記事一覧

【夏の高校野球2013】茨城大会4回戦 明秀日立-藤代

第65回春季関東地区高校野球大会<栃木>

第65回春季関東地区高校野球茨城大会

【音楽】My iPod 再生回数ランキング2013年6月
僕は友達が少ないNEXT プレミアムイベント「隣人部へ行こう!」
NEW【VOCALOID】GUMI誕生祭2013 in J-SQUARE


【昨年】第94回全国高等学校野球選手権茨城大会
NEW第95回全国高等学校野球選手権茨城大会



2013年7月20日(土)

水戸市民球場


茨城大会4回戦

明秀日立-藤代




ざいこのブログ-01



ざいこのブログ-02


ざいこのブログ-03


 ここまで3戦連続コールド勝ちで波に乗っている明秀日立と、硬い守りと右の川又くんと左の竹内くんを擁して失点が少ない藤代の対戦となった。試合巧者の藤代に明秀日立がどのように挑んでいくのか注目だ。

 また明秀日立は青森光星学院の元監督の金澤氏を迎えて1年目の夏。この1年間でどこまで成長したか?相手が藤代ということでその尺度を計るには絶好の相手であるだろう。




ざいこのブログ-04



ざいこのブログ-05


 藤代の先発はエースの川又くんだった。秋ベスト4の立役者だが、春は水城に打ち込まれてしまい調子を落としていた。2回戦、3回戦も竹内くんが主に投げていたので立ち上がりがどうか?



ざいこのブログ-06
【↑藤代先発エース川又くん】


 1回表、明秀日立は1番高木くんが左中間のへの2ベースヒットを放ち。いきなりチャンスを作った。続く2番長谷川くんは迷わず送りバント、やはり先制点は欲しいので手堅い。ただ、その処理に焦ってしまったサードが1塁へ悪送球してしまい、2塁ランナーが一気にホームへ。明秀日立が1点を先制した。ここまで堅守を保っていただけに藤代にとっては初回から嫌な流れとなった。 (1回表 明1-0藤)



ざいこのブログ-07



ざいこのブログ-08
【↑1回表明秀日立1番高木くんの2ベースヒット】


 明秀日立の先発は左の背番号11月沢くんだった。腕の振りがよく変化球でカウントが取れていた。ストレートは多少荒れていたが、かえってそれが相手に狙い球を絞らせにくくしてるので良かった。ただ、1回裏は無得点で乗り切ったものの、自らの四球と味方のエラーで1死満塁のピンチを迎えていた。 (1回裏 明1-0藤)



ざいこのブログ-09

【↑明秀日立先発左腕月沢くん】


 藤代先発の川又くんだが、復調していないのか!?ピリッとしなかった。右バッターの内角のボールは鋭くて手が出ないボールだったが、全体的にストライク・ボールがはっきりしていた。明秀日立の各バッターも当たっているだけになかなか空振りをしなかった。


 3回表、明秀日立は再びチャンスを迎えた。この回先頭の2番長谷川くんがライト前に運ぶと、すかさず送りバント。4番丸山くんは凡退したが、5番樫村くんがレフト前へタイムリーヒット!明秀日立が更に1点追加した。 その後もチャンスはひろがったが、走塁ミスもあり1点止まりとなった。 (3回表 明2-0藤)



ざいこのブログ-10

【↑3回表3番宮川くんが手堅く送りバント】


ざいこのブログ-11
【↑3回表タイムリーを放った明秀日立5番樫村くん】


 4回表、藤代は川又くんから背番号11の竹内くんにスイッチした。ここまでまだ2失点だが、打たれたヒットは7本で、川又くんのストロングポイントである内角のボールがことごとく痛打されているため、菊池監督は早めの交代に踏み切った。



ざいこのブログ-13
【↑4回から藤代は背番号11左腕竹内くんがマウンドへ】


 5回裏、藤代は守りから徐々にリズムを作り、この回チャンスを迎えた。8番竹内くんがセンター前ヒットで出ると、9番文成くんはデッドボール。きっちり送って1死2・3塁のチャンスを迎えた。明秀日立も2番手の背番号1根本くんにピッチャーを代えて流れを切ろうとしたが、2番畠山くんはライトへタイムリーヒット、3番中村光佑くんはスクイズと、前半のうちに同点に追いついた。 (5回裏 明2-2藤)



ざいこのブログ-14

【↑5回裏明秀日立は背番号1根本くんがリリーフ】


ざいこのブログ-15


ざいこのブログ-16
【↑5回裏タイムリーを放った藤代2番畠山くん】


 その後、明秀日立が1点追加し3-2とリードしたが、7回裏藤代は相手の四死球などで塁を埋めると、4番根本くんのファーストへの強襲ヒットや5番中村和希くんのレフト前のヒットで2点を追加し、ついに逆転した。 (7回裏 明3-4藤)



ざいこのブログ-17



ざいこのブログ-18
【↑7回裏藤代4番根本くんの同点タイムリー】


 直後、明秀日立はキャッチャーフライの落球から始まったチャンスをつないで、再逆転に成功したが、8回裏、藤代は1番山本くんと2番畠山くんの連打で再び試合をひっくり返した。終盤の粘りはさすが藤代といくことで、勝利に対する執着心と試合巧者ぶりは圧巻だった。さずがに、明秀日立の快進撃もここまでかという雰囲気が漂った。 (8回裏 明5-6藤)



ざいこのブログ-19

【↑予想外の明秀日立の善戦に頭を抱える菊地監督】


 9回表、この回先頭の明秀日立の5番樫村くんだが、左中間へ目の覚めるようなあたりを放ち2ベースヒット。願ってもないチャンスを迎えた。その後7番酒本くんにもヒットが出て、1死1・3塁のチャンス。ここで8番関くんのあたりはセカンドゴロ。その間に樫村くんがホームインして、土壇場で同点に追いついた。

 その裏明秀日立の根本くんだが、生き返ったように開き直った投球を展開して3者凡退に打ち取った。白熱した試合は延長戦となった。 (9回裏 明6-6藤)



ざいこのブログ-20


ざいこのブログ-21
【↑9回表明秀日立5番樫村くんが望みをつなげる一打】


 10回表、藤代竹内くんにもさすがに疲労感が見えてきて、明秀日立の2番長谷川くんに四球を与えたその直後だった。3番宮川くんのあたりはレフトへ大きく弧を描き緑色のスタンドの中へ!!なんと、ツーランホームランで大きな追加点が入った。3塁側はガッツポーズと歓喜の渦、1塁側は沈黙した。

 いくら竹内くんの球威が衰えたからといって、1発で試合を決めてしまう展開は、まあありがちなのだが予想はできなかった。 (10回表 明8-6藤)



ざいこのブログ-22

【↑10回表四球でランナーを出してしまう藤代竹内くん】


ざいこのブログ-23

ざいこのブログ-24

ざいこのブログ-25

ざいこのブログ-26
【↑10回表明秀日立3番宮川くん決勝ホームラン!!】


 10回裏、藤代は先ほどリリーフした清藤くんがライト前ヒットを放ち意地を見せるが、明秀日立の根本くんが残っている力を振り絞るかのような力投をみせ、最後はファーストゴロにうちとった。実力校の藤代を壮絶な点の取り合いで破り、ベスト8進出を決めた!! (終了 明8-6藤)



ざいこのブログ-27

ざいこのブログ-28



■スコア


明秀日立

1010010212 = 8

0000202200 = 6

藤代

(延長10回)



ざいこのブログ-29


 気付けば明秀日立が18安打の猛攻。ラッキーなヒットもあったが、いずれも完全に捕らえたあたりだった。試合巧者の藤代にうまくかわされた面もあったが、結局は打力で打開した。この1年で、このような成長を遂げてしまうのかと感心した。投手の層はそれほどではないが、各バッター非常に振りが鋭かった。



ざいこのブログ-30



 確かに最近の茨城のチームを見ていると、ここぞというときの破壊力がない。やはり、甲子園でも勝てていない。全国でみたらそこそこにバランスが取れているが、凄みがないというのは否定できない。常総学院の木内監督や水戸商・水城の故橋本監督全盛のときは、やはり破壊力があって、それぞれに相手が脅威と思う存在だった。

 夏は、打てるチームが勝つ。破壊力はやはり重要で、金澤監督はこの試合で茨城の高校野球に風穴をあけたのではないだろうか!?ゆくゆく、この試合は茨城の高校野球が変わっていくきっかけになった試合として話題に残る試合になりそうだ。

 


ざいこのブログ-31



 また、明秀日立は金澤監督になって全国から選手を集める、いわゆる外人部隊を形成しようとしているが、今回県外選手のベンチ入りは1年生のショート関くんを含めてわずかに2人。1年間で既存の選手(主に県北出身の選手)を藤代を破ってベスト8に進出できるほどのチームに育て上げた。これは、育成面でも評価せざるを得ない。



ざいこのブログ-32



 今度の霞ヶ浦とどのような試合をするか?で、今の明秀日立の立ち位置が分かってくるだろう。下級生の成長や県外有力選手の加入により、秋以降は早々に茨城の勢力図が替わる可能性もある。常総学院もうかうかしている状況ではいられなくなるかもしれない。まあ、それで茨城全体の高校野球のレベルが底上げされていくことを期待したい。



ざいこのブログ-33



 藤代も脅威の粘りを見せたが、投手がここまで打ち込まれるとは計算していなかったと思うし、随所に重要なところでエラーを出してしまった。川又くんをせめて5回まで投げさせたかったが、4回以降投げさせるのはやはり危険だったと思う。それだけ、明秀日立の打力がすごかったということが証明できる。まあ、春でプランが狂ってしまい、第8シード。順当に考えたら第3もしくは4シードだと思うが、やはり春の敗戦が夏に尾を引いてしまった形になった。


 秋は茨城での関東大会なので枠も増える。下級生はこの悔しさをバネにして選抜出場を目標にがんばって欲しいです。意外とこのリベンジの機会も早々にやってくるかもしれないです。




 

関連記事

コメント

1. 無題

まさか、ここまでのチームに仕上げてくるとは…(((゜д゜;)))
正直、関西や東北から良い選手をかき集めるだけだろって思ってましたが、地元の雑草をここまで育てるのですから、指導力も素晴らしいんでしょうね

僕自身は外人部隊に関してはそこまで抵抗はないです。
むしろ、わざわざ地元を離れてこんな田舎まで来てくれたんだなって思います。

これからの新時代、常総・霞ヶ浦・明秀日立の三つ巴の争いに期待してます!

2. 明秀日立恐るべし

ざいこさん

昨日はお疲れ様でした。

いやあ、明秀日立強いですね~

見てないから何とも言えませんが、まだまだ勝ち上がりそうな勢いですね!

昨日は日立市民球場に行って来ましたが、人工芝特有のバウンドで内野がミスし、試合の流れに影響したと思います。

また、どのチームも投手が素晴らしかったですが、その日の出来次第で試合の行方がわからなくなると言うことを改めて痛感しました。

平日なので多分厳しいと思いますが、残り試合を全部観てみたい!そんな気持ちです。

3. 無題

僕もいました!ただし5回まででしたけど。息子が寝ちゃいそうで…。
最初はひょっとしたら、一方的になるのかなと思ったんですけ、どあの後が凄かったんですね?くっそ~。
ちなみに僕は、県外選手になんの違和感もありません。高校球児が大好きなんです(^^)♪

4. お疲れ様です

金沢監督恐るべし。
もちろん
それに答える選手も素晴らしいが


明日の試合
接戦と打撃戦になったら・・(;_;)

藤代は、勝ち越した後のキャッチャーのエラーが痛かったですね。


準決勝は、観戦に行けるので・なんとか明日霞ヶ浦に勝ってほしいです《祈》

5. Re:無題

>燕さん
こんばんわ。

昨日試合を観戦して、正直ワクワクしました。明秀日立にはこの調子で、低迷している茨城の高校野球に風穴をあけてほしいです。

自分も県外選手は気にならないです。いまや当たり前ですし、選手も自分の将来を見据えての行動ですからね。

明秀が秋どのようになるのか?この夏のベスト8で俄然注目があつまりそうです♪

6. Re:明秀日立恐るべし

>麺鯉さん
こんばんわ~

昨日の日立市民球場の速報のブログ拝見しました。いろいろ分かったのでありがたかったです。

人工芝は県南や県西のチームだと、シートノックのとき「結構跳ねるぞ!」という声が聞こえてきます。確かにあまり石岡一が日立市民球場というのは印象にないです。

日立一は選抜落選を乗り越えて、本当一丸になりましたね!明日もまたどのような展開になるのか?楽しみです(´∀`)

7. Re:無題

>ハマさん
こんばんわ~。

そうでしたか。試合も結構両投手慎重だったので長かったですしね。(1試合目早かったのに終わって見ればいつもより遅いでした。)

しかし、藤代に勝つとはこれは本当に強いです。明日どうなるのか予想が付かないです。

県外選手のため受け入れ態勢も整っていて、専用グランド作ったり、食育も徹底しているらしいです。練習試合も全国のいろんなところとやれる環境ですし、野球インフラも半端ないという情報を聞いております。

僕は早速ショートの関くんの神ボール裁きに目を奪われました。ボールを取ってからめちゃくちゃ早かったです。

8. Re:お疲れ様です

>ふみさん
こんばんわ~

金澤監督は既存の選手育成して1年間でここまでにするなんて、やっぱりすごいです。

ふみさんのいうとおり、あの捕フライからファースト落球に至るまでの一連のプレーは藤代らしくなかったです。

明日は迷ったのですが、水戸市民球場に行きます。やはり霞ヶ浦-明秀日立は気になります。

また、レポートしますのでよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア