記事一覧

【夏の高校野球2014】茨城大会2回戦 下館工-藤代


アメーバ関連記事

【秋の高校野球2013】茨城大会

【秋の高校野球2013】関東大会

【春の高校野球2014】茨城大会

【春の高校野球2014】関東大会


第96回全国高等学校野球選手権茨城大会_メインページ



2014年7月12日(土)

土浦市営球場


茨城大会2回戦

下館工-藤代



01

02

 1回戦みごとなピッチングでノーヒットノーランを達成した下館工の谷中くん。対するは強豪藤代ということもあって、この猛暑の中にもかかわらず土曜日の土浦市営球場は超満員状態!注目度の高さをうかがわせる。ロースコアの試合が予想され、先制点をどちらがとるかによって試合展開が変わりそうだ。先攻は下館工、後攻は藤代で試合が始まった。



04

03


 1回表、下館工は2死から3番の高橋くんがレフト前へクリーンヒット!期待の4番谷中くんまで回したが、サイン違いか?1塁ランナーが飛び出してしまい挟殺。先制とはいかなかった。藤代の先発は背番号1のエースで左腕の竹内くん。昨夏も経験してる安定感のあるピッチャーだ。 (1回表 下0-0藤)



05

【↑藤代先発エースの竹内くん】

06
【↑1回表、下館工の打の中心である3番高橋くんがヒットで出塁】


 1回裏、注目の下館工先発谷中くんの立ち上がりだが、あまり力んだ様子もなく無難な立ち上がり。藤代の強打者3番根本くんとの最初の対決は三振に打取り、谷中くんに軍配が上がった。 (1回裏 下0-0藤)



07

【↑今大会注目の右腕、下館工のエース谷中くん】


 2回表、この回先頭の谷中くんのあたりはレフトへの大飛球!入ったか?・・・と思ったがレフトの小平くんがフェンスギリギリで捕球した。また、6番関根くんがヒットで出たが、今度はけん制球でタッチアウト。なかなか波に乗れなかった。 (2回表 下0-0藤)


 3回表、雑な攻撃が目立っていた下館工だが、この回の先頭打者が四球で出て送りバント!いよいよ得点圏にランナーを進めた。ここで、9番古田部くんが値千金のタイムリーヒット!!待望の先制点が入った。下館工が先制したことによって、試合が俄然面白くなってきた。藤代の竹内くんだが、どうも変化球の制球に苦しんでいて、ストレートに的を絞られていてた。 (3回表 下1-0藤)



08

【↑3回表、下館工8番程塚くんが送りバント】


09
10
【↑3回表、下館工9番古田部くんが先制のタイムリー】


 3回裏、味方の先制点に感化されてか?それを受けて下館工谷中くんは、この回藤代打線を3者連続三振!!この日最高の142kmをマークした。 (3回裏 下1-0藤)


 4回裏、藤代は打順が2巡目に入った。1番古谷くんの打球はレフト線にフラフラとあがりポテンと落ちた。打球が弱かった分2塁まで到達!藤代がチャンスを迎えた。続く2番文成くんは谷中くんの速球を見事に送りバント。1死3塁とした!ここで迎えるは3番根本くん。さきほどは三振に倒れたが、今度は速球を思い切りたたきレフトへ鋭いあたり!根本くんの勝負強いバッティングで藤代がすかさず同点に追いついた。 (4回裏 下1-1藤)



11

12
【↑4回裏、藤代3番根本くんの同点タイムリー】


 前半戦はものすごく早いペースですすみ、勝負は後半へ持ち越しとなった。 (5回裏 下1-1藤)



13


 6回裏、藤代はこの回先頭の9番織田くんがレフトへ2ベースヒット。下館工鶴見くんも横っ飛びするが捕球することができなかった。藤代の各打者が谷中くんのストレートに対応してきた。すると、ふっと気が抜けて1番古谷くんの打席で捕手がほんの少しボールを後逸。しかし、2塁ランナーの織田くんがほんの少しの隙を突いて3塁へ!相手の隙を突く藤代の強さが伺えた。



14

【↑6回裏、藤代9番織田くんがチャンスを作る】

15
【↑6回裏、下館工ちょっとした隙を突かれて進塁を許す】


 1死3塁になり迎えるは2番文成くん!ここでスクイズ?と思いきや中途半端なバントの構え。3塁ランナーも飛び出して藤代はチャンスを潰した・・・・・・・かに思えたが3塁に戻ったランナーはセーフ!!下館工は送球がずれてアウトにできなかった。どちらもボーンヘッド!しかし、2番文成くんはすぐに切り替えてコンパクトなスイングをしてきれいなセンター返し。ドタバタだが、藤代がついに勝ち越した。 (6回裏 下1-2藤)



16
【↑6回裏、藤代2番文成くんの勝ち越しタイムリー】


 藤代竹内くんだが、中盤以降変化球の制球も安定し、下館工打線に的を絞らせなかった。初戦ということで前半は固さがあったのか?尻上がりに状態が良くなってきた。5回から8回まで許したヒットはたったの1本。試合の流れを引き寄せた。 (8回表 下1-2藤)



17

【↑8回表、3者凡退に抑えベンチに戻る藤代竹内くん】


 8回裏、下館工は先頭打者を打ち取り1アウトと思った矢先に内野手が悪送球。試合終盤にミスがか重なった。さらに、谷中くんがボークの判定!藤代は労せず無死2塁のチャンスを迎えた。ここで、きっちり送りバントをしてきて1死3塁。藤代の9番織田くんのあたりはレフトへ・・・・。タッチアップで3塁ランナーが生還し、勝負を決める3点目が藤代に入った!! (8回裏 下1-3藤)



18

【↑8回裏、下館工ピンチを迎える】


21
【↑8回裏、藤代決定的な3点目!】


 9回表、じわじわ追い詰められた下館工は3番高橋くんからの好打順だったが、乗ってきた竹内くんを攻略することは出来ずに3者凡退。「波乱」は起きなかった! (終了 下1-3藤)



22
【↑9回表、藤代ショート文成くん大事に捕球】

24

25
【↑下館工谷中くんの夏が終わる・・・】


■スコア


下館工

001000000 = 1

00010101X = 3

藤代



26

 終わってみれば、藤代が勝負強さを見せ付けた試合だった。下館工が勝つには先制するのが条件で、実際に先制したときは「波乱」の予感もした。しかし、試合巧者の藤代は相手のミスを逃さなかった。また、谷中くんの速球に対してやや差し込まれていたものの決して振り負けてはいなかったし、送りバントも難しかったと思うがしっかり決めてきた。試合までの期間、しっかり準備してきたことが伺えた。



20


 谷中くんも江戸川学園戦よりは球威がなく腕が振れていなかった(ほんの少しだけど)。また、結果論だが先頭打者を出してしまったことが悔やまれる。また、外野の守備位置に少し問題があった。左バッターに対しては、谷中くんにバッターが力負けする確率のほうが高いのだから、レフトはもう少し前進してレフト線へ寄るべきだった。



27


 藤代は昨年4回戦で延長の末敗退。そのとき竹内くんもマウンドにあがっていた。根本くんも好投手谷中くんとの勝負に勝ち今後この二人が波に乗ればやはり手強いチームになるだろう。とりあえず、藤代としては前半の山を乗り切った。 


関連記事

コメント

1. 甲子園へまず1勝

お客さん、かなり入ってますね。
会社休んで観に行けば
よかったかなぁと思います。

順当に行けば準々決勝で
土浦湖北、準決勝で常総学院、
決勝で霞ヶ浦と当たるはず。
強敵ばかりですが
3年ぶりの甲子園に向けてまず1勝。
今日は独り祝勝会を
したいと思います(笑)。

2. Re:甲子園へまず1勝

>かわら版編集長さん
お疲れ様です。いや~久々に満員の土浦でした。スコアボードの下は日陰で人気でした(笑)

藤代は普通に谷中くんに対応できてました。あの早い球をバントできるかどうかに着目してたのですが、バッチリでした。贅沢いうと竹内くん以外の投手も見たかったのですがこの次ということで。
順調にいけば、次の山は土浦湖北ということになりそうです。では、祝勝会を満喫してください♪

3. すごっ

取手松陽凄くないですか?
水城にも勝っちゃうかもW

4. Re:すごっ

>ちゃんえさん
こんばんわ~

水城に勝つのは不可能じゃないと思います。まあ、実際17日に観戦に行きます!

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア