記事一覧

【夏の高校野球2013】茨城大会2回戦 下館工-佐竹

第65回春季関東地区高校野球大会<栃木>

第65回春季関東地区高校野球茨城大会

【音楽】My iPod 再生回数ランキング2013年6月
僕は友達が少ないNEXT プレミアムイベント「隣人部へ行こう!」
NEW【VOCALOID】GUMI誕生祭2013 in J-SQUARE


【昨年】第94回全国高等学校野球選手権茨城大会
NEW第95回全国高等学校野球選手権茨城大会



2013年7月13日(土)

日立市民球場


茨城大会2回戦

下館工-佐竹




ざいこのブログ-01



ざいこのブログ-02


 台風の影響で時折小雨がパラパラと降ってくる日立市民球場ですが、暑いので心地いいです。さて試合ですが、佐竹は2年生エースの身長181cmの大関くんの投げ下ろすストレートでどこまで抑えられるか?下館工は春の守備の不安定さを修正できたか?両チーム県大会を経験してるチームだけにどんな試合展開になるのか注目です。



ざいこのブログ-03

【↑佐竹先発エースの大関くん】


 下館工の先発は背番号8の谷中くんだった。エースナンバーの小嶋くんはライトの守備に入っていた。谷中くんはバランスのいいキレイなフォームからキレのあるストレートを投げていて、バランスの取れている投手だった。



ざいこのブログ-06

【↑下館工先発背番号8谷中くん】


 1回表、下館工は3番谷中くんがヒットで出ると、4番小嶋くんはライトに鋭いあたりを放つが外野手が処理をもたつく間に打った小嶋くん本人もホームイン!なんと、ランニングホームランで2点を先制した。 (1回表 下2-0佐)



ざいこのブログ-04


ざいこのブログ-05
【↑1回表、下館工4番小嶋くんのランニングホームラン】


 1回裏、嫌な雰囲気で裏の攻撃を向かえた佐竹だったが、4番佐々木くんのあたりを今度は下館工の外野手が目測をあやまり、すかさず1点を返した。両チームとも守備がバタバタして落ちつかない状態だった。 (1回裏 下2-1佐)



ざいこのブログ-07

【↑1回裏、タイムリー3ベースを放った佐竹4番佐々木くん】


 2回裏、佐竹は下館工先発の谷中くんを早々に捕らえ始めた。この回ショートがエラーをして集中力が切れてしまったのか?谷中くんのあまい失投を7番市毛くんがジャストミートしてチャンスを作ると、8番大賀くんのタイムリー、9番大部くんのスクイズ、1番美山くんのタイムリー3ベースとこの回一挙3点を取り逆転した。 (2回裏 下2-4佐)



ざいこのブログ-08

【↑2回裏、佐竹9番大部くんのスクイズ】


ざいこのブログ-09

ざいこのブログ-10
【↑2回裏、佐竹1番美山くんのタイムリー3ベース】


 と、ここで「現在、電光掲示板が故障しています。ご了承下さい!」とのアナウンスが!2回途中で表示がストップしてしまいました。これはレアな経験でした。

 で、カウントとスコアと打順を気にしながらの観戦は結構不便でした。



ざいこのブログ-11



ざいこのブログ-12


 3回は両チーム四球でランナーをためてタイムリーを打たれるという展開で2点ずつ取り合い、優越つけがたい展開だった。 (3回裏 下4-6佐)


 4回裏、下館工は先発の谷中くんを諦め、背番号10の増渕俊介くんをマウンドに上げて建て直しを図ったが、佐竹の中軸に連打を許してしまい、佐竹7番市毛くんの2点タイムリーヒットなどが飛び出して点差をひろげられた。 (4回裏 下4-9佐)

 佐竹のバッターはおのおのにパワーがあり、ピッチャーの球威にスイングが勝っていた。下館工の投手陣も打たれた球は高く、低めに安定して制球することができなかった。



ざいこのブログ-13

【↑下館工は4回から背番号10増渕俊介くんが登板】


ざいこのブログ-14
【↑4回裏、佐竹が9点目を奪い主導権を握る】


 5回裏、下館工はエースナンバーの小嶋くんをマウンドに上げたが、佐竹3番大畑くんにタイムリー2ベースを浴びるなど、佐竹のワンサイドゲームとなっていった。小嶋くんも調子がよければ春のように先発してたかもしれないが、怪我か何かわからないがコンディションはあまりよくないのかもしれない。 (5回裏 下4-10佐)



ざいこのブログ-15
【↑下館工は5回にエースの小嶋くんがマウンドに上がる】


ざいこのブログ-16
【↑5回裏、佐竹3番大畑くんがタイムリー2ベース】


ざいこのブログ-17


 6回表、下館工が反撃に出た。7番野原飛鳥くんがレフトオーバーの2ベースで出ると、9番増渕崇哉くんのあたりは左中間を破るタイムリー2ベースとなり1点を返した。佐竹のエース大関くんもストレートはいいが、そのストレートをより際立たせる変化球の精度がいまいちだった。相手の打者はストレートのタイミングに合わせてれば打てるようになるので、変化球の精度を上げて投球に幅を持たせたいところだろう。 (6回表 下5-10佐)



ざいこのブログ-18
【↑6回表、下館工7番野原くんが2ベースヒットで塁に出る】


ざいこのブログ-19


ざいこのブログ-20

ざいこのブログ-21
【↑スコアボードがなおった!】


 だが、その後は掲示板が直るも点差は縮まらず、逆に佐竹は7回裏にもスクイズで追加点をあげて、そのまま9回まで進み、最後は大関くんが下館工を3者凡退に打ち取り佐竹が3回戦に進出した。 (終了 下5-11佐)



ざいこのブログ-22


ざいこのブログ-23


ざいこのブログ-24



■スコア


下館工

202001000 = 5

13231010X = 11

佐竹



ざいこのブログ-25


ざいこのブログ-28


 結果としては下館工の投手がすべて打ち込まれてしまった形になってしまいました。ただ、谷中くんにしても小嶋くんにしても本来の投球ではなかったような気がします。

 谷中くんはキレのあるストレートに変化球があり、投球フォームもやわらかくいいものをもっているように思いますが、やっぱりボールが高いとパワーで負けてしまうかもしれないです。

 来年はそのままエースだと思うので、小嶋先輩よりいいピッチャーになってくれればと今後に期待します。



ざいこのブログ-27



 佐竹は打線が好調です。中軸は長打もあるのでどんどん積極的に振っていってもらいたいです。つぎはつくば国際ですが、この打線なら何点かは取れると思います。

 ただ、ポイントはディフェンス面だと思います。投手はいかに四死球を出さないか、野手はエラーをしないか。まずは、先制点を取りたいところだと思います。



ざいこのブログ-26


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア