記事一覧

【春の高校野球2014】茨城大会県北地区代表決定戦 太田一-日立北


アメーバ関連記事

【春の高校野球2014】茨城大会



2014年4月13日(日)

常陸大宮市民球場


茨城大会県北地区代表決定戦

太田一-日立北



01


02


 去年もこの2チームは春の代表決定戦で戦いました。そのときは太田一が圧倒して県大会出場を決めましたが、日立北は今年雪辱を果たすことができるのか?太田一は昨年夏からは結構顔ぶれが代わったけど秋は県ベスト16、日立北はバッテリーなど去年の夏を経験した選手もちらほらと。両校とも守りに定評があるだけにロースコアの展開になりそうな予感だ。



03


 日立北の先発は左の大島くん。去年の代表決定戦のマウンドを経験してるだけにリベンジしたいところだろう。ボールはやや荒れていたが、要所でいいところに決まっていた。また、ショート山口くんのホームへの好返球などバックの守りにも助けられながら立ち上がりを無得点で切り抜けた。



04
【↑日立北先発の大島くん】


05
【↑1回表、日立北はショート山口くんの好返球で先制を許さず】


 太田一の先発は背番号1の花田くんで打たせてとるタイプの投手だが、立ち上がりコントロールに苦しんだ。2回裏、先頭を四球で歩かせてしまうとランナーをためてしまい、簡単に日立北にスクイズを許してしまった。その後もバントの処理に失敗したり犠牲フライなどで失点するなどして2点を失った。 (2回裏 太0-2北)



06

【↑太田一先発の花田くん】


07

【↑2回裏、日立北8番仲田くんのスクイズ】


08
【↑2回裏、犠牲フライを放った日立北1番小川くん】


 3回裏、日立北はこの回先頭の2番山口くんが左中間に2ベースを放つと、3番新井くんがセフティーバントをして太田一のエラーを誘った。チャンスに4番片岡くんが意表をつくスクイズ。なおも、盗塁を刺そうとした太田一が2塁へ悪送球したため更に1点追加。日立北が前半主導権を握った。 (3回裏 太0-4北)



09

【↑3回裏、スクイズを決めた日立北4番片岡くん】


 その後両チームとも4回から継投策。日立北は背番号3の青柳くんが、太田一は背番号11の川上くんがマウンドに上がった。5回表、日立北の青柳くんはやや不安定な内容だった。ボークをとられて動揺してしまったのか、太田一にランナーを3塁まで進められ犠牲フライで失点。その後、死球や太田一5番小徳くんにタイムリーを許し2失点と、先の展開がまたわからなくなってきた。 (5回表 太2-4北)



10

【↑リリーフした日立北背番号3青柳くん】


11



13
【↑5回表、太田一9番小原くんがチャンスをつくる】


14
【↑5回表、太田一反撃開始】


 一方、太田一の川上くんは見事なピッチング。ストライク先行でストレートに切れがあり、変化球もコントロールできていて空振りや内野ゴロを量産した。ただ、太田一も日立北の青柳くんを捕らえられそうで捕らえられなかった。日立北の守備も固く、青柳くん自身も乗ってきたのか腕の振りが良くなってきた。



12

【↑太田一背番号11の川上くんがリリーフ】


 後半はテンポよく進みあっとい間に9回表の最終回となったが・・・ここで山場がやってきた。太田一はこの回先頭の8番滑川くんがカウントを取りにきたボールをたたきレフト前に運ぶ。ここで、日立北は背番号9の増尾くんにマウンドを託し2アウトまで取りこのまま終わるのかと思った。しかし、太田一2番川又くんがヒット、3番大金くんが四球を選びなんと2アウト満塁!ここで迎えるは4番の当たっている滝くんだった。1塁側も3塁側も1球1球に固唾を呑む展開。そして打球はレフト線へ・・・・が、ボールはグラブに収まりゲームセット!!

 日立北が去年の雪辱を果たした! (終了 太2-4北)



15
【↑9回表、大事な場面でリリーフの日立北増尾くん】

16
【↑9回表、3塁へ力走する太田一滑川くん】

17
【↑9回表、満塁の場面で打席に向かう太田一4番滝くん】

18
【↑日立北、最後のバッターを打ち取る】


■スコア


太田一

000020000 = 2

02200000X = 4

日立北



19


 日立北は自分たちの野球が出来た。少ないチャンスをものにして守り勝つスタイルは健在だった。練習や応援も統率が取れていて非常に元気があった。それも、いつもの日立北だった。ここまで惜しいところまでは行っていたがなかなか県大会に縁がなかった。県大会ではどんな戦いをしてくれるのか、非常に楽しみだ。体の大きい選手も結構いて、ちょっと今までの日立北よりはフィジカルが上がったような気がした。



20


 一方の太田一だが、まあ、失点もバントの処理を失敗したりエラーや四球など、いつもの太田一らしい固い守りは繭をひそめた。だけど4失点は想定内の範囲だろう。逆に川上くんが今後に期待できる内容だったためそこは収穫だったと思う。問題は攻撃の方で、とにかく打線が繋がらなかった。相手も結構ミスをしてくれたが、そこに付け入ることができなかった。



21



 また、太田一のサード滝くんの動きが非常に良かった。バットのほうは最後に1本出なかったことが悔やまれるが、守りで3塁線のあたりをバックハンドで補球し、ワンステップでファーストに鋭いバウンドの送球をしてアウトにしたプレーは見事だった。滝くん以外にも随所に好プレーがあり、打撃戦とはまた違った趣のある試合となった。

 

 

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア