そして関東大会にはどこがいくのか?明日から熱い戦いが始まる。


関連記事

コメント

1. 無題

常総は練習試合で佐野日大・浦学・春日部共栄あたりに勝ってて好調のようですね。
打線の中では2番センターの竹内くんが嫌らしさを持ってると思います。

葵陵・藤代・水城あたりに勝っていかなければならないので楽な組み合わせではないですが、このくらいのブロックを勝ち抜かなければ関東では勝ち上がれないので良い組み合わせだと思います!

ただ春夏に下級生に経験を積ませなかった部分が秋に出てきそうな気がしますが…
夏に向けて、最低でも関東を経験してほしいです

2. Re:無題

>燕さん
コメントありがとうございます♪
好調という情報は結構入ってきてます!竹内くんですか~今度チェックします。今大会は石井くんの覚醒に期待してます。

>葵陵・藤代・水城あたりに
葵陵は打線が好調ですね。速いストレートには強いと思います。意外と軟投派のほうが有効かと思います。藤代と対戦する総和工はバランスが取れていて侮れないですね。水城は投打標準以上ですが、つくば国際戦で尺度がわかりそうです。

霞ヶ浦の状態も気になりますが、常総の新戦力も気になります。順当にいけば準々決勝を観戦する予定なのでよろしくお願いします。

3. 無題

霞ヶ浦の根本薫君は怪我ですかね…
個人的に注目してるのは常総学院の1年生清水君です!
まだ粗さがありますが、先輩の内田選手のようなスケールの大きい選手になってほしいかな

あと金澤監督が就任当時「3年で常総を倒して甲子園」という目標を掲げて、今大会から丁度3年目になる明秀日立が気になります

4. Re:無題

>アルファさん
こんばんわ~
返事が遅れてしまってすいません。
霞ヶ浦は捕手の佐野くんが怪我と聞いたのですがガセだったかな~!?自分が記者なら取材するのにな~。
根本薫くんも本当に怪我か、よっぽど調子悪いか?何かきな臭いですね。

常総の清水くんは自分も期待してます。期待してた石井くんは葵陵で満塁HRと、好調のうわさは本当だったようです。

明秀日立はやはり手ごわいと思います。まだ、確認してない選手が何人かいるので分かりませんが、これからますます目が離せないです。

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア