記事一覧

【夏の高校野球2013】茨城大会準決勝 常総学院-水城



第65回春季関東地区高校野球大会<栃木>

第65回春季関東地区高校野球茨城大会

【音楽】My iPod 再生回数ランキング2013年6月
僕は友達が少ないNEXT プレミアムイベント「隣人部へ行こう!」
NEW【VOCALOID】GUMI誕生祭2013 in J-SQUARE


【昨年】第94回全国高等学校野球選手権茨城大会
NEW第95回全国高等学校野球選手権茨城大会




2013年7月24日(水)

水戸市民球場


茨城大会準決勝

常総学院-水城




ざいこのブログ-03



 準決勝第2試合は、昨年の決勝と同じ顔合わせとなった。常総学院はここまで温存してきたエース飯田くんを先発させた。ちょうど1年前の準決勝も先発したが、今度はチームのエースとしてのマウンドだ。

 一方、水城の先発は背番号3の永井くんで、ここまで2試合を投げて失点0と波に乗っていた。



ざいこのブログ-04

ざいこのブログ-05


 また、常総学院は春は怪我でほとんど出場できなかった吉成くんが復帰し、一時コンバートして内田くんが捕手を務めていたが、秋と同様、吉成くんが捕手となり、内田くんはサードに回った。内田くんは春まで打撃が不調だったが、バッティンングに専念できるポジションになり、この夏は好調のようだ。



ざいこのブログ-02

【↑水城でチーム最多安打のセカンド箕川くん】


ざいこのブログ-01
【↑怪我から復帰の常総学院吉成くんは捕手に】


 1回表、常総学院飯田くんの立ち上がりだったが、あまり良くなかった。水城の2番川井くんに死球を与えたりしてリズムを崩し、ボールがいつもより少し高く、球の走りも良くなかった。そこを、水城の4番林涼介くん、5番田所くんに打ち込まれ1点を先制された。 (1回表 水1-0常)

 飯田くんとしても、温存していたためか久しぶりの実践の先発マウンドということもあり、力が余分に入ってしまったのかもしれない。



ざいこのブログ-06

【↑常総学院先発エース飯田くん】


ざいこのブログ-07
【↑1回表水城4番林涼介くんがチャンスをひろげる】


ざいこのブログ-08

ざいこのブログ-09
【↑1回表水城5番田代くんの先制タイムリー】


 1回裏、水城先発の永井くんだったが、ボールに勢いがありバッターに向かっていく強気なピッチングを展開していた。ただ、常総学院4番内田くんにはレフト前に鋭いあたりを許すなど、ちょっと間違えれば・・・というような怖さを感じた。 (1回裏 水1-0常)



ざいこのブログ-10

【↑水城先発背番号3永井くん】


 先制した水城ペースで進んでいくのかと思われた2回裏、永井くんは常総学院の下位打線に捕まった。7番池沢くんがライトへ2ベースヒットを放つと、9番眼龍くんがレフト線へタイムリーを放ち、常総学院がすぐさま同点に追いついた。

 しかし、常総学院の攻撃はこれで終わらなかった。1番高島くんがヒットでつなぐと、2番吉成くんの引っ張ったあたりはぐんぐん伸びてレフトスタンドへ!!まさかのスリーランホームランとなり更に3点を追加した。これには球場全体がどよめいた。3塁側は先制して希望が拓けたが、思わぬ大量失点に溜息がもれた。 (2回裏 水1-4常)



ざいこのブログ-12


ざいこのブログ-13
【↑2回裏常総学院9番眼龍くんの同点タイムリー】


ざいこのブログ-14

ざいこのブログ-15
【↑2回裏常総学院2番吉成くんの3ランホームラン!】


 それ以降、常総学院の飯田くんはいつものピッチングを取り戻し、球が低めに決まりだした。水城の永井くんも常総学院に何度も痛打されるが、なんとか要所を締めて味方の反撃を待った。4回裏には自らのボークなどでピンチを作ったが無得点にしのいだ。 (5回裏 水1-4常)



ざいこのブログ-16

ざいこのブログ-17

ざいこのブログ-18


 後半に入っても、水城は飯田くんを攻略できずにいた。ランナーは出すものの、注文通りの内野ゴロを打たされダブルプレーなど、常総学院バッテリーの術中にはまっていた。7回までに内野ゴロ12個と、低めの球を打たされていた。 (7回裏 水1-4常)



ざいこのブログ-19

【↑水城は内野ゴロの山を築く】


 お互い、決め手のないまま8回裏まで進んだ。この頃、懸念していた雨も強くなっていて観客大移動も始まり、傘の花が開いた。そんな中、この回試合が大きく動いた。



ざいこのブログ-20
ざいこのブログ-21


ざいこのブログ-26



 常総学院は3番石井くんがライト前で出ると、ここで水城に内野のエラーがでてしまい、スリーアウトチェンジのはずが、2死1・3塁のピンチとなってしまった。常総学院はここでたたみかけ、7番池沢くんのタイムリーヒットでついに追加点が入った。

 すると、水城永井くんは緊張の糸が切れてしまったのか、下位打線に連続タイムリーをあびてしまい、コールドにはならなかったがほぼ試合が決まってしまった。 (8回裏 水1-7常)



ざいこのブログ-23


ざいこのブログ-24
【↑8回裏常総学院7番池沢くんのダメ押しタイムリー】


ざいこのブログ-25


 9回表になっても、飯田くんのテンポのいい投球は続き、最後も内野ゴロに打ち取ってゲームセット。常総学院が快勝し、磐石な体制で決勝に駒を進めた!! (終了 水1-7常)



ざいこのブログ-27
【↑常総学院決勝進出!!】



■スコア


水城

100000000 = 1

04000003X = 7

常総学院




ざいこのブログ-28



 昨年のような接戦を期待した方も多いと思うが、意外に大差がついてしまった。水城の永井くんはいい球を投げていたが、もう少し緩急を使いたいところだった。少し投げ急いでしまったためか、常総学院の各打者に冷静に見極められていた。また、中学から名の知れた選手だったので、情報もあったかもしれない。



ざいこのブログ-22



 それにしても常総学院打線は、春に比べるとだいぶ良くなった。吉成くんの復帰と内田くんの復調が大きいと思う。また、1年生石井くんの台頭、下位打線があたっているため、対戦相手はどこでアウトを取りにいけばというぐらい1番から9番まで隙のない打線だ。ピッチャーの飯田くん自体もバッティングはいい。



ざいこのブログ-29



 エースの飯田くんは、試合勘の問題からか初回は悪かったが、すぐさま修正してくるところは実戦経験の豊富さを感じた。やはり、低めの制球力が冴え渡る。打たせた内野ゴロはなんと16個、けん制球は抜群にうまく、スタミナもあるのであまり弱点がない。



ざいこのブログ-30



 明日の決勝は霞ヶ浦との対戦となるが、今日のように相手の機動力を封じて、内野ゴロを量産したいところだ。常総学院の運命は飯田くんに掛かっているといっても過言ではない状況だ。いったい明日はどのようになるのか?天気も午前中は大丈夫かも!?

  


 

 

関連記事

コメント

1. 無題

本当に的確な解説いつもありがとうございます!

今日は、球場に足を運ぼうと思っていましたが、テレビで生中継があると言うことで、テレビ前で観戦致しました。

私的には、水城を応援しておりました。

しかし、終わってみたら常総で...
でも、終わった後、水城の子供達はやり切った顔をしていて、とてもすがすがしい気持ちになりました。

私にとっても、今年の夏は特別で...


明日も、あるだけの全ての力を出し切れるよう、両チーム最後まで応援します。


PS.今年のキャッチコピー大好きです!

2. 無題

吉成くんがホームランとはビックリしました(゚Д゚)
なかなかパンチ力もあるんですね

打線は下位元気で本当に切れ目がなく、飯田くんも必ずやってくれると信じてます!

昨夏と秋の王者常総と春の王者霞ヶ浦、決勝にふさわしい両校の対決!
1勝1敗、秋や春のように温存やら手の内を隠す必要がない最後の夏!!
強力打線の常総と充実した投手陣の霞ヶ浦、好ゲームを期待してます!!

3. 無題

>ひなチャンさん

おはようございます

水城が1点先制したときには、おおっと思いましたが・・・残念です。

ブログを拝見したら、下妻二の方だったんですね内海くんはいい投手で、甲子園も不可能ではなかったと思います。

自分も残り1日!完全燃焼したいです。

4. 無題

>燕さん

おはようございます

今、水戸市民球場です!
常総打線は春の不調がうそのような強力打線です。

今日はズバリ飯田くんにかかってると思います!

しっかりこの決戦を見届けたいと思います

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア