記事一覧

【春の高校野球2014】茨城大会1回戦 下館一-石岡一

※写真は後ほどUPします。


2014年4月27日(日)

水戸市民球場


茨城大会1回戦

下館一-石岡一



秋は常総学院に惜しくも逆転負けしてしまったがベスト8に進んだ下館一。春の選抜21世紀枠の茨城県推薦校にも選ばれた。チームの中心はエースの森山くんで制球力のいい投手だ。

一方の石岡一は秋、水戸工に惜敗したもののこちらも制球力のいい浅尾くんという投手がいる。また、石岡一は昨年の春でベスト4進出するなど年々力をつけてきている。部員数も多いので層が厚い。

似たようなタイプの県立校同士の対戦は、無駄な四死球や送りバント失敗などが勝敗を分ける接戦になるのではないかと予想した。



石岡一は浅尾くん、下館一は森山くんと予想通りの先発だった。

1回表、下館一は幸先よく1番の広瀬くんがヒットで出たが、次の打者の打球が体に当たり守備妨害でチャンスを潰す。

一方石岡一はその裏の攻撃で四球をきっかけにヒットで続き2死1・3塁のチャンスを作る。すると、5番岩本泰樹くんのレフトオーバーのタイムリーで鮮やかに2点先制した。下館一の森山くんは、ストライクとボールがはっきりしていて石岡一打線に見極められていた。 (1回裏 下0-2石)


2回裏、石岡一は更に調子のでない森山くんを攻め立てた。この回先頭の7番大橋くんが右中間に2ベースを放つ。続く8番臼井くんもセンター前ヒットを放ち、点差を3点にひろげた。石岡一は狙い球をしっかり振り抜いてる印象だった。 (2回裏 下0-3石)


3回表、下館一が反撃に出て2死2塁。ここで2番程塚くんのあたりは詰まりながらもしぶとくライト前へ・・・1点返したかと思われたが本塁でアウト。流れはまだ石岡一にあった。


3回裏、石岡一は3番来田くんの右中間3ベースヒットで一気にチャンスを作ると迎えるは4番田中くん。一打出れば序盤で4点差と大きなアドバンテージとなったが、ここでの采配は意表をついたスクイズ!しかしここは下館一のバッテリーに読まれて失敗し、畳み掛けることはできなかった。 (3回裏 下0-3石)


すると、下館一も中軸が2巡目となり浅尾くんを捕らえ始めた。浅尾くんの球は重くてほとんどのバッターがここまで詰まったあたりだったが、3番小池くんのパワフルな左中間への2ベースで流れが変わった。続く4番藤沢くんもしぶとくレフト前に運んでつなぐと、5番森山くんが起死回生のセンターオーバー3ベースヒット!!2点を返してまだ無死3塁というチャンスが続いた。

石岡一は浅尾くんを諦め、背番号11番の木村くんにスイッチした。左からサイドスローぎみの変則フォームで変化球にキレがあった。しかし、代わり端にバッテリーエラーが発生し程なく同点とされてしまった。 (4回表 下3-3石)


4回裏、下館一バッテリーの組み立てが変わった。明らかに変化球を多めに投げ始めた。ストレートとはかなり球速差があり緩急をつけてきた。しかし、まだストレートの制球がよくなかったがこの回初めての3者凡退で修正してきた。


一方、代わった石岡一の木村くんも捕手の手前でワンバンするほどのキレのある変化球を武器に下館一の反撃を断った。ランナーがいないときは腕の振りも良く、ボールになる変化球にも手を出させていた。

7回裏、石岡一は8番臼井くんがレフト前ヒットでチャンスを作ると、きっちり送りバント。手堅く1点を取りにきた。2死1・3塁となり一打出れば勝ち越しだったが、あと1本がでなかった。(7回裏 下3-3石)


8回表、マウンドに審判も含め数人集まっている。何が起こったのだろう?木村くんが水分を取って足を気にしていた。もしや、脱水症状で足がつったのか!?続投しそうな雰囲気もあったが、石岡一はベンチの奥から川井監督が交代を告げた。背番号10の比企くんは終盤の大事な局面での緊急登板となった。

ただ、順調に1アウトを取り、二人目も三振・・・かと思われたが捕手が後逸し振り逃げ。その後送られ2死2塁のピンチを招いた。

下館一は願ってもないチャンスが訪れた。ここで代打の物井くんがしぶとくライト前に落とすと森山くんがホームに突っ込む!判定はセーフ。ついに1点勝ち越した。尚も2死1・3塁から9番鈴木くんが3塁への絶妙なセフティーバント!これがセーフとなり追加点がはいった。セフティーバントを前の打席からトライしていた鈴木くんだが、まさか試合を決めるプレーとなるとは!自分の仕事を貫いた。 (8回表 下5-3石)


下館一は8回から、ショートの小池くんがマウンドにあがり危なげない投球で2イニングをピシャリと抑えた。下館一が見事な逆転勝ちで2回戦へ駒を進めた。



■スコア


下館一

000300020 = 5

210000000 = 3

石岡一



下館一の森山くんは本来の投球ではなかったが、エースとして苦しみながらもしっかり試合を作った。悪いながらもどうにか投げることもエースとしての資質だろう。勝因はいろいろありそうだが、やはり森山くんの粘りの投球と小池くんの好投だろう。また、積極的な走塁も光った。


石岡一は序盤主導権を握っていたが、4回の3連打が痛かった。また、その前のスクイズ失敗で大きなアドバンテージを逃したのも敗因だと思う。もっと、細かい視点で見るとちょっと酷だが捕手のキャッチングを強化すべきだと思う。パスボールや振り逃げなどバッテリーエラーでリズムを崩した。木村くんはランナーを出したときはバッテリーエラーを気にして低めの変化球が投げづらい状況にあったと思う。ランナーを出したときは別人になっていた。ただ、逆にランナーを出しても思いっきり低めの変化球を投げられるようになれば、夏の活躍は必至だと思う。


この試合はエースというものはどういうものか?というのを感じた試合だった。

関連記事

コメント

1. お久しぶりです。

今年も茨城県の公式戦が始まりましたね!僕は一試合も観戦出来ず、もうイライラしっぱしです(^^;)
でもざいこさんがblogアップして頂けるので、物凄く助かります。
この対戦は僕も気になっていたカードの一つでしたので、レポートがあって嬉しいです。
エースとはなんぞや、ですか。
どちらのチームも、夏大に期待したいです。

2. Re:お久しぶりです。

>ハマさん
こんばんわ~
本当に自分も仕事があって、本当、分身したいです。また、高野連の日程の組み方も解せなかったです。準決勝と決勝はレポートします。あと、関東大会の1回戦と勝てば2回戦です。
GW中には関東大会の組合せとページ作ろうかと思います。
ちなみに茨城1位-群馬2位(横須賀)、茨城2位-神奈川1位(横浜スタジアム)となってます。
エースの要素は、この試合を見て、悪いなりに試合を作れる投手だと思いました。
夏は県立校の意地をみせて欲しいです♪16シード制になるかどうかが気になるところですが・・・
しかし、いい試合でした。写真も必ずUPします。

3. 関東大会!

関東大会!神奈川県ですよね?
大変でしょうけど宜しくお願いします(^^)
茨城2位は神奈川1位とですか?楽しみ~!どの件も強いから臆せず戦って欲しいです。って、ビビるチームは代表ならないつ~のですね^^;

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア