記事一覧

【秋の高校野球2014】 茨城大会 水戸地区代表決定戦 水戸葵陵-水戸農


アメーバ関連記事

【秋の高校野球2014】第67回秋季関東地区高校野球茨城大会



2014年9月16日(火)

水戸市民球場


水戸地区代表決定戦

水戸葵陵-水戸農



01

 夏のベンチ入りメンバーが多く残る水戸葵陵。チームの仕上がりも早く秋は県の上位を狙って行きたい。投打バランスが取れていて、水戸ジュニア大会でもブロック優勝と最高のスタートを切っている。対する水戸農は初戦茨城に6-1と快勝。連投となるエース嶌嵜(しまざき)くんの出来がゲームを左右しそうだ。ショート岡崎くんは昨日ホームランを放っている。

 専攻は水戸農、後攻は水戸葵陵でメンバーは以下のとおり(わかる範囲で)


水戸農

1 (遊) 岡崎 ⑥ 2年

2 (中) 小泉 ⑧ 1年

3 (捕) 大曽根② 2年

4 (一) 照沼 ③ 2年

5 (投) 嶌嵜 ① 2年

6 (左) 伊藤?⑦ ?年

7 (二) 菊地?④ ?年

8 (右) 増山 ⑨ 2年

9 (三) 宮崎 ⑤ ?年


水戸葵陵

1 (遊) 中西 ⑥ 2年

2 (右) 大森 ⑨ 2年

3 (二) 齋藤 ④ 2年

4 (左) 鈴木 ⑦ ?年

5 (三) 冨山 ⑤ 1年

6 (一) 海野雄太③ 2年

7 (中) 稲澤 ⑧ 2年

8 (捕) 尾島 ② 2年

9 (投) 海野貴嗣① 1年



 1回表、水戸農は2死から相手のエラーで出塁。水戸葵陵バッテリーが制球に苦しんでる隙をついて大曽根くんが盗塁を決める。先制したいところだったが水戸葵陵先発の海野貴嗣くんの速球に振り遅れて凡退してしまった。 (1回表 農0-0葵)



02

【↑水戸葵陵先発エース海野貴嗣くん】


03
【↑1回表、相手のエラーからチャンスを作る水戸農】


 1回裏、水戸農の先発は連投の嶌嵜くんだったが、立ち上がりは低目を丁寧について水戸葵陵打線を打たせてとり3者凡退。上々の立ち上がりだった。 (1回裏 農0-0葵)



04

【↑水戸農先発連投の嶌嵜(しまざき)くん】


 2回裏、水戸農は先頭打者をエラーで出してしまう。すると、水戸葵陵6番海野雄太くんにレフト線の2ベースヒットを浴びて先制を許した。 (2回裏 農0-1葵)



05

06
【↑2回裏、水戸葵陵6番海野雄太くんのタイムリーで先制】


 3回表、水戸農は反撃にでた。水戸葵陵海野貴嗣くんのストレートに狙いを絞り、9番宮崎くん、1番岡崎くんとヒットが続いた。無死1・2塁だったので送っても良かったが、水戸農は強行策。しかし、裏目に出てサードゴロのダブルプレーに倒れてチャンスをつぶしてしまった。 (3回表 農0-1葵)



07

【↑3回表、水戸農同点のチャンス】


 3回裏、水戸葵陵は8番尾島くんがヒットで出塁して上位に回すと、水戸農はまたしても内野のミスでピンチをひろげる。ここで、水戸葵陵1番中西くんがレフトへ2点タイムリーヒット。すると、緊張の糸が切れたかのように水戸農はバッテリーエラーを頻発してしまう。その後は3番齋藤くんと5番冨山くんのタイムリー3ベースでこの回一挙4点と水戸葵陵が試合の主導権を握った。 (3回裏 農0-5葵)



08

09
10
11
【↑3回裏、水戸葵陵3番齋藤くんセンターオーバーのタイムリー】


 序盤の均衡が破れてからは、水戸葵陵が地力を発揮して7番稲澤くんの2点タイムリーなど着実に追加点していった。水戸農も5回から平山くんがリリーフして建て直しを図るが、勢いにのった水戸葵陵打線を抑えるのは容易ではなかった。また攻撃面では、ヒットは出るもののことごとぐダブルプレーに倒れてしまう。 (6回表 農0-8葵)



12

【↑水戸農は5回から背番号11平山くんがリリーフ】


13
【↑5回裏、2点タイムリーの水戸葵陵7番稲澤くん】


 6回裏、水戸葵陵は2番大森くんのセフティバントから3番齋藤くん、4番鈴木くんの連打で2点を追加、10点差となりコールドゲームが成立し、試合終了のサイレンがなった。 (終了 農0-10葵)



14


■スコア


水戸農

000000 = 0 H4 E3

014122x = 10 H13 E1

水戸葵陵

(6回コールド)




15


 水戸葵陵が快勝して県大会出場を決めた。打線は破壊力があり各打者調子も良さそうで期待ができる。特に3番の齋藤くんはチャンスに強そうだ。県の好投手に対してどのようなバッティングを見せてくれるのか?楽しみだ。エース海野貴嗣くんに関しては、力強いストレートをどんどん投げ込むタイプだが、今日は前半制球が不安定できわどいコースがことごとくボールの判定だったために苦しんだ。終盤は力みも取れてよくなった。



16


 水戸農は連投の嶌嵜くんが序盤コースを丁寧について試合を作りかけていたが、味方のエラーをきっかけにリズムを崩してしまった。バッティングはそれほど悪くなく、水戸葵陵海野くんの速球も弾き返していた。ただチャンスを作るも強行策がことごとく裏目に出た。守備と送りバントの精度を上げて春以降の巻き返しを期待したいです。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア