記事一覧

【夏の高校野球2013】茨城大会決勝 霞ヶ浦-常総学院

第65回春季関東地区高校野球大会<栃木>

第65回春季関東地区高校野球茨城大会

【音楽】My iPod 再生回数ランキング2013年6月
僕は友達が少ないNEXT プレミアムイベント「隣人部へ行こう!」
【VOCALOID】GUMI誕生祭2013 in J-SQUARE


【昨年】第94回全国高等学校野球選手権茨城大会
NEW第95回全国高等学校野球選手権茨城大会



2013年7月25日(木)

水戸市民球場


茨城大会決勝

霞ヶ浦-常総学院



ざいこのブログ-01

ざいこのブログ-02

ざいこのブログ-03


 茨城大会の決勝は、第1シード霞ヶ浦と第2シードの常総学院の対戦となった。今年はこの2強の年だった。霞ヶ浦はここまで投手陣の安定感が光る。打線は不調の選手にもあたりが出てきてつながってきた。一方、常総学院は打線が強力で春の不振から完全に復活した様子だ。いずれのチームも状態が良く、甲子園をかけた決戦は好ゲームが期待が高まった。



ざいこのブログ-04


ざいこのブログ-05


 霞ヶ浦のスタメンは準決勝のオーダーと変わらず、先発も背番号11で2年生左腕の上野くんだった。常総学院も準決勝のスタメンとは3・5番を入替えただけで先発はエースの飯田くんだった。


 1回表、霞ヶ浦は幸先良く1番の河原くんがセンター前にクリーンヒットを放つと2番白川くんはきっちり送りバント。やはり、大事な決勝戦で先制点が欲しいところだった。ここ、最近機動力を使い積極的に仕掛けていた霞ヶ浦だが、常総学院飯田くんのけん制のうまさは熟知しているため、ランナーのリードも小さかった。



ざいこのブログ-06

【↑1回表、霞ヶ浦しっかり送ってチャンスを作る】


 その飯田くんだが、立ち上がり制球が定まらなかった。2死にはしたが霞ヶ浦の4番池田くん・5番濱部くんに連続の四球を与え満塁のピンチを迎えた。霞ヶ浦は徹底して低めのボールを見極めていた。飯田くんもいつもよりはストライク・ボールがはっきりしていて調子は良くなかった。

 霞ヶ浦6番菅原くんは満塁のチャンスで飯田くんの甘い球をしっかり捕らえレフト前にタイムリーヒット。霞ヶ浦が1点先制した!続くランナーはホームでクロスプレーとなりアウトとなり、球場のどよめきが収まらない中のチェンジとなった。 (1回表 霞1-0常)



ざいこのブログ-07


ざいこのブログ-08
【↑1回表霞ヶ浦6番菅原くんのタイムリーで先制】


 1回裏、先制点をもらった霞ヶ浦先発上野くんだが、課題は連投のスタミナと思われた。しかし、周りのそれを払拭するかのような立ち上がりだった。テンポ良く投げ込み、常総学院の打者はあっけにとられて中途半端なバッティング。3番進藤くんは見逃し三振と2年生対決も制し、上野くんが守りでリズムを作った。 (1回裏 霞1-0常)



ざいこのブログ-09

【↑霞ヶ浦先発左腕の上野くん】


 3回裏、常総学院は同点のチャンスを迎えた。1死1塁から2番吉成くんのあたりはショートゴロとなりゲッツーかと思われたが、それを焦った霞ヶ浦はボールを落球し、オールセーフとなった。2死にはなったが1・2塁で迎えるは4番内田くん。前半の山場となったが、ここは霞ヶ浦の上野くんにセカンドゴロに打取られてしまい無得点に終わった。 (3回裏 霞1-0常)



ざいこのブログ-10

【↑3回裏、常総学院ゲッツーのはずがオールセーフ】


 常総学院が攻めあぐむ中、次第に霞ヶ浦のペースとなっていった。そんな中、5回表、霞ヶ浦は追加点のチャンスを迎えた。9番上野くんが調子の上がらない常総学院の飯田くんから四球を選ぶと、1番河原くんが先ほどのエラーを挽回するヒットでつなぎ、その後送りバントで1死2・3塁のチャンスを作り追加点が濃厚な雰囲気になった。しかし、ここで飯田くんのけん制が炸裂し、3塁ランナーアウト!その後、ショート吉澤くんのファインプレーも飛び出すなど、常総学院も1点もやらないという気迫を見せた。 (5回表 霞1-0常)



ざいこのブログ-11

ざいこのブログ-12
【↑5回表、霞ヶ浦まさかの3塁ランナーけん制死】


 前半は霞ヶ浦が常総学院の攻撃を振り切り先制した1点をなんとか守りきるという形になった。お互いチャンスは作るが、相手に得点させないという強い気持ちが伝わってきた。常総学院はエースの飯田くんが悪いなりに試合を作り、霞ヶ浦上野くんは相手バッターに臆することなく向かっていった。

 後半は5回から継投した霞ヶ浦市毛くんがどのような投球をするか?いづれにせよ次の1点をどちらがとるかによって展開が変わってきそうだ。 (5回裏 霞1-0常)



ざいこのブログ-40

【↑悪いながらに試合を作る常総学院飯田くん】


ざいこのブログ-13
【↑5回途中から霞ヶ浦は市毛くんがリリーフ】


 後半に入って最初にチャンスを掴んだのは常総学院だった。6回裏、1死から1年生の5番石井くんが思い切りのいいバッティングで左中間に2ベースヒットを放ち、7番の池沢くんもレフト前にヒットを放ち2死1・3塁。いよいよ、同点か?と思われたが8番飯田くんが初球を叩いてサードゴロ。ここも無得点に終わった。霞ヶ浦の市毛くんは制球があまり安定していなかったので、ここはじっくり攻めていくのがよかったかもしれない。 (6回裏 霞1-0常)



ざいこのブログ-14

【↑6回裏、常総学院5番石井くんがチャンスを作る】


 8回表、遂に試合が動いた!霞ヶ浦はこの回先頭の1番河原くんがレフト線にこの日3本目のヒットとなる2ベースを放つと、送りバントで1死3塁の願ってもないチャンスが訪れた。ここで3番田村くんが値千金のタイムリーヒット!遂に霞ヶ浦が1点追加した。回も終盤、「甲子園」が見えてきた。 (8回表 霞2-0常)



ざいこのブログ-16

【↑8回表、霞ヶ浦追加点のチャンス!】


ざいこのブログ-17
【↑8回裏2点目のタイムリーを放った霞ヶ浦3番田村くん】


 しかし、ここから常総学院が底力を見せた。8回裏、4番内田くんがヒットで出ると、6番主将の吉澤くんがセンターオーバーのタイムリー。1点をすかさず返した。ここで7番池沢くんがたたみかけるようにライト前ヒット。ホームインはタイミング的に微妙だったが吉澤くんが力走して同点。この土壇場にきての展開に球場は沸いた。このあと、霞ヶ浦は片野くんがリリーフして後続を断ったが、スタンドは1塁側と3塁側では様子が全く違った。 (8回裏 霞2-2常)



ざいこのブログ-18


ざいこのブログ-19

ざいこのブログ-20

ざいこのブログ-21
【↑8回裏、常総学院6番吉澤くんのセンターオーバー】


ざいこのブログ-22
【↑8回裏常総学院土壇場で同点に追いつく】


 9回裏、2死ランナーなしと延長が濃厚になった矢先だった。この日あたっていなかった3番進藤くんがヒットで出ると、4番内田くんの前にランナーが出て一気に山場を迎えた。そして、4球目に打球はライトに高く上がり、「まさか・・・」と思ったがライトスタンドの緑の芝生に白いボールが跳ね返った。

 「サヨナラ」ホームラン!最後の最後に常総学院4番内田くんが決めた!「甲子園」の切符は常総学院が掴んだ。 (終了 霞2-4x常)



ざいこのブログ-24

ざいこのブログ-25

ざいこのブログ-26
【↑9回裏常総学院4番内田くんのサヨナラホームラン】


■スコア


霞ヶ浦

100000010 = 2

000000022x = 4

常総学院



ざいこのブログ-23


 霞ヶ浦は非常に惜しかった。ただ、常総学院よりは受けに回ってしまった分、ここ一番で負けてしまった。皮肉にもまたあと一歩のところで「甲子園」を逃してしまった。タラレバなのだが、自分としては上野くんから市毛くんに継投したタイミングが早かったことに違和感は感じた。「え、もう変えちゃうの?」と素直に思った。市毛くんも春常総学院を決勝で抑えているが、その頃とは全く違う打線の好調ぶりに困惑したに違いない。

 

ざいこのブログ-27



 攻撃面は飯田くん対策がしっかりできていた。低めのボールをしっかり見極め、内野ゴロもあまり打たされることがなかった。ただ、1回表の2点目のホームアウトや5回表の3塁けん制死などが、ちょっともったいなかった。


ざいこのブログ-29



 常総学院のすさまじい追い上げは見事だった。相手投手にプレッシャーを与えられる打線は本当に脅威だ。春まで4番内田くんは不調だったが、夏はバッティングに専念できる環境となり結果を残した。怪我の吉成くんも復帰し、打線に厚みも増した。

 佐々木監督もインタービューで言われたとおり、春の大会1回戦、帝京に4-0とリードされ、終盤一気に逆転した試合が教訓になった。この1年、見てきて打線の終盤の集中力はすさまじいものがある。甲子園でも多少先制されても跳ね返してくれそうだ。



ざいこのブログ-42



 投手は正直、飯田くんが夏の県大会はあまり本調子ではなかった。しかし、エースとして悪いながらもしっかり試合は作った。もし、甲子園までに完全復調すれば、上位を狙えると思う。また、2番手秋葉くんなどタイプの違う投手もいて、これも帝京戦が教訓になるが、リリーフして完全に抑えている。先発では失敗するパターンが多かったが、彼の活躍は甲子園で必須な状況になりそうだ。


ざいこのブログ-41


 これで、夏の大会が終わりましたが、あとは常総学院に甲子園で頑張ってもらい、優勝旗を持って帰ってきてほしいです。「終わりは始まり」負けたチームもすでに新チームがスタートしていることでしょう。8月には地区のシードを決める戦いがすぐにはじまります。秋は春の選抜がかかる関東大会が茨城で行われ、枠も1つ増えることもありそこの照準を合わせている高校も多いでしょう!

 そして霞ヶ浦はをエース上野くんが中心となり、選抜出場を決めてこの悔しさを晴らしたい!秋はすぐ来るのでぜひとも頑張ってもらいたいです。



ざいこのブログ
 


 

関連記事

コメント

1. 無題

決勝戦にふさわしい好ゲームでしたね
速報見てるだけでも泣きそうでした(T-T)

飯田くんは調子が悪いながらも準決勝・決勝をよく投げてくれましたし、この優勝は準々決勝まで頑張ってくれた2年生ピッチャー陣のおかげでもあると思います。

あと3塁コーチの毛塚くんもナイスでした!

飯田くんの調子と1年生コンビの守備が若干不安ですが、甲子園で2勝以上できる力を持ってるチームだと思うので、ぜひ上位進出を期待したいです!!

2. Re:無題

>燕さん
こんばんわ~♪
決勝戦のUP遅れて申し訳ありません。

この際優勝して帰ってきてほしいです!あさって組合せ抽選なのでドキドキです。今回からは、1回戦ずつの抽選に戻るので、初戦の相手しか分からないらしいです。どことあたるのか楽しみです!!

3. !

決勝戦のレポートありがとうございます!僕は仕事をサボりつつ、テレビで観戦していました。
本当、8回表で追加点が霞ヶ浦に入った時は、決まったかな?と思いました。
内田君、持っていますね~。やっぱり、サードになったのがいいのでしょうか?甲子園でも活躍して、プロ指名を勝ち取って欲しいです。

そして今日、甲子園の抽選がありましたね。
二日目第4試合、対北照なんですね。
左の大串君がいますね…。
でも、常総ならなんとかなるのでしょうか?
全く予想がつきません。
あぁ~ワクワクする!

4. Re:!

>ハマさん
こんばんわ~♪
内田くんは去年も決勝で3ランだし、凄いです!甲子園での活躍を期待します。

北照ですか~厳しい相手ですね。今の3年生は甲子園を2年生から経験してる選手が多いですからね。実力伯仲の好ゲームになりそう!
 試合開始19時ぐらいがいいな~(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア