記事一覧

【夏の高校野球2014】茨城大会1回戦 土浦日大-日立一

アメーバ関連記事

【秋の高校野球2013】茨城大会

【秋の高校野球2013】関東大会

【春の高校野球2014】茨城大会

【春の高校野球2014】関東大会


第96回全国高等学校野球選手権茨城大会_メインページ



2014年7月5日(土)

水戸市民球場


茨城大会1回戦

土浦日大-日立一



01


 昨年まではエース加賀屋くんを中心とするチームだった日立一。今年は有望な新1年生も加入して上位を目指したいところ。土浦日大は大きくメンバーが入れ替わったが長打力は健在。また、両校の応援がもの凄かった!凄すぎてアナウンスの声が全くきこえなかった。



03

【↑日立一応援席】


04
【↑土浦日大応援席】

 日立一の先発は左のエースナンバーをつけた木村くんではなく、なんと1年生の右の鈴木彩斗くん。土浦日大は安定感のあるエース大森くんの先発だった。



02

【↑土浦日大先発、エースの大森くん】

 1回表、日立一は1死1・2塁のチャンスをランナーが飛び出してチャンスをつぶしかけたが4番清水くんの長打が飛び出し1点を先制。幸先のいいスタートを切った。 (1回表 日1-0土)


 2回表、日立一は更なる攻勢に出た。各自狙い球を絞っていたのか?バットの振りが鋭く連打で加点していった。6番青山くんのヒットを皮切りに、小室くん、鬼木くん、佐藤くんとつないでこの回一挙4点を追加して大きなアドバンテージを得た。 (2回表 日5-0土)


 2回裏、このまま波に乗りたい日立一だが、先発の鈴木くんがピリッとしなかった。変化球主体の投球、というかほとんど変化球だったのだが、いまいち抑えが利かずボールがうわずっていた。土浦日大の5番筧くん、6番宮林くんの連打と死球で無死満塁となり、ダブルプレーの間に失点。更になんでもない内野ゴロをトンネルしてしまい、タイムリーエラーで更に失点と相手に2点を献上した。 (2回裏 日5-2土)

 4回裏、日立一は早くも左の木村くんに継投したが、コントロールが安定しない立ち上がりを狙われた。土浦日大はヒットと四球、送りバントで1死2・3塁のチャンスを作った。すると、2番宮部くんの犠牲フライから、3番中里くんのレフトへの2ベース、4番田中くんのライトオーバーの2ベースなど、土浦日大の長打が炸裂しこの回3点。一気に同点に追いついた。 (4回裏 日5-5土)

 

 その後は両エースとも持ち前の粘りを発揮し、ゼロ行進が続いたが、内容は土浦日大優勢だった。エースの大森くんの表情に疲労感があったが、尻上がりに内容が良くなった。日立一の木村くんはいっぱいいっぱいの内容だったが、なんとか凌いでいた。特に6回裏に二死満塁から右中間に大飛球が飛んだが、佐藤くんのダイビングキャッチで3失点のところを無得点で切り抜けるなど、粘りに粘っていた。


 9回裏、土浦日大は7番大森くんがヒットで出て2死2塁。1番、宮本くんのあたりはセカンドの後方へ・・・・。サヨナラか?と思ったが日立一セカンドの橋本くんがダイビングキャッチ!早くも今大会初の延長戦へと突入した。ちょうど、球場の日差しも長くなってきた。 (9回裏 日5-5土)


 11回表、日立一は1死から1番佐藤くんがヒットで出ると、2番塙くんのあたりはファーストへのライナー。土浦日大の宮林くんがハンブルしチャンスが拡がるかと思いきや、ハンブルしたボールを落とさずにキャッチ!ベースを踏んでゲッツー、チェンジ。日立一のチャンスが一瞬で消えた。 (11回表 日5-5土)



06

【↑11回表のピンチを切り抜ける土浦日大】

 11回裏、土浦日大は5番筧くんがレフト前ヒットでサヨナラのランナーが出た。しかし、6番宮林くんがサードゴロで併殺・・・・。と、思ったが併殺を焦った日立一は悪送球でオールセーフ。無死1,2塁となり1点でいい土浦日大は7番大森くんが送りバント!ここで日立一はファーストが補給できずオールセーフ。無死満塁のかと思いきや、弾いたボールが転々としている間に土浦日大の筧くんがホームイン!!土浦日大がサヨナラ勝ちした。・・・なんという幕切れだろう。 (終了 日5-6x土)



07



■スコア


日立一

140000000 00 = 5

020300000 01x = 6

土浦日大

(延長11回)



 土浦日大がもたついてしまった原因は、当たっているバッターに送りバントをさせてしまったこと。確かに1点取れば勝ちの展開だったが、相手にしては無死1塁から当たってるバッターが思い切り振ってくるほうが断然嫌だし、大概警戒して四球となるケースが想定される。送りバントでアウトカウント増えたほうがラッキーになってしまっていた。何が良かったかというと、この試合は、土浦日大エース大森くんの粘りのピッチングに尽きると思う。



05


 日立一も序盤の失点は仕方ないにしても、結果としては3回以降無得点。攻撃面ではランナー飛び出しなど雑な走塁でチャンスをつぶしたり、守りは致命的なタイムリーエラーを生んでしまうなど、もったいないプレーが多かった。また、ピッチングは土浦日大の長打を警戒してボールが増えたり先行するなど窮屈な投球を強いられた。逆に、よく延長まで持ち込めたと思う。しかしながら、序盤の集中打は見事だった。また、ベンチの選手と応援席が一緒になって戦ってるのが伝わってきて、このまま1回戦で消えるには実に惜しいチームだった。



 

関連記事

コメント

1. 無題

お疲れ様でした~。
ミスは出たものの、高校野球の面白さが凝縮したような素晴らしい試合でした。
日立一は秋以降も楽しみなチームですね。

2. いや~楽しい試合でした

>シュレディンガーのぬこさん
おはようございます
日立一は負けてしまいましたが、おっしゃる通り将来楽しみです
応援は凄すぎです!
佐藤くんのダイビングキャッチで泣きそうになりました!

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア