記事一覧

【秋の高校野球2014】 茨城大会 県北地区代表決定戦 日立一-磯原郷英


アメーバ関連記事

【秋の高校野球2014】第67回秋季関東地区高校野球茨城大会



2014年9月15日(月)

日立市民球場


県北地区代表決定戦

日立一-磯原郷英



01

 投打の軸である鈴木彩斗くんなど夏の主力が多く残った日立一。新チームは戦力が充実しており県大会上位を目指す。磯原郷英は1回戦を接戦で勝ちあがり、連戦になってしまうが、今日は接戦に持ち込んでなんとか勝機をものにしたい。先攻は日立一、後攻は磯原郷英でプレイボール。メンバーは以下のとおり。


日立一

1 (中) 板垣 ⑧ 1年

2 (二) 塙  ⑳ 2年

3 (投) 鈴木 ① 1年

4 (捕) 関  ② 1年

5 (三) 橋本 ⑤ 1年

6 (右) 木村 ⑨ 2年

7 (遊) 吉原 ⑥ ?年

8 (一) 青山 ⑲ 2年

9 (左) 宮内 ⑦ 1年


磯原郷英

1 (遊) 三浦 ⑥ 1年

2 (右) 布施 ⑨ 2年

3 (一) 坂本 ⑤ 2年

4 (左) 中野 ⑦ 2年

5 (捕) 伊藤 ② 2年

6 (二) 工藤 ④ 2年

7 (投) 大谷 ① 1年

8 (三) 古茂田⑩ 1年

9 (中) 永山 ⑧ 1年



 1回表、初回から攻勢をかけたい日立一だったが、磯原郷英エース大谷くんの球威があり苦戦する。ただ、磯原郷英に緊張からかエラーが出て2死1・3塁のチャンス。ここで5番橋本くんが逆らわないバッティングでレフト前に運び、日立一が1点を先制した。 (1回表 日1-0磯)



02

【↑磯原郷英エース大谷くん】


03
【↑1回表、先制タイムリーの日立一5番橋本くん】


 1回裏、日立一の先発はエースで1年生の鈴木彩斗くん。右オーバーハンドで伸びのあるストレートと曲がりの大きい変化球で三振が取れるバランスのいいピッチャーだ。磯原郷英1番三浦くんには低めのスライダーをうまくすくわれてヒットを許すが、相手の送りバントのミスにも助けられて落ち着きを取り戻し、後続はみごとなピッチングで打取った。 (1回裏 日1-0磯)



04

【↑日立一先発のエース鈴木彩斗くん】


05
【↑1回裏、うまいバッティングで出塁の磯原郷英1番三浦くん】


 2回表、日立一の下位打線がチャンスを作る。7番吉原くんがライト前ヒットを放つと、磯原郷英のバッテリーエラーによりチャンスがひろがる。そこで9番宮内くんが絶妙なセフティバント!無死満塁とした。

 ただ、磯原郷英の大谷くんもここはふんばって、犠牲フライの1点にとどめることができた。 (2回表 日2-0磯)



06

【↑2回表、日立一9番宮内くんの絶妙なセフティバント】


 日立一の鈴木彩斗くんは、2回以降変化球を低めに集めてテンポのいいピッチングを展開し、味方の援護を待った。磯原郷英も粘りのある守りを展開し好機を待った。 (4回裏 日2-0磯)



07

【↑ピンチをダブルプレーで切り抜けた磯原郷英】


 5回表、とうとう日立一打線が爆発した。この回先頭の3番鈴木彩斗くんのヒットを皮切りに、1死2・3塁のチャンスを作る。ここで6番木村くんがライトに運び2点タイムリーを放ち、点差をひろげていった。四球も絡んでその後も日立一の猛攻がおさまらず、8番橋本くんの長打などでこの回一挙7点。磯原郷英はバッテリーエラーを頻発してしまうなど動揺が隠せなかった。 (5回表 日9-0磯)



08

【↑5回表、タイムリー2ベースを放った日立一6番木村くん】


09


 日立一は6回に右スリークォーターの赤津くん、7回には左オーバーハンドの片山くんが勢いのある投球で磯原郷英打線の反撃を断った。磯原郷英も6回から坂本くんがマウンドにあがり2イニングを無失点に抑えたが、攻撃陣が一矢報いることができなかった。 (終了 日9-0磯)



10
【↑磯原郷英は6回から主将の坂本くんがリリーフする】 



11
【↑日立一も主将の赤津くんが6回にマウンドへ】


12
【↑日立一は7回に左腕の片山くんが登板】


13


■スコア


日立一

1100700 = 9 H11 E0

0000000 = 0 H1 E1

磯原郷英

(7回コールド)



15


 日立一は夏に守りのミスから接戦をものにすることができなかった。その修正はしっかりとされているようで、シートノックからキレのある動きをしていた。投手陣はかなり充実している。県の上位チームに十分対応できる戦力だ。鈴木彩斗くん以外の今日投げた赤津くん片山くんの2投手の存在が大きい。日立一のディフェンスはかなり固そうだ。攻撃陣も状況に合わせた柔軟なバッティングができる。中山監督の指導のもと、チーム状態はかなりいいと見受けられた。



16


17
【↑日立一の中山監督が選手に「考える」野球を埋め込む】


 磯原郷英も中盤守備をよくがんばっていたが、ヒットが初回の1本のみと攻撃面で沈黙してしまった。今日はバッテリーが自滅してしまった面が大きかったので、無駄な四死球やパスボールを減らしていってほしい。まあ、昨日接戦を展開しての連投なのでキツイ面はあったかもしれない。ただ、がっしりした体の選手や下級生も多いので、春までにどのように成長しているのか!?期待したい。



14


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア