記事一覧

【県南地区選抜大会2014】 準決勝 霞ヶ浦-取手松陽


アメーバ関連記事

【秋の高校野球2014】第67回秋季関東地区高校野球茨城大会

【県南地区選抜大会2014】試合結果



2014年8月22日(金)

龍ヶ崎市たつのこスタジアム


県南地区選抜大会準決勝

霞ヶ浦-取手松陽



01

02

 遠かったけど来てみました!!いい球場ですね。第一印象は外野広いな~~。しかし、今日は暑すぎで半熱中症でした。でも、電光掲示板に選手名表示してくれて本当感謝!さすが県南!

 新チームになり早くも夏のベスト4のカードの再現となった。ただ、取手松陽はエース候補の内村くんは温存し、新戦力の左腕山田くんが先発。霞ヶ浦も旧チームではベンチ入りしてなかったこちらも左腕の浅賀くんが先発した。霞ヶ浦のユニフォームがいつものと違かったので何かと思ったが、聞いた話だとセカンドユニフォームらしい。



25

【↑取手松陽宮本監督】


 また、取手松陽は宮本監督の熱血指導の声がよく響いていた。シートノックでは「目を切るな~」や「次のプレーを常に~」といった言葉が飛び交っていて印象的でした。選手同士の声かけもすごく意識してやってました。

 


03


04

 霞ヶ浦は上位に左バッターをずらっと並べていたのが印象的。1年生中心のオーダーだが今までの霞ヶ浦と違い体格のいい選手が結構揃っている。取手松陽は注目のバッター川村くんが依然として3番に座る。先攻は取手松陽で試合が始まった。



05

【↑霞ヶ浦先発の左腕浅賀くん】


 1回表、霞ヶ浦先発の浅賀くんは左のオーバーハンド。キレのあるストレートで取手松陽のバッターを簡単に打ち取っていく。川村くんに対しても臆せずファーストゴロに打取る。さずがに打球は速かったが。 (1回表 松0-0霞)



06

【↑取手松陽の打の中心、3番川村くん】


 1回裏、取手松陽先発の山田くんだが先頭打者にいきなりストレートの四球を与えてしまう。1アウトをとったが霞ヶ浦3番佐野くんにストライクを取りにいった甘いボールを痛打され1死2・3塁とされる。4番根本薫くんに対しては警戒しすぎてまたも四球。ここで宮本監督は痺れを切らしてマウンドに左腕の福山くんを上げる。しかし、霞ヶ浦5番の小川くんに代わり端をあっさり打たれてしまい2点を先制されてしまった。 (1回裏 松0-2霞)



07

【↑1回裏、霞ヶ浦は3番佐野くんの2ベースで先制のチャンス】


08
【↑取手松陽は福山くんが緊急登板】


 2回表、霞ヶ浦の守りだが死球のランナーを送られ1死2塁。ここでセカンドへのなんでもないゴロをエラーしてしまい、ボールは外野の芝生へ転々と転がる。この間に取手松陽平くんが一気にホームへ。霞ヶ浦はまずい守りで1点を献上。高橋監督は激オコでセカンドを保立くんに交代。 まあ、両チームとも実戦慣れしてない選手の多いこの時期は監督のベンチからの音量はかなり高めだ。(湖北のあのお方はどうだったのか!?) (2回表 松1-2霞)



09

【↑2回表、取手松陽相手のエラーで1点返す】


 3回表から霞ヶ浦は綾部くんが登板。新戦力を試しながらも確実に勝ちにきていた。右オーバーハンドの本格派でエース候補。球威があり見かけるたびに威力を増している。伸びしろを感じる選手だ。腕が上から良く振れていた。悪いときは腕が斜めになっている印象があった。多少力んで荒れ球もあったが、取手松陽の打者は力負けして3者凡退。9番から始まったが期待の川村くんの前にランナーを出すことができなかった。 (3回表 松1-2霞)

 


10

【↑霞ヶ浦は3回から綾部くんがマウンドへ】


 綾部くんがリズムを作ると霞ヶ浦の打線もそれに応えた。3回裏に2本のツーベースで1点を追加。4回裏には途中起用の保立くんがライトへのクリーンヒットで出ると8番飯村くんも続きチャンスを作る。上位の2番根本将汰くん、3番佐野くんの連続タイムリーなどで打線がつながり取手松陽を引き離した。 (4回裏 松1-5霞)



11

【↑3回裏、タイムリーを打ち2塁へ滑り込む霞ヶ浦4番根本薫くん】


13
【↑4回裏、タイムリーの霞ヶ浦2番根本将汰くん】


 グランド整備明けの6回表、取手松陽はここまでノーヒットだったが、ようやく打線が繋がった。霞ヶ浦綾部くんはこの回は制球が定まらずボール先行の投球。ストライクを取りにきた球を9番朝日向くんが打ち返しチーム初ヒットで口火を切る。その後パスボールなど2死3塁となったところで2番石田くんがライト前へタイムリーヒット、高めの甘いボールを思いっきりひぱった。霞ヶ浦綾部くんはこの回制球に苦しんだせいかコースがまとまってしまった。 (6回表 松2-5霞)



14


15
【↑6回表、取手松陽2番石田くんのタイムリーで反撃】


 取手松陽の1回に緊急登板した福山くんだが失点はしているものの大きく崩れることはなくのらりくらりと打たせてとっていた。ストレートとスライダーを組合せて、緩急もうまく使っていた。逆に霞ヶ浦はもうひとりのエース候補である左サイドスローの安高くんが登板。球の出所が分かりづらくフォームがいっしょで球種も読みづらい。また、今日は以前より投球テンポが速く感じた。



16


17
【↑7回表、霞ヶ浦は安高くんがリリーフ】


 試合も終盤となった8回裏、霞ヶ浦は7番保立くんが右中間への3ベース!途中出場で2本の3ベースを含む3安打と大爆発。その後は4回裏と同じパターンで上位打線がしっかりランナーを返して2点を追加。試合を決めた。 (8回裏 松2-7霞)



18

【↑8回裏、霞ヶ浦8番飯村くんのダメ押しタイムリー】


19
【↑8回裏、テキサスヒットでもう1失点し呆然とする取手松陽】


 9回表、取手松陽は5番高須くんの2ベースなどで粘るが、投打で上回った霞ヶ浦が試合の主導権を握り7-2で勝利した。



21
【↑9回表、取手松陽5番高須くんが2ベースで粘る】


■スコア


取手松陽

010001000 = 2 H4 E0

20120002X = 7 H15 E1

霞ヶ浦



22

 霞ヶ浦の打線はなかなか得点力がありそうだ。なんといっても上位がすべて左バッターというオーダー。下位打線でチャンスが作れると更に得点が期待できそう。投手は綾部くんの球威はなかなかいいが、もろさもある。ただ、新チームは投打バランスが取れていて旧チームよりはチーム力としては上なのではないかと思う。投手の起用法だが綾部くん→安高くんという継投でいくのか?単独で1試合完投型か?今後、どうなるのか楽しみだ。



24

【↑今日途中出場で3打数3安打内2本が3ベースの霞ヶ浦保立くん】


23

 取手松陽はこの時期で私学の霞ヶ浦と比べてしまうのはキツイが、ノーエラーはさずが。新戦力をかなり試せたのでシードもとったし収穫は大きかったと思う。投打の軸がしっかりしているだけにほかの選手が頑張れば非常に楽しみなチームだ。2試合目が終わって帰ろうとしても、横の広場で取手松陽の円陣の中央に熱弁する宮本監督の姿があった。

 あと、クリームソーダありがとうございました~。異常にうまかったです。無果汁なのにメロンが濃かった!



26

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア