記事一覧

【夏の高校野球2014】茨城大会1回戦 石岡一-取手二

アメーバ関連記事

【秋の高校野球2013】茨城大会

【秋の高校野球2013】関東大会

【春の高校野球2014】茨城大会

【春の高校野球2014】関東大会


第96回全国高等学校野球選手権茨城大会_メインページ



2014年7月7日(月)

土浦市営球場


茨城大会1回戦

石岡一-取手二



01


02

03

05

 今大会はシード権を逃した石岡一だが、投手力・攻撃力・守備力とどれをとっても標準以上でバランスの取れたチーム。一方、取手二は茨城の高校野球ファンならお馴染みのスカイブルーのユニフォーム。校歌が流れたときには「あ~なつかし~~」という気持ちになった。今年のチームはなかなか公式戦では結果を残せていないが、夏に向けて強化した攻撃力が発揮したいところだ。



06


07

04

 ・・・・って、この雨で試合やるの??グランドに水浮き始めたよ!ということで昨日の夏の日差しとは一転、今日は雨模様で肌寒い。まあ、結局試合は行われたが40分遅れのスタート!グランド整備の霞ヶ浦とつくば国際の選手はドロだらけの重労働!本当にお疲れ様でした。



08

09
【↑石岡一先発背番号11左腕の木村くん】


10
【↑取手二先発エース岩本くん】


 石岡一の先発は背番号11で2年生左腕の木村くん。バランスがフォームで低めによく落ちる変化球が武器だ。一方、取手二の先発はエースの岩本くん。コントロールが良かった。特に、バッターの膝元にストレートと同じ軌道で沈むボール(ツーシームかな?)が非常に有効だった。



11


12


 石岡一は得点圏にランナーを進めることはできたが、その沈むボールにやられてあと1本がでなかった。5回を終わって両チーム無得点。取手二としてはいい流れとなった。



13


14

 6回裏、石岡一は今まで苦しめられていた低目の沈むボールに対応し始めた。若干体制を崩しながらも強引にボールをたたきにいった。すると、打線が繋がり始めてこの回一挙5点。

 7回裏にも勢いは止まらずに2点を追加しコールドゲーム。終わって見れば貫禄の勝利だった。



16

17


■スコア


取手二

0000000 = 0

0000052 = 7

石岡一

(7回コールド)



18


19

 石岡一の木村くんは春より安定感が増したような気がする。味方の援護がなかった前半戦を悪天候の中よく我慢したと思う。取手二もいいところまでいったが、好投の岩本くんを打線が援護できなかった。

 結果はコールドとなってしまったゲームだが、石岡一には慢心する気持ちは全く感じなかった。それはベンチの川井監督がとにかく常に声を出して必死に指示を与えていた。この夏の大会にかける想いが伝わるベンチワークだった。



15



※雨でノートに記録が録れなかったため、詳細がお伝えできず申し訳ありませんでした。


 

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア